何度も買い直してやっと辿り着いた買ってよかったキャンプ用品【まとめ】

みなさんキャンプしてますかー?

我が家はキャンプ歴8年目、車中泊を含めると85泊になりました。

家族でキャンプに行きたいという友達が増えてきて、ひと足早くキャンプをはじめた僕らは「キャンプを始めるにはまず何を揃えたらいいの?」と聞かれるようになりました。また「イスを買うなら?どれがいい?」「〇〇を買うなら何がおすすめ?」など、おすすめのキャンプ用品を聞かれることもあります。

バンライフをテーマにブログを始めたところだし、おすすめのキャンプ用品について記事を書こうとキャンプ用品担当の相方に聞いてみると・・・こんなことになっていました(汗)

キャンプ用品に使った金額 135万円

うち26万円分は既に手放していることがわかりました。もったいない話ですが、5分の1位は買わなくてよい物を買っていた計算になります。。お金と時間を使って遠回りしてきた分だけ、おすすめ(その逆も)のキャンプ用品はリアルな感想です。これから始める方には無駄な買い物はして欲しくないので(苦笑)、我が家の買い直しの経験がお役に立てれば幸いです。

おすすめというか買ってよかったと思っているキャンプ用品を4つのカテゴリーでまとめました。①はこれからキャンプを始めようとしている人向け、②はひと通り揃ってキャンプ用品の沼の手前にいる人向け(苦笑)、③は冬キャンプを始めようとしている人向け、④はシーン別です。キャンプ用品に100万円以上使ってしまった買い直しの【黒歴史】は5で詳しく紹介しています(苦笑)

目次【本記事の内容】

最低限必要なキャンプ用品

これから家族でキャンプを始めたいという方に向けて、ちょっとだけ先輩風を吹かせてキャンプを始めるなら最低限買わないといけないキャンプ用品というテーマでおすすめのキャンプ用品を紹介します。初心者向けにキャンプで必要になる理由と愛用しているキャンプ用品をまとめました。

テント

キャンプに行く回数が増えるにつれてキャンプ用品が増えていくのは世の常ですが(苦笑)、まずはテントがなくてはキャンプは始まりません。

メイン使いはクラシックジャック100、雨予報ならエリクサー4か車中泊、グランデアウトドアのワンポールテントは宴会幕と季節や天気に応じて使い分けています。

  • カーカムスのクラシックジャック100(メイン)
  • MSRのエリクサー4(雨天用)
  • グランデアウトドアのスタジオmini(宴会幕)
  • DODのカンガルーテント(カンガルースタイル)

設営・撤収が簡単すぎる!クラシックジャック100のレビュー

このテントは見た目重視で選ぶ人が多いと思っていましたが、実はかなり張りやすいです。 こんなに簡単でいいの?って不安になるくらい簡単です。相方がこっそり買っていたものでコロナ禍の自粛期間中に届いたので本気で返品するつもりでしたが、いま思えば返品しなくて正解でした。

» この記事を読む

雨予報ならまかせろ!エリクサー4のレビュー

嵐の中で2ルームタイプのテントの撤収を経験したのがきっかけで、雨予報でも気兼ねなくキャンプに行きたい!とMSRのエリクサー4を購入しました。コンパクトさに比例して手狭に感じるのは当然と割り切ってしまえば、エリクサー4は雨でも気にせずキャンプに行けるのでマンション暮らしの我が家の強い味方です。

» この記事を読む

多目的に使えるグランデアウトドアのレビュー

我が家のワンポールテントはグランデアウトドアというメーカーのスタジオミニ。ほとんどの人が知らないと思いますがその分キャンプ場では目立ちます。土間でもお座敷スタイルでもOK、宴会幕にも最適です。裾を巻き上げてタープ的に使ったりサウナテントにも使えます。

» この記事を読む

自粛期間中に我が家で大活躍していたカンガルーテント

ワンタッチタイプで張るのは簡単だけど、作りが華奢で本気のキャンプでは出番がなくてメルカリ行きがささやかれていたDODのカンガルーテント。コロナ禍の自粛期間中に和室に張ってみたら癒し効果たっぷりで大活躍してくれました。

» この記事を読む

タープ

スクリーンタープもあるので、そもそもテントとタープの違いがよくわからないという人がいるかもしれませんね。

ざっくりいうとテントは寝室、タープはリビング兼キッチンになると思ってもらえばOKです。タープはデイキャンプやBBQでも日除けとして活躍してくれます。BBQをするならタープがいる、BBQをしないで素泊まりならテントだけでOKと思ってもらってもいいと思います。

虫の侵入や寒さを防いでくれるスクリーンタープもいいんですが、我が家はシンプルなレクタ型のオープンタープを2つ使っています。バンと連結できるので使い勝手がいいです。できれば濡らしたくないのですが雨の撤収はタープがないとかなり悲惨です。

  • ノルディックスのカーリ20(メイン)
  • ヘルスポートのHelsport Bitihorn Tarp Trek(雨天用)
タープ、ノルディスク
レクタ型のタープ@ノルディスク カーリ20

まあタープはなくてもなんとかなるんですけど、あったら超絶便利なんですよね。

シンプルなレクタ型タープはアレンジ自在|ノルディスクのカーリ20のレビュー

レクタ型タープはざっくり言うと四角い布なので解放感はサイコーです。テントや車と連結できるし、プロジェクターを映すスクリーンにもなるしとアレンジ自在なのでかなり使えます。ノルディスクのカーリ20を使い倒してみたレビューです。

» この記事を読む

雨に強いしコンパクト|ヘルスポートのタープのレビュー

ヘルスポートのタープはこれまた相方が勝手に買ってきました。今回の言い訳は「これは雨の日用」だったかな(苦笑)。ノルディスクのカーリ20ではその大きさを持て余すことがあったので、快晴で広いサイトならカーリ20、雨の日で狭いサイトならヘルスポートという感じで使い分けています。

» この記事を読む

寝袋

夏場しかキャンプに行かないなら寝袋はいらないかもしれませんが、キャンプ場は春や秋でもびっくりするくらい冷えるときがあるので、真夏以外もキャンプをするつもりならマストです。寝るときの寒さ対策は馬鹿にできないので我が家の寝袋はスノーピークのセパレートオフトンワイド700を2つ使っています。

子供の成長に合わせていずれはマミー型にシフトしていくつもりですが、寝相がかなり悪い今は少し窮屈に感じる封筒型がベターです。

子供が小さいうちは封筒型の寝袋がいい|オフトンのレビュー

GWに行ったキャンプ@大鬼谷オートキャンプ場で、友達が風呂上りにダウンを着だしたのを見て、さすがにダウンは暑いやろ~と余裕ぶっこいていたら、一気に冷え込んで歯をガタガタさせながら寝袋にもぐりこんだことがありました。真夏以外にもキャンプをするなら寝袋は大事です!!

» この記事を読む

マット

寝るときに敷くマットのことです。キャンプでどこまで寝心地を気にするのか?って気もしますが、砂利(けっこう大きめの石)がごろごろしているキャンプ場もあるので、マットを敷かないと痛くて寝れねぇーってこともあると思います。それもマッサージ感覚で楽しめるということなら話は別ですが(笑)

寝袋を買うよりまずはマットを買うべし!というのは相方の弁です。寝袋は毛布で代用できるけどマットは無理ということらしい。さすがにキャンプに敷布団は持って行かないですもんね~。

クッション性を求めてエアマットを使っていましたが、設営・撤収のわずらわしさからサーマレストの折り畳み式のマットに落ち着きました。

  • クローズドセルマットレス Zライトソル(スモール2)
  • クローズドセルマットレス Zライトソル(レギュラー2)

折りたたみ式のキャンプマットは設営・撤収が簡単すぎる。

「伊藤さん!起きてうがいしてくださいね!」って起こされるくらいに、歯医者の診察台でもどこでも寝れる僕が言うと説得力がありませんが(苦笑)、キャンプ用のマット選びの決め手はクッション性よりも設営・撤収の簡単さです。よってエアマットよりも折り畳み式がおすすめです。

» この記事を読む

ランタン

ランタンがないと真っ暗な中でバーベキューをする羽目になります。アメトークのキャンプ好き芸人でフットボールアワーの後藤がランタンを持っていなくて、車のヘッドライトを点けてバーベキューをしたとネタにしてましたがまさにそうなります(笑)

ホワイトガソリンに憧れもありますが我が家はLEDランタン派です。子供が小さいので安全重視というよりも僕が酔っ払っても取扱いが楽だからです(笑)。LED派といいながらガスと灯油も追加されていつの間にか我が家のランタンはこれだけあります(汗)

我が家のランタン達

キャンプ初心者にも使いやすいランタン5選|LED・ガス・灯油

キャンプを始めた時からLEDランタン信者でしたが、画期的なLEDランタン「ルーメナー」の登場で我が家のランタンに世代交代が起こりました。一方でルーメナーは明るすぎるということもあって、ついにガスランタンが導入されることになって、そこからは・・・。我が家のランタン事情に異常アリ。

» この記事を読む

テントやタープのポールにランタンを掛けることもできますが、ピンポイントで照らしたいならランタンスタンドがあると便利です。

パイルドライバーと書いてランタンスタンドと読む【スノーピーク】

スノーピークの三種の神器というものがあるならば必ず入るであろうパイルドライバー。一度でも使ったことがあれば間違えませんが、はじめて使う人は思わずやってしまう失敗があります。そんな奴おらんやろ?と思うかもしれませんが、うちの相方もやっちゃってました。しかもネジを閉めたまま(汗)

» この記事を読む

テーブルとイス

これまたアメトークでフット後藤がイスを持って行くのを忘れて、後輩芸人がキャンプ場の管理人さんから事務イスを借りてきたとネタにしてましたね~。シート(マット)の上に直接座るお座敷スタイルもありますが、バーベキューをするならテーブル・イスはマストです。

我が家はロースタイルでキャンプを始めたときからブレていないのに、なぜかテーブルが増え続けています。テーブルの数が多いとキャンプ場で作業は楽なんですが。

  • ハイランダーのロールトップテーブル×2|ベーシック
  • ユニフレームの焚火テーブル|コンパクト
  • スパイスのバンブーテーブル|コンパクト
  • スノーピークのジカロテーブル|多機能
  • ネイチャートーンズのカフェテーブル|多機能
  • ネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブル|多機能

キャンプ用のテーブル選びは奥が深い|ロースタイル

たかがテーブルと思っていましたが、サイズや素材・用途で使いやすさが変わるのでちょこちょこ買い足すうちに気がつけば数が増えていました。言い訳するつもりはありませんが、キャンプ用のテーブル選びは奥が深いです。スノーピークのジカロテーブルを筆頭に愛用のテーブルを紹介します。

» この記事を読む

キャンプ用のイスは定番のものをいくつか買って愛用していましたが、コンパクトさを重視した結果、ヘリノックスのタクティカルチェアだけが残りました。

スノーピークのローチェアもアディロンダックのキャンパーズチェアも使い心地はかなり良いのですがコンパクトさではどうしてもヘリノックスにかないませんでした。 で、車をバンに代えてからは積載に余裕ができたので、コンパクトどころかコットやDODのグッドラックソファを広げたまま持って行くようになりました。本末転倒ですね??苦笑

キャンプ用のイスは座り心地よりもコンパクトさだと思う|ロースタイル

「座り心地の良いイスはかさばる」これは真理です。キャンプにハマるとイスに限らず持って行く荷物が増えるのでルーフキャリアを買ってしのいでいましたが、最終的にコンパクトなヘリノックスに落ち着きました。

» この記事を読む

バーベキュー台と焚火台

キャンプの醍醐味はバーベキューといっても過言ではないのでマストでしょう。まあ毎回バーベキューだとすぐ飽きるんですけど、飽きるまでバーベキュー台はマストです。はっきり言って僕はバーベキューだけでなく普通の焼肉でも全然テンションが上らなくなりました。これは飽きたっていうよりも年のせいかな?がんばれ!40代!苦笑

焚火台はそのまんまですが焚き火をするための台です。直火禁止のキャンプ場が多いのでマストですね。キャンプの醍醐味は焚き火といっても過言ではないので!ってバーベキュー台と同じようなことを書いてますが、焚き火は飽きないので完全にマスト!アイテムです。

ちなみに僕の焚火台は上にバーベキュー用の網を載せることができるので、バーベキュー台を兼ねています。キャンプを始めるときに買ったスノーピークの焚火台L一筋!で愛用しています。

スノーピークの焚火台L
スノーピークの焚き火台L
バーベキュー用の網をセットした焚き火台L

スノーピークの焚火台は重くてもLサイズが使いやすい

キャンプ歴を重ねていくうちにどんどんコンパクトになっていくキャンプ用品の中にあって例外もあります。めちゃくちゃ重くても大は小を兼ねる!と声を大にして言いたいのが焚き火台です。キャンプを始めるときに買ったスノーピークの焚火台Lをずっと使い続けています。

» この記事を読む

焚き火をもっと楽しむための5つのこだわり|初心者向け

キャンプの醍醐味は焚き火と断言する人が多いです。僕の場合、花より団子じゃないけど焚き火が楽しいのはやっぱり美味しいお酒があってこそ。お酒が飲めても飲めなくても、みんな大好きな焚き火をキャンプ初心者がさらに楽しむための僕のこだわりをまとめてみました。

» この記事を読む

クーラーボックス

クーラーボックスがないと冷えた飲み物も飲めないし食材も痛みます。秋や冬しかキャンプに行かないならいらないかもしれませんが、夏場は絶対に要りますね。

保冷力が高いものだと素材が肉厚なので容量の割りにかさばるんですよね~。そこまで保冷力を求めなければ、軟らかい素材でできたソフトクーラーもあります。ソフトクーラーは衝撃を和らげてくれるので、実は食器を運ぶのに重宝します。というわけで3つのクーラーボックスを季節や用途で使い分けています。

クーラーボックス(アイスランド、シアトルスポーツ、キャプテンスタッグ)
我が家のクーラーボックス3兄弟
  • キャプテンスタッグのソフトクーラー6L(上)
  • シアトルスポーツのソフトクーラー25QT(中)
  • アイスランドクーラーボックス45QT(下)

我が家のクーラーボックス3兄弟|アイスランド45QT他

はじめは1つだったクーラーボックスはアイスランド45QTを筆頭に今では3つ。季節や用途で保冷力が高いハードクーラーと食器用にも重宝するソフトクーラーを使い分けています。このクーラーボックス3兄弟がなかなか神っている組み合わせなのでクーラーボックス選びで迷っている方は見ていってください!

» この記事を読む

キャンプを始めるなら最低限必要になる10アイテムをご紹介しました。本格的に始めだすとこの10アイテムでは全然足りないことにすぐに気がつくと思います。これ以上は収拾がつかなくなりますが、これにプラスするならまずはこのあたりですかね。

キャンプにあると便利シリーズ

「あったら便利は無くても平気」はキャンプではこうなります。

あったら便利はやっぱり便利

代表的なものはこの辺ですね。このあったら便利というのはなかなかの曲者で、理想的なものに出会うまでに2、3回買い替えています←相方が(汗)。ちょっとした嗜好品の域に入っているのかもしれません。

  • ガスコンロ
  • キッチンカウンター
  • ウォータージャグ etc

ガスコンロ

ガスコンロはアウトドア用でかつカッコいいという理由でイワタニのタフまるにたどり着きました。

手放したガスコンロ

  • スノーピーク ギガパワープレートバーナーLI(GS-400)
  • イワタニ マーベラスⅡ

キャンプにあると便利シリーズ|ガスコンロ編

キャンプといえばBBQ!!ですが、いずれ飽きてくるので食事の準備はガスコンロがあると便利です。最初は家にあった家庭用のカセットコンロを使っていました。アウトドアで使うのは役不足ということでハイスペックなものに買い替えたのにハイスペック過ぎる故に持て余し(苦笑)、二転三転してタフまるに落ち着きました。

» この記事を読む

キッチンカウンター

キッチンカウンターはネイチャートーンズがメインで、イベントをするときは2つ並べて使うこともあります。

  • ネイチャートーンズ フォールディングバーカウンターテーブル
  • アイアンラック(詳細不明)

手放したキッチンカウンター

  • テンマクデザイン ワークテーブル・HI

キャンプにあると便利シリーズ|キッチンカウンター編

ロースタイルのキャンプでも調理専用のカウンターがあると便利です(by相方)。例にもれず遠回りした後に理想のカウンターに出会うことができました。と思ったのもつかの間、ガスコンロのつまみが干渉するのが許せなかったらしく、理想を追求するあまりガスコンロを買い替える羽目になりました(苦笑)

» この記事を読む

ウォータージャグ

3つ買い替えてようやく辿り着いた理想のウォータージャグ、マルキジオ オイルドラム(10L)はオリーブオイル用です。

手放したウォータージャグ

  • アイリスオーヤマ ウオータータンク
  • SOTO ウォータージャグ
  • インド製 ティーサーバー

キャンプにあると便利シリーズ|ウォータージャグ編

ウォータージャグを買ってからはシンク付きの高規格なサイトには行かなくなりました。同じ日に2つの理想のウォータージャグという得たいが知れないものに出会い、2つとも買ってしまうバカがいるんですよ。。理想のウォータージャグを求めてかなり遠回りをしてしまった相方の失敗談です。恥を忍んで公開します(苦笑)

» この記事を読む

冬キャンプをするならこれも必要

冬キャンプするならストーブはマストです。薪ストーブの世界に足を踏み入れない限りはフジカハイペット1台で大丈夫だと思っています。

フジカハイペットの正しい空焚きのしかたを知ってますか?

フジカハイペットの冬キャンプシーズン最後の正しいメンテナンスを知っていますか?空焚きだけじゃダメなんです。フジカハイペットの漏れにくさの秘密ここにあり!子供がフジカに触らないように我が家ではスノーピークのジカロテーブルを囲いにしています。

» この記事を読む

冬キャンプはストーブがあっても電源サイトの利用がふえます。キャンプブームで思うように電源サイトの予約が取れないので思い切ってポータブル電源PowerArQ2を購入しました。

ポータブル電源PowerArQ2と電気毛布で氷点下の車中泊に挑戦してみた!

我が家のバンはキャンパー仕様ではないので冬場の電源がない場所での車中泊は難しいです。最近のポータブル電源はかなり高性能になっていると聞いたのでかなり期待して購入しました。さっそく使ってみようと出かけた日はなんと!氷点下の予報。無事に朝を迎えることができたのか??

» この記事を読む

究極の雪中キャンプ!?雪国名物のかまくらは泊まれるのか?

インスタとかで雪中キャンプの写真を見ると、吹雪や落雪の怖さを知っている雪国育ちとしては凍死しないかな?とやっぱり怖いです。その割にはかまくらには興味があるので、いつか自分で作ったかまくらに泊まる日を夢見て、かまくら作りのスキルを上げるべく練習中。

» この記事を読む

シーン別おすすめのキャンプ用品

撤収時におすすめ!

1つ持っておくと撤収時間に差がつく洗濯ロープ

マンション暮らしの我が家はテントが濡れてしまうと乾かすスペースがありません。雨予報なら最初から車中泊ですが突然の雨にやられることもあります。雑巾で水分を拭き取ってストーブを使って乾かしますが、やっぱり自然乾燥がベストです。1秒も無駄にしないで日光と風を受け止めるための必需品です。

» この記事を読む

小さな子供が一緒なら

小さな子供がいるならキャンプ用品の準備と並行して、こういうことも考えておかないと大人も子供も楽しめないかも(^^)

キャンプ場で子供が飽きてきたときにおすすめなもの

せっかくのキャンプなので、できるだけ自然を満喫して欲しいという親心から宝探しやクイズラリー、夜はタープを使った映画館など子供が飽きてきたとき用にいろいろ工夫を凝らしています。

» この記事を読む

話題のブッシュクラフトで子供と秘密基地を作ってみた!

アメトークのキャンプ芸人でヒロシ先生がやっていて話題になったブッシュクラフト。ブッシュクラフトの材料になりそうな木の枝やら枯れた草が近所の公園に大量にあるのを見ているうちに、子供以上に夢中になって秘密基地を作っていました(笑)

» この記事を読む

そろそろお気づきかもしれませんが、キャンプはこういうことです(笑)

キャンプとは車の積載との戦いである!

キャンプ用品と車の積載量は切っても切れない話なので、兼用というのはキャンパーにとって重要なキーワードです。

購入したキャンプ用品・手放したキャンプ用品一覧

振り返ると相方がこれは違うなぁと思ったものは手放して、気になるものがあれば勝手気ままに買い替えていたことがよくわかります。それにいっぱい買い足してますね(苦笑)。そんな中で僕がどうしても欲しかったジカロテーブルや焚火台は買い替えられていないので、僕にはキャンプ用品を見る目があったんだと悦に入っていたら単に僕が選んだものなので手を出しにくかっただけのようです(ズコっ!)

ちなみに手放したキャンプ用品はメルカリなどを活用して別のキャンプ用品の購入資金になっていたようです。中古のキャンプ用品はかなり需要があるみたいですね。

購入したキャンプ用品・手放したキャンプ用品一覧【価格あり】

キャンプスタイルが変わったことも影響していますが、5分の1位は買わなくてよいキャンプ用品を買っていたみたいです。はじめからこれを買っておけばよかったと思うものも少なくありません。実際に使ってみてわかることが多いとはいってもやっぱりもったいないですね。

» この記事を読む

我が家のバンはブローニィRIWというキャンパー仕様にカスタムが完了したので、ここから更にキャンプ用品の見直しや買い替えがありそうです(大汗)

週末バンライフの始め方|ベース車探しからキャンピングカー完成まで全公開

2018年9月に中古のバンを購入してバンライフをスタートしました。今のところ週末だけの兼業のバンライファーですが、働き方改革をテーマに進化・深化していきたいと思います。これからバンライフを始めたいという方の参考になればと思い、ベース車探しや快適に過ごせるように試行錯誤したことをまとめました。

» この記事を読む

痛みを伴わない改革はない!

と言ったのは誰でしたっけ?変化があれば随時更新していきます!

キャンプ初心者向けてInstagramでもお役立ち情報やバンライフの魅力を発信しています。