司法書士試験に2回目の挑戦で合格した僕の勉強法|【短期合格】に必要な5つのこと

10000チャレンジ

知識ゼロから勉強をはじめて2回目の挑戦で司法書士試験に合格することができました。資格試験に短期合格するために必要な5つのことを実体験にもとづいてお伝えします。

勉強をはじめてから2回目の挑戦まで期間は2年3ヶ月です。受験するまでの期間が不自然に長いこともありません。念のため。

目次【本記事の内容】

1-1.はじめに

勉強をはじめたのは4月でした。司法書士試験は毎年7月の第1日曜日に開催されるので、その気になればその年の7月も受験することはできました。でも民法をちょこっとやったくらいだったので、合格なんてどう考えても無理!

試験会場の下見と本試験の雰囲気を味わうだけの記念受験になりそうだったので、受験料がもったいないからと受験しませんでした。

もし受験していたら3回目で合格ということになります。

記念受験と言われようが本試験の雰囲気を体験しておけば良かったなぁと後悔するのは、1年後の1回目の受験の時です。

理由はおいおい。

ちなみに当時は30歳で建設関係の会社で働いていました。働いていたといっても既に辞表を出していたので正確には有給消化中。思うところがあって一念発起して会社を辞めて受験勉強に専念できる状態で勉強をスタートしました。

知識ゼロなので独学は諦めて司法書士試験予備校のLEC東京リーガルマインドの全日制という講座に申し込みました。

10年以上前のことなので記憶があいまいですが、確か平日3日間、9時から17時くらいまで授業がある専業受験生のためのクラスでした。

ここまで読んで合格したのが10年前なんて古過ぎる!と感じたかもしれませんね。

10年前に身につけた日々の勉強法と本試験の受け方を実践したことで司法書士試験以降に挑戦した資格試験(宅建、行政書士など)は、すべて一発合格することができました。

僕と同じ勉強法で司法書士試験をはじめ宅建などに合格した事例があるので、時間が経っても陳腐化せず使えるものだと自負しています。

僕が通ったのは短期合格の中でも一発合格を狙うチャレンジャーが集まるクラスで、授業料は答錬も入れると全部で100万円くらいしたと思います。

僕も例に漏れずに一発合格を狙ってそのクラスに申し込んだわけですが、蓋を開けてみると僕のような法律の知識ゼロという人は少なかったですね。大学が法学部だったり宅建(宅地建物取引士)の試験などである程度法律に馴染みがある人が多かったようです。

司法書士試験が宅建や行政書士試験の合格者がステップアップとして勉強する資格だと知ったのは、LECに通い出してしばらく経ってからのことでした(汗)

内心は場違いなところに来てしまったと冷や汗ものでしたが、会社も辞めているし後戻りできない状況だったので極力周りと比較することはしないようにしてました。

ちなみに知識ゼロなのに無謀にも合格率3%未満の司法書士試験に挑戦した理由はこういうことです。

1-2.知識ゼロなのに会社を辞めてまで、司法書士試験に挑戦した理由。

このタイトルが気になった方は、こういう状況にいる方なのかなと思います。違ってたらすみません。

  • 会社を辞めたい
  • 資格に挑戦したい
  • 働きながら資格試験の勉強中

知識ゼロなのに無謀にも会社を辞めてまで僕が合格率3%未満の司法書士試験に挑戦した理由について書きました。何か少しでも参考になれば嬉しいです。

理由はいろいろありますが、シンプルに会社を辞めたかったのが大きいです。

何で辞めたかったのか?・・・・・

残業がきつかったから。。

長時間労働がごく普通の職場だったので、同じ部署の人がどんどん辞めていくんです。そうすると辞めた人が抱えていた仕事が残っているメンバーにどんどんまわってきます。

僕は辞めるタイミングが少し遅かったんでしょうね。

辞めようと決めた当時の残業時間は200時間でした。

もちろん1ヶ月の残業時間がです。深夜にタクシーで帰る時間もない日はフロアにある打合せスペースのイスを4つ並べて寝てましたね。

いまキャンプで寝心地とかあまり気にせず熟睡できるのは、あのときのトレーニングが役に立ってるんでしょうね。ってトレーニングじゃねぇし(笑)

残業時間が月に100時間を越えることなんてザラにあったので、年々慣れてきているというのもありましたが、年の近いメンバーと飲みに行って愚痴を言い合って発散できるうちは大丈夫でした。

いつしかそんなメンバーがひとり辞め、ふたり辞め・・・一緒に飲みに行くメンバーがいなくなるわ、辞めたメンバーの仕事が自分にのしかかってくる。

置いていかれた感が募っていました。

  • 新しい仕事なんか入ってこなくていい!
  • 入ってきてもいいけど、とにかく僕にまわってくるな!
  • これ以上、僕の仕事を増やすな!!

30歳前にして、仕事に対してまったくといっていいほどやる気がなくなっていました。

バリバリ仕事をこなしてキャリアをアップさせるなんて考えは出てこないんです。社会に出るときにこんな自分になることを想像していなかったので、ここまで情けない自分が許せなくなってしまいました。

いま思えば長時間労働自体もやる気が出なかった理由のひとつですが、最大の理由は仕事にハマれなかったからだと思います。

とにかくやらされ感が大きかった。。

司法書士試験の勉強だって相当ハードでした。でも自分で決めたことなのでイキイキと取り組んでいたと思います(いまあらためて振り返ればですけど)。

やる気はゼロでしたが(苦笑)、それでも与えられた仕事を日々こなしているうちに、左の耳が聞こえにくいことに気がつきました。

会社の先輩がストレスから突発性難聴になったのを近くで見ていたので、もう限界だなと思いました。

身体のこともそうだし、何よりこのまま会社にいても自分の未来が見えない。

そこからは早かったですね。辞めると決めたら、本当に早かった。決めてしまえばあとは早いです。どんどん進みます。

もしもやりたいことがちっとも進んでいないとしたら、決めたつもりになっているだけで本当のところは何も決めてないからだと思います(これはマジで)

会社を辞めて今度は司法書士試験の勉強に追われる生活が始まりましたが、それでも辞める前に比べたら時間ができたので耳鼻科を受診しました。

結果は特に異常はなく、それどころか普通の人よりもよく聞こえてますよってことでした(笑)

きっかけってそういうものかなと思ってましたが、「嫌われる勇気(岸見一郎・古賀史健)」を読んでなるほど~と思うことが書いてありました。

64ページあたりです。

赤面で悩んでいる女の子は自ら赤面症を作り出している。なぜかというと赤面症を持っている限り「私が彼とお付き合いできないのは、この赤面症があるからだ」と考えることができる。告白の勇気を振りしぼらなくていいし、仮にふられても赤面症のせいにすることもできる。赤面症であるうちは、「赤面症が治ったら・・・」という可能性の中に生きることができる。

嫌われる勇気

どうして彼女は赤面症になったのか?

アドラー心理学では「彼女自身が赤面という症状を必要としている」からと考えるそうです。

そう考えると、左耳が聞こえにくいという症状は僕が作り出したということなんでしょうね。

そして、赤面症の女の子のように耳のことを治るまで会社を辞めないでおこうという理由に使うこともできたけど、このままじゃ大変なことになるからその前に辞めようという一歩踏み出すための理由に使ったということになります。

左耳が聞こえにくいという症状を僕が必要としていたんでしょうか?これはわかりません。

あのとき会社を辞めてよかったと今は心から思います。でも会社を辞めると決めましたが・・・

辞めてどうするの??って話なんです。

既に結婚してマンションを買っていて、住宅ローンはたっぷり残っていました(汗)

そんな状況で辞めるとなると家族に納得してもらう理由が必要じゃないですか。理由よりも実際問題、住宅ローンは払っていかないといけません。

いくら左耳が聞こえにくいという不調を抱えていたとしても、辞めてからどうしようかを考えるっていうのはさすがに無理でした。

辞めた後の道筋を何もつけずに辞めたら、きっとダメになるという不安が自分でもありました。

辞めることへの不安じゃないですよ。この違いは大きいと思います。

働いていた会社が嫌というよりは業界が抱えている長時間労働の問題が嫌だったので、転職しても同じ建設業界だとどこへ行っても長時間労働からは抜けられない。

だから転職は違うなと思っていました。

サラリーマンじゃなくて自分で何かやらないと(自営ですね)、最終的には残業というものから抜け出せないと思ったんですよね。

今思えば、うちは親が公務員だったので自営業が一番遠い存在で、自営業の厳しさについての想像力が欠如していたことも大きかったと思います。

当時は起業なんて自分には絶対に無理だと思っていたので、独立できる資格を目指そう!ということにしました。

いろいろ調べて(とりあえず今回は端折ります)、司法書士が独立しやすい資格だという情報に辿りつきました。

その当時、借金の問題が身近にあったのですが、司法書士も簡易裁判所で弁護士と同じように活躍できるようになるという情報も聞こえてきて、司法書士になればそういった問題のサポートができるんじゃないかと。

人並みに司法書士になった後の展望ももちろんありました。

それから司法書士の仕事や業界に対して実体験としての情報がゼロだったので、司法書士を目指すことへのハードルが低かったことも後押しになったと思います。

司法書士試験の合格率が3%未満ということについては、独立しやすい資格なんだからそのくらいじゃないと逆にダメでしょ!みたいな、少し他人事のような思いもありました。

まだ勉強をスタートしてなかったからこんな他人事みたいな感じだったんでしょうね。若いなぁ(苦笑)

僕が勉強していた頃は、司法書士試験に合格するには3,000時間は勉強しないと受からないと言われていました。この3,000時間をどう感じるかですが、そんなに大変だと感じなかったんですよね。

というのも・・・めちゃくちゃ残業していたので(苦笑)

残業時間のアベレージを100時間/月として通常の勤務を8時間/日×20日/月と考えると160時間/月。

だから本気を出せば、月に260時間は余裕で勉強できるでしょ!みたいな。

今から勉強をはじめたら7月の本試験まで、1年3ヶ月あるから3,000時間に到達できるという計算でした。

そういう感覚だったので、時間さえあれば3,000時間勉強することに関しては余裕すらありました。

そう!時間さえあれば。

会社を辞めなければ残業!残業!残業!で3,000時間どころか、勉強する時間がほとんど取れないので辞めることにしたというのが理由ですね。

そうは言っても中々、思い切れないよ~という感想もあると思いますが。

ちなみに司法書士試験に合格さえできたら・・・と、僕はこんな妄想をしていました。

  • すぐにでも独立開業できる
  • 特に営業をしなくても仕事はたくさんある
  • 独立すれば、やらされ感のある残業とはオサラバできる

「司法書士は独立開業できる資格、平均年収1,400万円」という予備校で耳にした情報を当時は鵜呑みにして本気で信じていました(苦笑)

これも自分勝手な思い込みと言われれば、そのとおりかもしれません。いま思えばですけど。

まあ現実が見えていたら、合格するまで頑張れなかったでしょう。というか司法書士試験に挑戦するためには会社を辞めなかったかもしれませんね。

そういう意味では合格してから、幻想だったと気がついて本当に良かったと思います(笑)

まとめます。

知識ゼロなのに会社を辞めてまで、司法書士試験に挑戦した理由はこういうことでした。

  • やらされ感しかない残業とおさらばするために、独立開業したかった
  • 司法書士試験合格に必要な勉強時間を確保するには会社を辞めないと無理だと思った

さて本題です。

知識ゼロから短期間で司法書士試験に合格するためには日々の勉強もさることながら年1回の本試験であがらずに普段の力を出し切ることが重要だと、身をもってわかりました。

そこで、この2つの項目にわけてお伝えしていきます。

日々の勉強法

1.2回で合格したかったらとにかく過去問!
2.2回で合格したかったら自分で問題を作らない!
3.勉強期間は2年半。でも勉強時間は1万時間。

本試験、模擬試験の受け方

4.ルーティンで本試験に慣れろ!
5.本試験で何を捨てる!?

2-1.2回で合格したかったらとにかく過去問!

日々の勉強法の中から短期合格するために必要なこと、1つ目はこれです。

「とにかく過去問をまわす!」

そんなことか~と呆れる人も多いですかね?

とはいうものの司法書士試験に合格するために必要な知識を繰り返し問われている本試験の過去問がきちんと理解できないとまったくお話になりません。。

過去問を何度も繰り返すことで膨大な勉強範囲の中から

  • どういうところが
  • どんな風に

司法書士試験で問われるのかがわかってきます。実はこれが大切なんですよね~ここがわかるとこんな不安から解放されます。

  • 膨大な勉強範囲を洩れなく勉強しないと受からないんじゃないの?

短期合格を目指すということは言い換えると最低の合格ラインを目指すことなので、全部やらなくちゃという思い込みを捨てて勉強する内容に優先順位をつけることがとても大切なんです。

そもそもテキストを繰り返し繰り返し読んだところで本試験の問題を解けるチカラが付くことはありません。少なくても僕には無理でした。

過去問を勉強することを軽く考える、なんなら馬鹿にする人もいるんでしょうね。でもそういう人は過去問の正しいやり方を知らないだけです!

正しいやり方で過去問をまわすのはチカラは付きますがとってもキツイ。まわせばまわすほどに苦痛になっていくものなんです。

例えばこんな問題。

〇〇に関する次のアからオまでの記述のうち,正しいものの組合せは,後記 1から5までのうち, どれか。

  • ア ○○○ことができない。
  • イ △△△ことができる。
  • ウ □□□することができない。
  • エ ◇◇◇を得る必要はない。
  • オ ×××することができない。

1 アエ 2 アオ 3 イウ 4 イオ 5 ウエ

普通は↓こんな感じで回答するんじゃないでしょうか??

まずアを読んでこれは「正しい」とわかる (何回も繰り返しやっていると身体が覚えています)

次に1から5の組合せを見るとアとペアになっているのがエとオなので、順番に見ていくとエが正しいので解答用紙に1と書く。

本試験はとにかく時間との戦いです。

すべての選択肢を読んでいる時間がもったいないので、できるだけ少ない選択肢を読んだだけで答えを導くなんてことはざらです。

本試験や模擬試験では時間を稼ぐためのテクニックとして僕もこの解き方で回答していました。選択肢を全部読まないで解くなんて本当は凄い賭けなんですけどね。

でも時間短縮効果と問題を正確に理解することを天秤にかけるとこの方法がベターでした。まあこの解き方に慣れるまでは相当怖かった記憶がありますが。

本試験ではアリでも普段の勉強のときに、こんなやり方で過去問を勉強していたら逆に時間の無駄です。

過去問を何度も繰り返すと身体が覚えているので(笑)、アを読んでいる途中でパブロフの犬のごとく正解は1アエだったなとわかってくるんです。

わからないという人は、まだまわし足りないだけですね。

まったく同じ問題が出るならこの勉強方法でも良いと思いますが、そんなことないですよね。

過去問の正しい勉強法は1から5は無視して、アからオまでの選択肢のすべてを1つずつ回答していきます。

この問題ならアからオそれぞれについて、正しい・誤りを回答して答え合わせをします。解くときは「ここが間違っているから誤り」というようにジャッジをした理由も明らかにします。

なんとなく選んでたまたま合っていたとしてもそれは本試験ではまったく役にたちません。正しい・誤りをジャッジした理由まであってはじめて正解できたというレベルで過去問に取り組んでいました。

午前中の試験は35問、仮に選択肢がそれぞれ5つあれば175問と捉えて解くのが過去問の正しいまわし方です。

過去問に限らず飽きるほどに同じ問題を繰り返していると問題を読んでいる途中でアエが正解だなとわかってきます(本当です!)

だから選択肢毎にやらないとやる意味がないという側面もあるんですけどね。

ちなみに僕が愛用していた過去問の問題集はLECから出ていた「合格ゾーン」でした。

当時はそれどころじゃなくてピンと来なかったけど、いま見ると秀逸なネーミングですね。確かにこれが全部解けたら合格も近いってか~(^^)

というわけで短期合格するために必要な勉強法はこちらです。

  • とにかく過去問をまわす!
  • 過去問は全ての選択肢を解く!!

過去問を選択肢単位でまわすなんて常識でしょ!と感じた人も多いかもしれませんので、過去問のまわし方についてさらに踏み込んでみます。

過去問を何度もまわしていると正解するところは何度やっても正解できるし、間違うところは何度やっても間違う。そんな感じで二極化していきます。

すべて完璧にできればそれに越したことはないですが、短期合格を目指すにはできる問題を何度も繰り返すのは自己満足以外の何物でもないし、なによりも時間の無駄。

そこで過去問はメリハリをつけてまわすんです。

例えば・・・過去問を2回まわして2回連続で正解できた問題(選択肢)は3回目はやらない。

このやり方だと何度も間違える苦手な問題だけをまわす回がやってきます。これがキツイんですよね~。

解く問題は少なくなっていますが、苦手な問題ばかりなので1つ解くのに時間がかかる。それに

「また間違えた~」

「これも違う。。」

「やっぱりこっちだったか~」

みたいな手応えのない問題が続くとへこむへこむ(笑)

家で1人で勉強していると前回できなかった問題ができるようになった。そんなちょっとしたことが喜びだったりするわけですよ。

今日も1日頑張ろう!

なんていう気持ちも湧いてくるし(単純ですね)

それなのに、苦手な問題だけをまわす回は何問も何問も連続して間違えるからイライラするし、こんなんで合格できるのかよ~と不安になる。

苦行でしたね。。←遠い目。

だからこれは模擬試験の前日とかにはオススメしません。

自分ならできる。少なくとも1週間前の自分よりは成長しているという自己肯定感を持って臨まないと模擬試験で良い結果は出せないからです。

日曜日が模試だとしたら気持ちが回復できる3日前、木曜日くらいをできない問題だけをやる日に充てていました。

ってメンタル弱っ!笑

メンタルケアこそが短期合格をする肝なんですけどね。この話はまたおいおい。

そうそう。時間がかかるのは、苦手な問題だから解くのに時間がかかることだけが理由じゃありません。

間違えた問題(選択肢)は解説をじっくり読む。さらにテキストの該当するページを読んで間違えた部分に関連する内容を押さえる。こういう勉強をしていました。

過去問と絡めてテキストを読むことで周辺知識を定着させて応用力をつけることが目的です。

テキストから該当するページを探すのが手間なので、やりやすくするために過去問の解説のページに該当するテキストのページを全部書いていました。

さらに本試験の過去問だけじゃなくて、模擬試験でも間違えた問題に同じようにテキストのページ番号を書いていました。

はっきり言ってこの作業はすごく手間がかかります。でもこの勉強法だと同じ問題を何回もまわすことになるので、のちのち時間を短縮できるので早い段階でやっておくことをオススメします。

テキストを頭から読んでもちんぷんかんぷんでしたが、問題毎に該当するテキストのページを読むことで、どういうことをどんな風に問われるのかが理解できるので知識の定着率が高くなります。

余談ですが・・・

「司法書士試験に2回で合格」というと「受験とか資格試験が昔から得意なんでしょ!」という反応が多いんですが、実はそうでもないんですよね。

大学入試は現役で合格できたので当てはまりませんが、サラリーマン時代に仕事的に取らないといけなかった資格試験に落ち続けました。

しかも5回!!

資格というのは技術士補(建設部門)という資格です。※技術士補は現在は技術士第一次試験といわれています

平成13年度は1割を切ってますが合格率はそんなに低いわけじゃないんです。

  • 平成12年度 19.1%
  • 平成13年度  9.3%
  • 平成14年度 12.3%
  • 平成15年度 51.2%
  • 平成16年度 48.3%

記憶では平成15年度に合格してるのですが、この年から笑っちゃうくらいに合格率が上がってますね。この数字をみると合格できたのは僕の努力とは無関係な気がする(笑)

その後、司法書士試験を目指すまでに、こういうお恥ずかしい戦歴を持っています(苦笑)

  • 簿記3級 不合格
  • 簿記2級 テキストを買って満足してそのまま

3級が合格できなかったのに2級にチャレンジするとか、当時は変な自信があったんでしょうか?

もし技術士補に合格できたことで変な自信がついていたとしたら完全にやばいですねー(汗)

ちなみに入社1年目にTOEICを受けたら4択のほぼ確率通りの250点でした。

資格試験に関しては1勝8敗くらいの成績なのに、会社を辞めてまで合格率3%未満の司法書士試験を目指そうなんて笑っちゃいますね。

本気で止めてくれる人はいなかったのか~!!笑

そんな僕でも2回の挑戦で司法書士試験に合格することができた勉強法というのがこれです。

  • 「とにかく過去問をまわす!」
  • 「過去問は全ての選択肢を解く!!」
  • 「メリハリをつけてまわす!!!」

少しはやってみようという気持ちにまりましたか?(^^)

この本試験の過去問中心の勉強法は僕のオリジナルというわけではありません。LECの講師も言っていたし、先輩合格者の合格体験記にもそう書いてありました。

だから短期合格を目指すならこれが王道なんだと思います。どこまで真剣に過去問と向き合うことができるのか?これにかかっています!!!

2-2.2回で合格したかったら自分で問題を作らない!

日々の勉強法の中から短期合格するために必要なこと、2つ目はこれです。

「自分で問題を作らない!」

自分でオリジナル問題を作って勉強することはほとんどないと思いますが、こういうことやってませんか?

過去問を勉強していると、周辺知識が気になってくるんです。だから・・・

「こういう場合はどうなんだろう?」

「もしこういう問われ方だったらこれは正しいのか誤りなのか?」

「この判例おさえておいたほうがいいかな?」

というように、過去問で問われていることの周辺知識を身につけようとするあまり、こういう場合はどうなの?こう聞かれたらどう考えればいいの?と自分で問題を考えて、テキストで答えを探したり、講師に聞いたり。

実は僕もはじめのうちはやってましたが、これって時間の無駄でしかないです。

たまたま問われなかっただけかもしれませんが、判例や通説がなくて問題にしにくい場合もあるからです。

そんなことを気にして時間を無駄にするぐらいなら1問でも多く過去問を完璧にマスターしろよ!と当時の自分に言ってやりたいですね。

ノート作りに励むのもダメ!

テキストは文章が多いので項目毎に表や図にしてわかりやすくまとめ直す。このまとめる作業がすごく勉強になるんだ!みたいな。

もちろん僕もやってましたよ。完成した大作の表を見て悦にはいってました(苦笑)

でも講座が進むにつれて授業の進むペースが早くなって図表化するのが追いつかなくなったんです。問題をやっても正解できないのは、ここはまだ図表化できていないからなんじゃないか?と焦ったり。

でも図表化するにはかなり時間がかかるんですよ。だから本当にこんなことに時間を使ってていいのか?とまた不安になるという堂々巡り。

会社を辞めて収入ゼロなのに住宅ローンはたっぷり残ってる状況だったので、本気で一発合格を狙ってました。

ギリギリでもいいから合格ラインに1年で到達することを目指してました。

だから時間をとって冷静にノート作りの効果について考えてみたんですよね。

いくら図や表にまとめて理解したつもりになっても問題形式で問われると途端にわからなくなるんです。

やっぱり問題形式で慣れておかないと本試験で使える知識にはならないという結論に至りノート作りはすっぱりと諦めました。

一発合格を目標にしていなかったら、あのままノート作りに精を出していたと思います。知識ゼロから一発合格を目指すなんて無謀過ぎましたが(苦笑)

約1年で合格ラインに辿り着くために・・・やらないことを決める。早い時期にこの決断をすることができました。

超大事なのにわかっていない人が多いこと。

合格率3パーセント未満の試験なので、筆記試験の合格発表では合格者の受験番号が60番くらい普通にとぶんですよね。

ネットでその画面をはじめて見たとき、この試験に合格できるのは普通じゃないなと思いました(苦笑)。

とても大事なことを言います!

合格率3%未満というと100人中、3人も合格できません。

でもこの3人というのは、97人が正解できなかった問題を正解することができたから合格したわけじゃないんですよね。

この3人はみんなが正解できた問題を確実に正解できた人なんです。

だから97人が持っていない知識は必要ありません。必要なのは他の97人も持っている知識と、本試験でもあがらずに確実に正解できるチカラなんです。

この手の話は僕も予備校の講師の先生から耳にタコができるくらい聞いてました。

でもそんなことで本当に3パーセントの壁を越えられるのか?と信じられなくて、これがしっかりと腹に落ちるまでには、だいぶ時間がかかりましたね。

午前中の試験のような多肢択一式問題は35問すべてが1問3点なので、どれを正解しても同じなんですよね。

もしみんなができた問題を間違えると、みんなが正解できなかった問題で3点を確保しなくちゃいけなくなる。これってかなり難しいですよ。。

みんなが間違える問題はそれ相応の理由があるので、やっぱり間違えて当然だと思いますもん。

だからこそ・・・過去問なんです。

なんだかんだで過去問で勉強する人が多いので、みんなが正解できる問題はおのずと決まってきます。

だから過去問を軽視して自分勝手に勉強しても合格する可能性を下げているだけ。。

「過去問は飽きた~」と予備校が作っている模擬試験の問題を中心に勉強している人が僕のまわりにもいました。

やっぱり受かっていないですね、短期間では。その人がどんなやり方で過去問をやっていたのかわかりませんけど。

みんなが正解できる問題に集中する

模擬試験でも解説に問題毎の正答率が載っているので、正答率が7.5~8割以上の問題をみんなが正解できる問題と定義してこれだけを選んで解くこともやっていました。

間違えた問題だけをまわすのとは違いサクサク解けるのでやりやすい反面、解けて当然という認識なので3問続けて間違えたりするとショックが大きくて模擬試験の前日とかはやめてました。

またしてもメンタル弱いですね(笑)

さて、手も足も出ない、問われている意味さえわからない問題が模擬試験で出題されることがあります。

そんなときは、こんな問題は誰も解けるはずがない!と軽く流す。これでいいんです。

自分で問題を作って準備しておくと、こういう誰も正解できないような問題を正解できることがあるのかもしれませんが、みんなが正解できる問題を勉強することからどんどん離れていくのでとっても危険なんです。

合格率3パーセント未満でも合格する人は、みんなが正解できた問題を確実に正解できた人です。

短期合格するために必要なこと、2つ目は「自分で問題を作らない!」でした。

2-3.勉強期間は2年半。でも勉強時間は1万時間。

日々の勉強法の中から短期合格するために必要なこと、3つ目は勉強時間についてです。

司法書士試験は年1回だけ毎年7月に開催されるので、短期合格といっても少なくとも1年は必要です。

「2年で司法書士に合格するって、すごく早いですよね?」

あるとき知人にこんなことを言われて、久しぶりに合格した時のことを思い出しました。

「やっと合格できたぁー」というのが当時の心境でした。今では「よく合格できたなぁ」としみじみ思います。

2年間の勉強期間でやっとという表現は相応しくないと思うかもしれませんが、僕なりに理由があります。

司法書士試験に合格するには3,000時間勉強しないと受からないと僕が受験していた頃は言われていました(今はどうなのかわかりません)

僕は会社を辞めて司法書士試験に挑戦しました。買ったばかりのマンションの住宅ローンがあったのに会社を辞めて挑戦しました。

我ながら、なんで辞めちゃったんでしょうね?苦笑

とにかく背水の陣で司法書士試験に挑んでいたわけです。

そこで「なんとか1回で合格してやろう!」という野望を持っていたので、10時間/日×30日×15ヶ月。

ざっと計算しても余裕で3,000時間をクリアできるような勉強計画を立てて取り組んでいました。

結果・・・1回目の挑戦は見事に玉砕。普通はそんなもんです、普通は。

1回で合格しなくちゃという思いが余りにも強かったのでだいぶ凹みましたけど。

合格できなかったのは勉強時間が足りなかったんだろうと、更に2時間増やして2年目は12時間/日×30日×12ヶ月。

2回目の試験も手応えがなかったので、3回目の挑戦も見据えて結果発表までにさらに3ヶ月。司法書士試験の勉強に1万時間以上かけた計算になります。

だから当時の僕の「やっと合格できたぁー」は3,000時間どころか、その3倍の1万時間も勉強していることからくるやっと合格できたぁーというニュアンスなんです。

期間だけを見れば2年は早いかもしれないけど、勉強時間としては相当やっているわけです。

1日3時間で1万時間勉強しようと思ったら10年はかかりますからね。結局のところ何年勉強したかよりも何時間やったか、これに尽きるかなと。

だから勉強できる環境、さらにはサボらずに勉強ができる仕組みを作ることが大事です。

住宅ローンを抱えて無収入だなんて遊びたいという気持ちなんて起きませんよ、普通の感覚では(爆)

僕の場合は自分を追い込むための仕組みということになるので、かなり自虐的ですね(苦笑)

知識ゼロから一発合格は可能なの?

LECの講座で一緒だった人に知識ゼロから一発合格をされた人がいました。

勉強をスタートしたのは一緒なので、勉強した期間は1年3ヶ月。1日どのくらい勉強していたのかはっきりわかりませんが毎日14時間くらいはやっていたと思います。

1年目にも関わらず模擬試験の成績がいつも良かったのをはっきりと覚えています。身も蓋もない話かもしれませんが、短期合格するためには最低限やらなくちゃいけない勉強時間というものがあります。

それが仮に3,000時間とすれば・・・毎日16時間勉強したとしても188日ということは6ヶ月。

毎日16時間勉強するのは相当きついと思いますけど。

毎日合格のチャンスがあるならそうシビアに考えなくてもいいかもしれないけどチャンスは1年に1回ですからね。次の本試験まで何時間勉強できるかを真剣に考えないとダメですね。

3,000時間ということはちょろっと勉強したくらいで受かる試験じゃないんです。

資格試験に短期合格するために必要なこと。

「合格レベルに達する勉強時間を短期間で確保する!」

それができたら苦労しないよ~という反応が大多数かもしれませんが、これが現実です。3,000時間勉強するのに10年かかったら、合格まで10年以上かかるということです。普通は。

2-4.ルーティンで本試験に慣れろ!

本試験、模擬試験の受け方の中から短期合格するために必要なこと、1つ目は「いかに本番でチカラを出しきるか」についてです。

1回目の挑戦は勉強をはじめたばかりということもあって、1月からはじまった答練と呼ばれる模擬試験の成績は安定しませんでした。

そこで、モチベーションを維持するために自分にこう言い聞かせていました。

  • 本番がうまくできればそれでいい
  • 模擬試験で失敗しても本番じゃない、気にしないで勉強しよう

これは自分を励ますための方便でした。でもこれが試験当日はこんな感じで
重くのしかかってきたんです。

  • 今日だけは絶対にうまくやらないといけない。。
  • 今日のためにこの1年間努力してきたんだ。。
  • 今日うまくできなかったらまた1年間勉強だ。。

こう思い始めたら、あれよあれよという間にパニックでした(笑)

試験問題を誰が作っているのか知りませんが、出題ミスで全員が正解になるようなわけのわからない問題も出てきたりするわけですよ。

そんな問題に必要以上に気を取られて「あれ?あれ?」と問題用紙をめくれども手応えのある問題を見つけることができないままにタイムオーバー。

普段ならなんてことのない問題でもパニックになってしまったらダメですね。。顔面蒼白でお昼は喉を通らず。。

当然のように午後の試験もへろへろで、ひとつもいいところがないまま家路に着いたような記憶が。嫌な記憶は封印できる性分らしく、詳しいことはほとんど覚えていませんが。

回答速報で自己採点をしましたが散々でした。ま、こんな手応えで合格率3%未満の試験に受かるわけがないですよね。

僕が1回目の司法書士試験で失敗した理由は本番であがってしまったからです。年に一度の大勝負なのでみんな緊張するわけですが程度を超えてしまっていました。

前に書いたように、僕が受験していた頃は司法書士試験に合格するには3,000時間は勉強しないと受からないと言われていたので、それを軽く上回る4,500時間勉強して挑みました。

模試の成績は安定しませんでしたが合格判定が出たときもあったので、緊張のあまり本試験でチカラを出し切れなかったことが悔しすぎました(泣)

お手本はイチロー!?

1年目の失敗を糧に2年目は考え方を180度変えました。

本試験当日を意識しすぎないように本番だけうまくいけばいいという考えは捨てました。何度試験を受けてもあがらないように全ての模擬試験を本番と思って取り組もうと決めました。

そして僕が2年目に取り入れたのはルーティンです。ラグビー日本代表の五郎丸選手で有名になったあれです。

司法書士試験の予備校では年明けくらいから7月の試験まで毎週のように模擬試験が続くので、その模擬試験すべてを本番と思って取り組みました。

模擬試験を本番と思って取り組むというのはどういうことかというと・・・

  • 9時スタートの試験なので、頭がちゃんと働くよう試験開始3時間前の朝6時に起床
  • 昼食を挟んで午後も試験があるので昼休みに食べるものはいつも同じ
  • 昼食はおにぎりとウイダーインゼリーを1つずつ朝コンビニで買って持ち込んでおく
  • 昼食の後は頭を休めることに集中、答え合わせなんてもってのほか などなど

こういうことを真剣に繰り返していると・・・何度も本試験を経験している心境になってきてメンタルはだいぶ鍛えられました。

司法書士受験生界のイチローを目指す!

そんな気分でした。朝食カレーは食べてませんでしたけど(笑)

1年間の勉強の成果をたった1日のしかも数時間の試験で問われるというのは、勉強をやればやるほど本当に恐ろしく思います。

だからどんな結果が出るにせよ、やりきったと胸を張って言えるように準備しようというのが僕のスタンスでした。

でも毎回毎回、緊張感を持って模試に挑むのでストレスが蓄積されていたんでしょうね。

本試験直前は緊張からくる膨満感が酷くて、ガスピタン(だったかな?)をしばらく飲みながら勉強していましたね。

資格試験は知識が試されると思っていましたが、メンタルこそ試されているように感じます。

  • いかにサボらずに日々勉強に向き合えるか?
  • 本試験ではいかに平常心で問題に向き合えるか?

「これだけやってきたんだ!だから大丈夫」と自信を持てることが、試験に限らずどんな場面でも平常心を保つことにつながると思います。

資格試験に限らず心がざわつくと不安になったりして、良いことはありません。

今も、出掛ける前に感情に任せて子供を叱ったりするとイライラが顔ににじみ出ます。

そうならないように泡盛講座やセミナーの前とかは特に気をつけています。やっぱり楽しさを伝えたいですからね。

そんなわけで沖縄物産展期間中は、気になることがあってもスルーすることを意識しています(笑)

そしてなにより一番大事なのは体調管理です。年に1回の大勝負なので体調不良でチカラを出し切れないのは本当に泣くに泣けない。

そのためには生活のリズムを本試験のスケジュールにあわせていくことが大事です。

本試験の2ヶ月前くらいからは家で勉強する時も本試験の時間に合わせて勉強をはじめて、休憩も本試験と同じタイミングで取っていました。

ちょっとやりすぎかもしれませんが(笑)

でもどんなに非日常なことでも慣れしまえばなんてことはなくなる。こういうことですね。

ということで資格試験に短期合格するために必要なこと、4つ目はイチローをお手本にルーティンで本試験に慣れる!でした。

2-5.本試験で何を捨てる!?

本試験、模擬試験の受け方の中から短期合格するために必要なこと、2つ目は「本試験で何を捨てるのか」についてです。

1回目の挑戦は午前の部(多肢択一式問題マークシート)で足きりにかかってジエンドでした。

午前の部以外の点数がいくら良くても不合格なので、足きりにかかるというのはなんとも残念なことなんです。

前に書いたように合格率が3パーセント未満というと100人中、3人も合格できないのですが、この3人というのは97人が正解できなかった問題を正解することができたから合格したわけじゃないんですよね。

この3人は、みんなが正解できた問題を確実に正解できた人です。

これに関連しますが、司法書士試験は満点近くを取らなくても午前の部、午後の部(マークシートと記述式)の3つ部の足きりをクリアして、その中であまりにも下位でなければ合格できる試験なんです。

年によりますが、僕が挑戦した平成18年の午後の部は35問中25問が足きりでした。だから足きりはそんなに高いハードルじゃないんですよね。

1回目の挑戦では出題ミスで正解が2つある問題に必要以上に躓いてしまったのですが、これって1問でも多く正解して高得点を目指さないと合格できないと思い込んでいたことが原因です。

でも実際は違いました。

出題ミスかはさておき、問題を作る人も人間なので時として正解が分かれる問題ができてしまう。これはしようがないことです。

問題自体が広く解釈できる場合や法改正などで解釈が統一されていない場合もあると思います。

過去にも正解が1つじゃなかった問題があったので過去問を回しているときに見た方も多いと思います。

こういう問題は家でテキストやネットの情報を駆使してチャレンジしようが手におえない問題。こんな問題に限られた試験時間の中で関わるのは、時間の無駄ってもんです!

僕らが取るべき対応はこういう問題には、近寄らないこと!マジで!!

だから問題を見た瞬間に確実に正解するために

  • ぶつかっていく必要がある問題なのか?
  • それともスルーするべき問題なのか?

を一瞬で嗅ぎ分けるチカラが大切です。

このチカラを磨くのはさすがに過去問をまわすだけじゃ難しいかもしれません。僕は模擬試験でも2、3問捨てるつもりで受けていました。

本試験ではないので時間があれば最後に解くようにしてましたが、本試験で確実に捨てる練習を模擬試験で練習していたわけです。

本試験で捨てるものを決めておく

僕は午後の試験(マークシート)35問のうち3問は捨てると決めていました。さらに解答用紙に書く番号も3と決めていました。3に意味はありません。

その場でエイ!っと決めてもいいんですけど、その時間すらもったいないからです。

司法書士試験の午後の試験は35問のマークシートの他に2問の記述式問題があって午前とは比べ物にならないボリュームなのに、それぞれに足きりがあるので無駄な時間は極力減らしたかったからです。

3つ同じ選択肢を選べば1つくらい当たるんじゃないかという変な自信もありました。根拠はありません(笑)

最近はどうなのかわかりませんが、僕が勉強していた当時は受験生のほとんどがまともに勉強していなかっただろうという問題が記述式で出たことがありました。

午後の試験はマークシートから解こうが記述式から解こうが自由なので、先に記述式の問題を見て「なんじゃこりゃ~」と気が動転してしまいマークシートの問題まで残念な結果になってしまった人の話も聞いたことがあります。

本試験は知識よりもメンタル勝負なところがありますね。。

記述式の場合、問題によってほとんどの受験生が解けない可能性もあります。

問題の振り幅が大きいので全力で挑んだとしても結果に差が出ないかもしれないなら最後にやろうと僕はマークシートから解く派でした。

一方で朝から脳みそフル稼働で来ているので、できるだけフレッシュな脳みそで記述式に挑みたいという考え方もあるのでその辺は好みの問題ですかね。

見直しは捨てるか?捨てないか?

繰り返しになりますが、合格率3パーセントの試験に合格できた3人はみんなが正解できた問題を確実に正解できた人ですが、確実に正解するには見直しが大事です。

時間がないという意見はごもっともですが(笑)

年に1回の大勝負ともなると普段なら絶対にやらないミスをやってしまうんですよね。「正しいもの」を問われているのに、なぜか「誤っているもの」を選んでしまっていたり。

考えられませんがあがるってそういうことです。

みんなが正解できる問題を確実に正解することは、こういうミスを完全になくすことです。

もちろん全問見直す時間はないので、問題を解きながら

  • 「これは後で見直しをしよう」
  • 「これは大丈夫」

と、しるしを付けながら解いていました。

そうそう。記入ミスは痛すぎるのでマークシートにマークするのは35問一気にやるようにしてました。

どこまで回答できたかはさておき、午前の部なら試験終了20分前には必ず35問分マークするようにしていました。

これも自分なりのスタイルを決めてそれを続けることで慣れるので、1問ごとにマークしたい人はそれでOKだと思います。

僕が気づいたのは短期合格を本気で目指すなら「何を捨てるか」を決めなければいけないということです。

勉強する時間を確保するために、仕事を捨てるとか。これは極端な例ですが(苦笑)。

  • 遊ぶ時間を捨てる。
  • 寝る時間を捨てる。
  • 飲む時間を捨てる。
  • ゲームをする時間を捨てる。
  • SNSをする時間を捨てる。

記憶は寝ている間に定着するそうなので寝る時間は捨てちゃダメだと思いますけど。

限られた時間で勉強するので、何を捨てるのか?を決めないといけない。

  • 過去問以外は捨てる。
  • 模擬試験は受けない。
  • 刑法は捨てる。とか

捨てる前には、これを本当に捨てていいのか?じっくりと考えてください。

ということで資格試験に短期合格するために必要なこと、5つ目は「捨てる!捨てる!捨てまくる!」でした。

これって資格試験に限りませんよね。限られた時間の中で何か成し遂げたければ、何かは捨てないと。

みなさんは何を残して、何を捨てますか?

何を成し遂げるために。

完。

人気記事 総額100万円|買って正解◎・手放したキャンプ用品まとめ【初心者向け】