2ルームテントを手放した理由|トルテュライトのレビュー

キャンプ用品

我が家が初めて買ったテントはスノーピークのトルテュライトでした。いわゆる2ルームタイプのテントです。

2ルームタイプというのはテントとタープが一体化しているテントです。寝室とリビング部分があるテントと言えばわかりやすいでしょうか?

気に入って使っていましたが、キャンプのスタイルが変わったこともあって手放しました。

そもそも2ルームテントを選んだ理由

当時(2014年)はテントの種類を知らなかったし、今ほどキャンプブームでもなかったからあまり選択肢もなく、とにかくスノーピークを選んだら間違いないと思って他のメーカーのテントはあまり検討しませんでした。

僕らのキャンプの師匠がスノーピークのテントを使っていたのも大きかったし、そこそこ値段もするけどそれが高品質の証と思っていました。←まぁその通りなんですけどね。

2ルームタイプのトルテュライトにしたのは、近所のスポーツオーソリティでスノーピークの店員さんにあれこれ相談した時に言われた

テントとタープを2つ張るよりトルテュ1つの方がラクですよ~

という言葉にまんまと乗せられてしまったからです!

自分でテントを張ったこともないのに、キャンプデビューのときに2ルームタイプのテントを購入したのはこんな理由でした。

トルテュライトのレビュー

基地感がサイコー!

簡単だと聞いていたのに、張るのに最初は1時間以上かかりました。まあ初心者ですからね。

いくら慣れてきてもポールやペグの数が多いので45分くらいはかかってしまうんです。

撤収もまた然り。

でも最初はこんなもんだと思ってたし、どちらかと言うと浮かれて使っていたわけですよ(苦笑)

  • 寝室だけじゃなくリビングもあって広くて快適~
  • 秘密基地感がサイコー

それにさすがスノーピークですね。雨の日も強風の日もびくともしません(ちゃんとペグと張り綱してたら)

嵐の中で地獄をみる

嵐の中でトルテュを撤収した時は半泣きでした。。

嵐の中、ずぶぬれになってトルテュライトを撤収

撤収に時間がかかると水没並みに濡れるし、大きいから90リットルのごみ袋に入れてもパンパンだし、車内も濡れる。

うちはマンションなのでこのサイズのテントを乾かす場所がないんですよ。

ベランダに広げられないし、雨撤収後しばらくはどこでテントを乾かそうか?と頭の中はそればかりで、もうイヤってなりました。

雨撤収後の乾燥はかなり負担

解放感はオープンタープには敵わない

レクタ型のオープンタープ

トルテュライトのリビングはいくら窓やら扉やらを開放してもオープンタープの解放感に適いません。

寒い時期のおこもりキャンプにはいいんですけどね。

夏場はリビング部分が暑いからご飯を食べるのはトルテュの入り口をポールで跳ね上げたところだし。リビング部分はただの物置と化していました(爆)

慣れても設営・撤収に時間がかかる

デイキャンプしよう!と友達家族と盛り上がったときに、デイキャンプでトルテュは張りたくないよなぁ~という気持ちになっていました(苦笑)

で、あるとき、はっ!と気がつきます。

トルテュ1つ張るよりもテントとタープ2つ張る方が早いんじゃね?

何年か使って慣れたところで2ルームタイプはやっぱり設営・撤収に時間がかかります。

でもリビングが広いので特に寒い時期は快適に過ごせます。雨予報ならキャンプに行かないなら、もしくは濡れても乾かす場所があるなら2ルームテントはおすすめします(^^)

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと