ロボット博士になりたい!長男のロボット教室成長記【ヒューマンアカデミー】

10000チャレンジ

子供の習い事、どうしてますか?

うちは公文も水泳も英語もピアノもやっていません。まわりの通いっぷりを見ていたら気にならないわけではありませんが、ずいぶんのんびりしています。

僕自身、山形県の田舎で育ってこともあって塾に行ったことがなかったし、それ以上に子供自身がのんびりしています。

何に興味があるんだろう?

長男はいま小1ですが、自転車に乗れないのをまったく気にしていません(笑)

保育園のときに練習したことがあってまったく乗れないわけじゃないですが、公道で乗ったことは皆無です。友達と自転車で遊びに行く日が来たら焦って練習を始めるのかなと思っていますが、興味がないことはとことん興味がないみたいです。

そんな長男が自分から習いたいと言い出したのがロボット教室でした。

ロボット教室は遊びじゃないの?

昭和な僕がロボットと聞いてイメージしたのは子供の頃に夢中になったプラモデルでした。

もうプラモデルのことしか考えられないくらい夢中になった記憶があるので、やってみたい気持ちはめっちゃわかります。

でも習いに行くようなものじゃないように思いました。プラモデル教室とかお金を払っていくようなイメージが沸かなかったからです。

そもそもロボット教室とは?

長男が行きたいと言い出したのはヒューマンアカデミーのロボット教室です。

あのロボットクリエーターの高橋 智隆先生がテキストなどを監修しているようで、全国に1,400の教室がある実績あるロボット教室です。

正直、少子化といわれている中で教室の多さにびっくりしました。習字・そろばんの時代じゃないんだなと。。

当時5歳だった長男はプライマリーコースに通うことができるようでした。

決めた理由|長男がやりたいと言ったから

自分のやる気を引き出すのも難しいわけですが、それ以上に難しいのが他人のやる気。

個人事業主で人を雇っていない僕は社員のやる気で悩むことはないのですが、息子を見ていてもうちょっといろんなものに興味を持ったり、やってみたいと言えばいいのになぁと思ってきました。

試行錯誤の結果、運動会のかけっこや縄跳びのような息子が興味がなかったものでも段階的にアプローチすればやる気を引き出せることができたので、息子が自分から行きたいと言ったことを大切にしたいと思いました。

  • ①まずは親のリード
  • ②小さな成功体験を味わう
  • ③楽しい、面白いと思えるものに出会う

関連|子供のやる気を引き出すことに成功した3段活用【父と息子編】

たとえ母親の誘導があったとしても自分からやりたいと言った習い事は初めてだったからです。

成長するにつれて好きなものとそうじゃないものにかける熱量の差がどんどん大きくなっている気がします。

学童で鬼ごっこはよくやっているみたいなので身体を動かすことは嫌いじゃないようですが、自転車やサッカー、野球にはまったく興味がないです。

僕もやりたいことはやりたいけど、やりたくないことはできるだけやりたくない。当たり前なんですけど子供のことになると簡単には素直になれません(苦笑)

ロボット教室に2年間通った長男の変化

プライマリーコース

保育園の年長からプライマリーコースに通いましたが、もともと工作が好きなのでつまづくこともなく楽しそうに通っていました。

テキストがわかりやすいので1時間半の授業ですが早い子だと1時間位でロボットを完成させて、残りの時間は他の子と作ったロボットで遊んでいます。

なぜわかるかというと、日によっては僕が送迎していて1時間半教室の片隅で過ごしながら様子をみているからです。

令和を生きる子供たちを見ていると、昭和育ちの僕が常識と思っていることを子供に押し付けるのは間違いだなと思います。

関連|銀行口座とSNSのアカウント|子供のためになるのはどっち?

ベーシックコース

小1になってベーシックコースに進みました。月に2回の授業でロボットを1つ完成させていきます。

1回目は基本的な状態で完成させて、2回目はそれを元にアレンジしたものを完成させるので1セットです。

  • 1回目|基本製作
  • 2回目|応用実践
1回目(左)と2回目(右)のテキスト

長男は1回目の授業で基本製作を完成させて、1時間半の教室が終わるまでに自分なりのアレンジを楽しめる位に上達しました。

ロボットの機構を勉強するときもあります

ロボット教室に通い出してからロボット博士になりたいと長男が言うようになったので、1回目の授業から2回目の授業までに家で1回ばらしてまた違うロボットでも作るくらいハマってくれるのを期待しているのですが、なかなかそうはなりませんね。

教室で作ったロボットは家に持ち帰ることができます。これまで作ったロボットのテキストも家にあるので、前に作ったのをもう一度作ったり、レゴのように好きなように作ったりできるのにやらないのは見ていてもどかしいです。

ロボットのパーツ
ロボット教室のテキスト

できない日はやっぱり悔しい。

ほとんどないのですが、珍しく授業でロボットを完成させることが出来ない日は半泣きです。

家に帰ってから真剣になってロボットを作っています。時々でいいのでこんな風にスイッチが入るのはいいことだなと思っています。

欲を言えば大会に挑戦して欲しい。

最近はロボットや工作をすることにかける情熱が落ちています。理由はゲームなのですがマインクラフトというゲームに夢中になっています。

マインクラフトにドハマり

最初は相方のスマホではじめたようですが、画面が小さいのでパソコン版を入れてやっています。

マインクラフトをやりたいがためにパソコンの立ち上げ、シャットダウンなんかもいつのまにかマスターしていました。

興味があることはやっぱり吸収が早い!

右手でマウス、左手でキーボード。完全に操作をマスターしてます。

ドハマりしているマインクラフト

YouTubeでゲーム実況の動画をよく見ているのですが、ヒカキンの動画に影響を受けて超こだわってキツネの家を作ったりしています(笑)

このまま興味はゲームの方に行ってしまうのかと思ったのですが、ロボット教室にはプログラミングが学べるアドバンスプログラミングコースがあるんですね。

ロボット教室ではタブレットを使って学ぶようですが、スマホ・パソコンに慣れ親しんでいるので、すんなり入っていけるかもしれないと相方と話をしています。

マインクラフトは歯磨きまで終わってから。その前に布団を敷くお手伝いもしてと言っているのですが、ダラダラすることはなく弟のことをリードしながらサクっと終わらせています。

理由は早くゲームがしたいからなのですがそれで生活のリズムができているし、時間がきたらパッとやめることができているのでメリハリもあります。ゲームも悪いことばかりじゃないなぁと感じています。

勉強も理想は言われなくても決まった時間に自主的にできるようになることですよね。ゲームをやる前のルーティンとして組み込んだら上手くいくように思います。

次はプログラミングコース?

資料をもらって真剣に検討中。

ゲームをプログラミングと同列に考えることは無理があるかもしれませんが、組み立ててロボットを作ることに少し慣れが出ているのを感じるので、小1の長男には少し難しいかもしれないけどプログラミングのコースに進むことも考えています。

僕自身が好きなことはとことんやりたい性格なので、マインクラフトをきっかけに子供がプログラムに興味を持つようなら飽きるまでとことんさせてやりたいと思っています。

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】