普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

10000チャレンジ

加筆・修正を前提に現在進行中のライブ配信の実験の日々について書いています。

目次【本記事の内容】

1.実験から生まれたこと|現在進行中

1.1オンラインテイスティング会@古酒の日

  • zoom飲み
  • オンラインサロン
  • 現在進行形の実験(過程) etc

ありふれた要素を組合せて、自分ならではの味付けをすることで新しい企画を思いつきました。ここからどうなるのか?もライブ配信でレポートしていきます!

2.ライブ配信という実験からぼんやり見えてきたこと

2.1ライブ配信の苦手意識がなくなってきた

  • 続けているうちに恥ずかしいという感覚が麻痺してきた
  • ぐだぐだになってしまっても、頑張っても自分はこの程度だと自覚できるようになった(決して諦めているわけではありません)
  • 結果、配信を見返しても恥ずかしいという感覚は減り、どう変えたらいいのかを冷静に客観的に見れるようになってきた。

2.2小さな信頼が得られた・自信が持てた

  • 5月から入会しているオンラインサロンメンバーを中心に僕のまわりにはライブ配信を続けている人が多いです。
  • だから継続することで小さな信頼を積み上げているという実感があります。

2.3まずは発信しないと何もはじまらない。

5月から入っているオンラインサロンでの学びの中に、こういうものがありました。

「知識は、知識そのものを出したい時には価値はなく、相手が欲する時にのみ高い価値を生む。」

とはいうものの。相手がどんな情報を欲しているのかは、とりあえず発信してみないとわからないので、まずはどんどん発信してみようというスタンスでやっています。

発信するからにはできるだけ多くの人の目に留まるように、このテーマはブログ、これはライブ配信、どんなストーリーで発信すれば効果的なのか?という仮説を立てて、検証することも意識してライブ配信を続けていこうと思っています。

ちなみに、僕がテキスト・画像よりも動画の方が効果的だと思えたのは、ライブ配信で紹介したオリジナル泡盛(第二弾)が完売してしまうという体験から動画の持つ力を認識できたからです(コミュニティの力が関わっていることも補足しておきますが)

動画が効果的な理由は、テキストよりも画像よりもリアルに近いからです。サロンオーナーの坪井 秀樹さんのこのライブ配信を観ていただければよくわかると思います。※9分くらいからです
参考|Facebookライブ実験連続配信55日目

2.4話せるテーマが鮮明になった

コロナ禍で以前のように活動できなかったので、ライブ配信を継続するにはこれまでの知識や経験のストックに頼らざるを得ませんでした。

結果、自分の知識や経験のストックを確認・整理することができました。

僕のライブ配信のテーマは泡盛、キャンプ、司法書士・行政書士の3つです。以前から意識していることなので予想通りのところに落ち着いたと思っています。

キャンプはまさに育てているテーマなので当てはまりませんが、司法書士・行政書士と泡盛はこれまで1万時間以上掛けて続けてきたテーマだからそれなりに話せます。

実際にはぐだぐだにしなってしまうこともありますが(苦笑)、話せるネタは既に持っているということです。

3つのテーマが入り乱れていると感じるかもしれませんが、ライブ配信は実験の要素が強いのでこのスタイルでいまのところはよしとしています。

それに相続ネタで100回続けても、泡盛を飲みながら100回連続配信をしても、大して観てもらえないだろうという仮説は検証するまでもないと思っています。

「〇〇チャンネル」と題してお仕事の話をメインに配信されている人でも、ときにプライベートなことも発信されているので、どんなコンセプトで発信しても結局、仕事を含んだ3つくらいのテーマに落ち着くのかなと思っています。

YouTuberの方がサブチャンネルを持っていることや、多くの方のブログでも同じ傾向がありますよね。

ちなみに、僕の3つのテーマは自分の中のこういう要素を代表しています。まったくバラバラのようで継続できる3つの要素からなっているというわけです。

  • 司法書士・行政書士|得意なこと
  • 泡盛|好きなこと
  • キャンプ|普段やっていること、価値観・人生観

2.5止まっていた企画を再開するヒントが見つかった

1万回でも、1万人でも、1万食でもなんでもOK!普通はやらないレベルまでやり続けて、好きなものを極めたいという変態達が目標達成に向けて切磋琢磨するコミュニティ「10000チャレンジ」を作って毎月meetupを開催してきました。

関連|1万時間の法則をアップデート→10000チャレンジで好きを極める。

コロナ禍でmeetupは休止、僕が挑戦していた目標もストップせざるをえなくなりましたが、ライブ配信の実験を継続する中でこうな風に思えるようになりました。

  • 10000回とか10000人という目標を目指す前に、100や1000を目指して試験的に始めてみる段階があってもいいと思えた。
  • 100日継続できるものは10000チャレンジのテーマになる可能性が高そう
  • 100回程度でも連続100回(日)なら効果的に強みを作ることができるかもしれない。
  • 100日続けることができたら365日くらいはできるかも?という勘違いを起こしています(笑)

興味があるけどテーマが決まらないという方、始めたチャレンジが続かないという方もいました(僕も続かないテーマがありました)。

この悩みはライブ配信の継続という実験が解決してくれるかもしれないと思っています。この仮説を検証したいので、どなたか挑戦して欲しいです(笑)

僕は「普段やっていることをそのまま話せば?」とオンラインサロンで言われたことがきっかけでライブ配信を始めました。僕のように勢いや行き当たりばったりで始めるのではなく、ある程度先にテーマを決めてから始めるのが良いと思います。

また、100日連続というアプローチはブログでもいいかもしれないけど、質を気にしなければライブ配信の方が圧倒的に短時間でできると最近は感じています。

同じ動画でもYouTubeは動画を作り込まないといけないという思い込みを持っていましたが、ライブ配信はYouTubeほど敷居が高くないと思っている自分がいます。

加えてfacebookは友達がメインのSNSなので、多少失敗しても伊藤がまた変なことをやっているで終わると思っている節もあります(苦笑)

2.6掛け合わせ戦略がジワジワキテル?

ライブ配信と直接的な関係はありませんが、最近になって複数の強みを掛け合わせてレアキャラを目指す戦略が注目されていると感じています。※伊藤調べ(笑)

関連|ハイブリッド×ブランディング|掛け合わせでレアキャラを目指せ!

邪道というか正攻法ではないブランディング戦略だと僕も思っていますが、既存の価値観が揺らいでいるコロナ禍なので今までのやり方に限界があると感じている人が増えているのかな?と思ったりしています。

僕も3つ目のテーマ(キャンプ)を強みに育てていくために活動中です。

  • 効率的で汎用性の高い方法に改善するためのヒントを見つけたい
  • 一緒に切磋琢磨したいと思ってくれる仲間とつながりたい

こういう思いからライブ配信50日目位に個別セッションをすることを思いつき、コロナ禍で考えていることや掛け合わせのアイデアについて10名にヒアリングさせていただきました。※現在も募集中です

個別セッションにご協力ありがとうございました。

個別セッションの中で、過去に1万時間以上使って取り組んだことを目安に3つのテーマの掘り起こしをしていますが、ライブ配信を100日続けたら自ずとハッキリするような気がしています(^^)

3.「普段の自分を発信する実験」をテーマにした理由

  • 司法書士・行政書士の仕事は地味だし、守秘義務もあるのでライブ配信に馴染まないと思っているとオンラインサロンで相談したら、それをそのまま話せば?と言われたことがきっかけで普段の素の自分を出してみようと思ったから
  • 継続できることは、①得意なこと、②好きなこと、③普段やっていることだとオンラインサロンで学んだから
  • コロナ禍でできることは限られていたので、普段の自分という切り口は無理せずできるのでやりやすかったから
  • 講師として人前で話すこともあるので、あまりにグダグダの姿はさらしたくなかった。だからライブ配信は「普段の素の自分を出しているんですよ」という言い訳をしたかったから(笑)

そもそもライブ配信を始めた理由

  • 5月から参加しているオンラインサロンで影響を受けて
  • コロナ禍で何をしたらいいのかわからなかったときに、わからないからこそ情報発信をしよう!というメッセージが響いたから
  • 動画よりもまずはテキストでしょと考えてブログをガシガシ書いていたけど、5月7日のGoogleアップデートで検索順位が全滅したから(苦笑)

ライブ配信|1日~30日目

抵抗感があったライブ配信もすぐに慣れる

ライブ配信は動画以上に抵抗感があったけど、やっているうちに慣れてきた。せっかくなのでライブ配信になんの抵抗がなくなるまでやってみることにした。

グダグダでも意外に観てもらえる

というよりもグダグダの方が観てもらえる気がします。はじめのうちは新鮮なので予想以上に観てもらえてましたが(自粛中だったことも大きい)、すぐに飽きられます(笑)

連続配信にこだわっていなかったが

特に連続配信にこだわってなかったけれど、一日でも休むと止まってしまう気がしたので、できるだけ続けようと思い普段の生活の中からネタを探すように変わってきた。

クラウドファンディングの体験をネタにすることを思いつく

2019年4月に挑戦したクラウドファンディングの総括ができていなかったので、これをまとめるのにライブ配信を活用することにした。4回のライブ配信で頭の中の整理ができたので、それをnoteで2つの記事にまとめた。

ライブ配信で紹介したところ、完成したシングルカスク原酒300本の最後の12本が完売しました。

関連|【仕込みなし】目標200万円のクラウドファンディングを3日で達成してわかった成功と失敗|質問募集中

少しでも観てもらえるように試行錯誤を繰り返す

やるからには少しでも観てもらえるようにと、配信する時間を変える、服を変える、話すテーマを変えるなどいろいろ実験をしてみた。テーマに遺言書やエンディングノートetcの仕事関連も加わった。

リアルタイムで観なくても後で観やすいように短めでこちらからの一方通行で完結する配信を意識してましたが、もらったコメントに返すことを前提にしたライブ配信もやってみた。そんなときに限ってコメントが入らないという(笑)

コメントを拾わずにサクッと終わりたいときは、そもそも「自分のみ」で配信して、終わってから公開範囲を「公開」に変更します。紙袋から泡盛の瓶を出したときはその方法で配信しました。

ライブ配信|31日~60日目

普段の自分といっても、いろいろやりたくなる(笑)

キャンプ場から配信したり、サロンメンバーのお店に突撃したりと思いつくままにいろいろやってみました。

家の中にテントを張ったり、マンションの駐車場で車中泊したりというのは20日目位で既にやってましたね。

配信する場所を変えるとどうなるのか?という実験

自分のタイムラインじゃなくてfacebookのグループでやってきたらどうなのか?と考えて、泡盛ファンのコミュニティ(泡盛でカリー!倶楽部)でライブ配信をはじめてみました。

泡盛メロンをきっかけにオリジナル泡盛を紹介してみた

第1弾のオリジナル泡盛を使って、泡盛メロンや泡盛スイカ、発送作業の様子やおまけのプロップスをカットする様子など、あれこれライブ配信のネタに活用していたらオリジナル泡盛を沢山購入していただきました。ありがとうございます。

実験という大義があるので何でもあり

うまくいっても・失敗しても【実験】という大義名分があるので、あまり気にせず発信できるようになりました。こうすると・・・こうなる。という実体験に基づくリアルな事例が積みあがってきました。

ライブ配信|61日~100日目

この内容ならブログでいいんじゃね?と気づく

文章なら数行で済むことを何分も話していることがあったので、普段の自分を発信する実験のブログバージョンを開始しました。新たな書下ろしは続かなくなるので過去記事のリライトです。リライトの目的は同じ記事でもできるだけ時代や世相にかすらせていきたいからです。

過去のストックからネタを出してみた

自分だけの強みや独自性を見つけるために、これまでの人生を振り返るというアプローチをしているタイミングだったのでキャンプで愛用しているブーツのメンテナスをネタにしてみた。

ブーツの紹介や思い出をライブ配信で話して、その後、磨き上げた画像を投稿するという2段階の発信も実験してみた。

発信するテーマが絞られて明確になってきた

テーマは泡盛、キャンプ、司法書士・行政書士の3つです。割合は泡盛が多いのですが意識的に他の2つも入れるようにしています。

ライブに子供が出てくるものは思うところがあってキャンプに分類しています。

遺言を書いて法務局に預けてきた

ライブ配信なのでまさに現在進行していることを発信したいと思っています。法務局に遺言書を預ける!とライブ配信で宣言したことで、やるやる詐欺にならずにミッションを完了することができました。

100回で総配信時間は945分

毎回10分程度やっているわけではなく、泡盛を飲みながらの100分クラスの長尺物がときどきあるからです(苦笑)

企画ものが増えてきた(笑)

内容によってライブ配信ではなく動画ですが、趣向を変えて実験しています。

https://www.facebook.com/kaoru.itou.16/posts/3421470797934924

暑すぎてかき氷を食べに行く気にもなれません。普段の自分を発信する実験の94回目。68分を1分ちょっとにぎゅっと短縮しました🤗

伊藤 薫さんの投稿 2020年8月15日土曜日
完成! かき氷はじめました。

1分程度の短いのを増やしてみた

僕もみなさんも普段の生活に戻りつつあるので、短い時間でサッと終わる方がいいんじゃないかと実験しています。

記念すべき100回目なのに、ほどんど見られていません(苦笑)

普段の自分を発信する実験の100回目の①都合2テイクあります😆明日以降もどうぞよろしくお願いします!

伊藤 薫さんの投稿 2020年8月21日金曜日

ライブ配信|101日~

さて、ここからどうしていこうかな?と考えながら、おそらく今日も配信します。

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】