自粛期間中に我が家で大活躍していたカンガルーテント

キャンプ用品

コロナ禍の自粛期間中、相方がテレワークになったので子供たちは学童と保育園を休みました。子供達は楽しそうにしていたけど、どこか不安もあったんでしょう。

なんとなく不安が伝わってきたので気分を変えるために、できるならこの非日常を楽しめたらと思って家の中にテントを張ってみました。おうちテントはネットでも話題になってましたしね。

4月からのキャンプの予定は全部キャンセルしたので僕もどうにかして留飲を下げたいと思っていました。

さて、どのテントを張ろうか?

サイズ的にはDODのカンガルーテントかMSRのエリクサー4なんですが、エリクサー4はグランドシートをペグダウンしてから張っているので、家の中で張りやすそうなワンタッチのDODに決めました。

DODのKANGAROO TENT(M)

和室にテントを張ってみた。

DODのカンガルーテントはワンタッチタイプ。カンガルースタイルにしたくて相方がこっそり買っていたようです。

カンガルースタイルというのは大きめのワンポールテントの中に小さな(ワンタッチ)テントを張ることです。グランドシートのないワンポールテントの場合はカンガルースタイルにすると使いやすくなります。

グランデアウトドアのワンポールテントの中に張るとこんな感じになります。

DODのカンガルーテントの出番がほとんどなかったのは、思っていたよりも大きくて我が家のワンポールテントの中で持て余したからです。

ワンタッチテントは公園や海用にロゴスのを持ってましたが早々に手放したので、僕は「もういらんやろ」と思っていましたがまさかこんなところで出番が来るとは!?

手放したロゴスのワンタッチテント

DODのカンガルーテントの構造は、傘のそれに近いので部屋の中でも簡単に張ることができました。傘というよりも蝿帳・食卓カバーと言った方が構造的に近いのかもしれませんが、そもそも蠅帳(はいちょう)ってわかりますか?

食卓カバーのような構造のカンガルーテント

アマゾンで探したらありました。昔、実家で使っていたので懐かしい。いや、もしかしたら夏場はいまも使ってるかも?

とにかくDODは構造的にエリクサー4と違ってばいぃぃんとポールが外れる心配がないので安心です。

癒し効果はたっぷり

おうちテントで勉強中?

ちゃんと勉強できているのか?はかなり微妙ですが、とても楽しそうでした。テントで寝るとキャンプの楽しい気持ちを連想するので僕も確実に楽しい気分になれます。

DODのカンガルーテントは3人用なので若干重なりましたが、サーマレストのマットを4枚敷くことができました。大人2人・子供2人の4人なら十分寝れます。

グランドシートは付いていますが家の中では付けていません。フライシートは元々付いていません。

家の中のテントで過ごしてみると、自宅でひとりになりたい人向けのソロテントが流行っているっていうのが納得できました。丁度いい狭さが安心感を生んでいます。

5月の緊急事態宣言中は先の見えない状況でしたが、心の安定を保つのに和室に張ったカンガルーテントが一役買ってくれました。

少し気になったところ

1ヶ月ちょっとかな?張りっぱなしだったので畳が少し傷みました。子供が遊ぶので畳の傷みは前から気になっていましたが加速しましたね。家族のメンタルを健康的に保つことができたんだから畳のことは目をつぶれますが。

ポールで畳が傷つきます

それよりも気になったのはカンガルーテントの作りです。はっきり言ってかなり華奢です。

かなり華奢なカンガルーテントのポール

気がつくとこのポールが台風の日の傘みたいにひっくり返っているので、テントの中で子供たちが戦いごっこをしていたから、そのせいだと思っていたけど違いました。

特に理由がないのに自然にひっくり返るくらいに華奢なんです。キャンプ(外)でこのテントを単独で使うのはちょっと難しいかもしれません。強風の日はポールが簡単に折れそうです。。

それで、クイックルワイパーかなにかの棒を添え木にして縛って補強して使っていました(苦笑)

DODのカンガルーテントはテント内やタープ下で使うことを想定して作られたテントなので、この辺が納得できれば家の中で使うには丁度いいテントだと思います。

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと