キャンプ用のイスは座り心地よりもコンパクトさだと思う|ロースタイル

キャンプ用品

キャンプを始めて7年目。吟味して買ったキャンプ用のイスは買い増し、買い替えを経てこうなりました。

  • ヘリノックスのタクティカルチェア×2
  • ディーオーディーのグッドラックソファ

定番すぎるこの2つも持っていましたが手放しました。

  • スノーピークのローチェア
  • アディロンダックのキャンパーズチェア

キャンプ用のイスの買い替え遍歴の前に我が家のイスの暗黒時代をぜひご覧ください。。

目次【本記事の内容】

我が家のイス暗黒時代

我が家がキャンプデビューに持って行ったイスはマリナーズのイスでした。ビールを箱買いしたら全員もらえるキャンペーンでゲットしたものです(写真には借り物のコールマンのイスも写っています)

家族で初めてキャンプに行ったときのテント

イスと一緒に、これまた真っ青なマリナーズのソフトクーラーも貰ったのでそれも使っていました。

写真を撮るのにテントの入り口のペグダウンは適当だし、食器を乾かす緑色のネットを掛ける位置もおかしい(苦笑)

ハンガーや押し入れの収納ケースなど、キャンプをはじめた頃は家であまり使っていないものをこの機会にキャンプで使おうという発想でした(苦笑)

記念すべきキャンプデビューの日の荷物

とりあえず載せた感じでキャップ用品の積み方も洗練されてませんね。テントはタグがついたままだし、見れば見るほどツッコミどころが満載です(苦笑)

真っ青というか真っ黒

我が家のキャンプの黒歴史が凝縮されているキャンプデビューの写真でした。

キャンプ用のイスあるある。

キャンプ・アウトドア用のイスってキャンプに行かなくてもBBQするならマストアイテムですよね。

週末のBBQに向けてとりあえずイスを買う。

このシチュエーションでやっちまいがちなのが、あまり深く考えずにホームセンターやアウトドア用品店でカラフルな椅子を買っちゃうやつです。

周りも最初は赤や緑、紺のイスを買っていました。

でもこのイスが意外といい仕事するんですよね。ひじ掛けのところにドリンクホルダーがあったり背中にポケットがついてたり。

座り心地も悪くないし(というかこんなもんだと思ってしまう)

そのうち、この世に座り心地がよく、おしゃれなイスがあることに気づいて悪目立ちする自分の椅子が嫌になる。

でも買ったばっかりだからまだまだ使える。でも色が気に入らない・・・とぐるぐる考えた挙句、最終的に買い換え~となります。←定番の相方の弁です(苦笑)

キャンプ用のイスは安い物を買ったとしても家族全員分揃えたらそこそこします。

おしゃれなイスは1脚1万円以上はするので、年に数回しか使わないかもしれないイスにそこまで出すのか?と冷静になると、買い換えに踏み切れません。

我が家の場合は使っているうちにマリナースカラーの青さに嫌気がさして、相方がいつのまにかイスを買い替えることを決めていました。

という話を踏まえて、キャンプ用のイスを買い増し・買い替えた理由を読んでいただけると嬉しいです。では行ってみましょう!

愛用していた2つのイスを手放した理由

スノーピークのローチェアとアディロンダックのキャンパーズチェアはかなり愛用していましたが最終的に手放しました。

相方はいつものように色がどうとか言っていましたが(苦笑)、手放した理由はこの2つです。

  • 座り心地よりもコンパクトさ
  • イスの種類を増やすのは積載にやさしくない

キャンプ用品が増えてくると車に載らなくなるので、できるだけコンパクトなものが良くなってきます。

スノーピークのイスも長い(101㎝)のですがアディロンダックは特に長くて、畳んだ状態で108cmもあるのでハイエースに乗ってる友人も横向きで車に入らないとボヤいていました。

我が家はイノー(INNO)のルーフキャリアを買うことになるのですが、理由はイスを積むためといっても過言ではありません。

フリードに積んでいたイノーのルーフキャリア

まだ2つとも同じイスなら積み込みもしやすいし、省スペースだったと思うのですが、アディロンダックの方が少し長い(7cm)ので2つを同じように車に積めずにイラってなっていました。

なんで同じイスにしなかったのか?

2種類のイスを買った理由を当時の自分に聞きたいですね、マジで(笑)

車の積載に余裕があれば、座り心地の好みでスノーピークもアディロンダックもおすすめですが、できれば同じもので揃えることをおすすめします。

スノーピークのローチェアのレビュー

スノーピークのローチェア

スノーピーク(Snowpeak)のローチェアは相方用でした。いま思えば、かなりのスノーピーク信者だった頃に買いました(笑)

座り心地は非常に良いです。キャンプ用といわず家でも使いたくなる座り心地です。

色がオレンジなので今になって思えば、もっとシックな色にすればよかったと思います←相方の弁です(苦笑)

座り心地に比例して結構かさばります。

  • 収納時サイズ:W16×D18×H101cm

アディロンダックのキャンパーズチェアのレビュー

アディロンダックのキャンパーズチェア

スノーピークのローチェアは座面が低いので深く座れます。アディロンダックは座面は高いもののハイバックなので安定感がある座り心地です。スノーピークのローチェアとはまた違った良さがあります。

アディロンダックは背もたれが高いので寝落ちしても安心です。これは僕用に選びました。

ただしアディロンダックは畳むとスノーピーク以上にかさばります。。

  • 収納時サイズ:W14×D14×H108cm

ヘリノックスのタクティカルチェアのレビュー

ヘリノックスはコンパクトになるくせに座り心地も意外に良いです。すっぽりくるまれる感じですね。

まず座り心地を気に入って、次に畳んだ姿を見て即買いを決めた友人がいました。

リュックに入れて公園に行けるし運動会でも大活躍してくれています。僕らの周りでイスを買い替えた仲間は9割がヘリノックスユーザーになりました。

みんな楽天のお買いものマラソンなんかを上手に使っているので、一緒にキャンプに行くとスヴェルト(回転式)とかミニとかいろんなパターンのヘリノックスが並んで面白いです。

スヴェルト(回転式のヘリノックス)

我が家は僕と相方用にタクティカルチェアを2つ買いました。

ヘリノックスのタクティカルチェア

タクティカルチェアは子供が座るとひっくり返りやすいので注意が必要です。そもそもイスの足元の地面が柔らかいと、大人でも後ろにひっくり返ることもあるので不安定さはあります。

その軽さ故(総重量:1020g)なのですが、座っていないと風でひっくり返ります。強風なら飛びます(笑)

でも座り心地よりもコンパクトさを優先するならヘリノックスが間違いありません!

座れる収納ケース、ストレージチェア(47×32×24㎝)に余裕で入ります。なんらなひと回り小さな籠にぴったり収まります。

ストレージチェアに余裕で入ります

このストレージチェアも優れもので座れるだけでなく、我が家ではバンの2列目をベッドにするために足元に並べておいて使っています。

バンの2列目に置いたストレージチェア

関連|車中泊を快適に|2列目ベッド化計画【サーマレスト神】

ヘリノックスから何種類ものイスが発売されているので、座り心地や大きさで選ぶこともできます。もし悩んでしまったときはド定番ですが、タクティカルチェアがおすすめです。

ヘリノックス タクティカルチェア 19755001

子供用のソファが実は使える

ディーオーディーのグッドラックソファ

ディーオーディーのグッドラックソファは相方が相当悩んだ挙句に買いました。

スノーピークのラックソットと悩んだのか?RIWに改造したら手放すことになるので躊躇したのか?珍しくかなり悩んでいましたね。

子供が本を読んだりご飯を食べるのにいいぴったり。浅く腰掛ける感じなら大人でも十分座れます。

グッドラックソファで読書タイム

また広げて車に積んで荷物を載せる棚として使うこともできます。

デリカカーゴに載せたグッドラックソファ

ワットノット(36×25×32㎝)という収納ケースを3つ並んで載せると座面の幅にぴったり収まります。

ワットノット×3@グッドラックソファ

我が家は横向きで載せているので荷物の出し入れがしにくいのですが、後ろ向きに載せると荷物の出し入れはしやすいと思います。

番外編|お座敷スタイルにおすすめ!

お座敷スタイルのキャンプにおすすめなのがニトリの切り株スツール(ロータイプ)です。

これなら子供がひっくり返ったところでケガをしないので安心です。

いろいろ使えそうなニトリの切り株スツール(ロータイプ)

切り株スツールとネイチャートーンズのテーブルの相性は、色味も高さもいいです。

切り株スツールとネイチャートーンズのテーブル

テントに限らずバンの荷室でも活躍してくれます。

バンの荷室にもベストマッチ!?

番外編|ソファベッド的に使える

ワイルドワンのコット

ワイルドワンのコットは脚が長めなのでロースタイルならイスとして使うこともできます。

我が家はグループキャンプで子供が多いときやワンポールテントの中でコットで寝る日はソファ兼ベッドとして使うこともあります。

車中泊をするときにも重宝しています。

ソファベッド的に使えるワイルドワンのコット

関連|車中泊を快適にするおすすめグッズ|コットでかんたん寝心地アップ!

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと