シンプルなタープはアレンジ自在で使いやすい|カーリ20のレビュー

キャンプ用品

我が家の初テントはツールームタイプだったので、僕らもキャンプを始めた当初はタープって何?っていう状態でした。

友達とBBQやデイキャンプをしようという段になって、ツールームタイプの不便さ(立てる手間や解放感がない)からオープンタープへの憧れが高まっていきました。

目次【本記事の内容】

そもそもタープとは?

平たく言えば日除け・雨よけ・風よけになる布です。

かなりざっくり言いました(笑)

大きくわけるとオープンタープには2つのタイプがあります。

我が家の場合、有効面積重視なので無駄のないレクタ型の一択でしたが、スタイリッシュなムササビタイプのヘキサ型もあります。

  • レクタ型(スクエアタープ)
  • ヘキサ型(頂点が6つできる1枚の布)

この記事は迷って選んだノルディスクのカーリ20を使い倒してみたレビューです。

ノルディスクのカーリ20のレビュー

良かった点|広い・アレンジ自在

ざっくり言うと長方形の布のようなレクタ型なのでとても汎用性があります。まずは、こちらが付属品のポールだけで張ったカーリ20です。

ノルディスクのオープンタープ|カーリ20

ポールを4本追加して四隅を跳ね上がるとタープ下にほぼ20㎡の日影が作れます。これなら10数名のデイキャンプやBBQに最適です。

6本のポールで張ったノルディスクのカーリ20

ナチュラルサイトのお約束ウッドポールも検討しました。当時はいいサイズのがなかったのでひとまずユニフレームの黒を4本買いました。

このポールは60cm×4本の組み合わせなので、人数や天候に合わせてサイドを240cmで上げて広くしたり片側だけ120cmに下ろして基地っぽくすることができます。

まぁ低いとたいがい出入りの邪魔になるので180cmか240cmにして使うことが多いです。帽子をかぶってると毎回頭をぶつけるキャンプあるある(笑)

スクリーンにも使える。

キャンプにプロジェクターを持って行ってスクリーンとしても活躍しています。

これはうちのカーリ20と友人のカーリ12(3m×4m)を連結して、カーリ12をスクリーンにしてプロジェクターでDVDを楽しんでいるところです。

カーリ12+カーリ20でさながら映画館のよう

カーリ12は少し小さめでファミリーキャンプ向けのタープですね。

シンプルなので連結しやすい。

テントや車と連結して使うことも多いです。

グランデアウトドアのテントと連結したカーリ20

我が家のグランデアウトドアのテントは真っ白なので、カーリ20と微妙な色味の違いが気になるかなと思っていましたが、そうでもなかったですね。

カーカムスのテントと連結したカーリ20

これは正確には連結ではなくテントに少し重なるように張っただけですが、違う角度で見るとバンのバックドアも重なるように配置しています。

バックドアとタープが重なるようにバンを駐車

テントから車まで雨に濡れずに快適に移動できるのでかなり使いやすいです。

カーリ20に限ったことではありませんがレクタ型のタープは、とにかくシンプルなのでアレンジできて使い勝手がよいです。カーリ20(4m×5m)のサイズ感は広々でかなり満足しています。

ノルディスク タープ カーリ20 【日本正規品】 142018

少しだけ気になる点|重い・ポールが壊れる

とても満足していますが、気になるとすれば重さですかね。9㎏あります。

素材がテクニカルコットン(ポリエステル65%、コットン35%)で、サイズが4m×5mあることを思えば仕方がないのかもしれません。

女性にはちょっと扱いにくいかも。

という僕もメインの2本のポールを立ち上げるときは相方に手伝ってもらいます。だから2人で立てるつもりなら特に気になりません。

大活躍中のカーリ20ですが、付属のポールが壊れてしまいました。

折れたわけではありませんが、中のバネorチェーンが切れたようで一番上の部分が外れるようになってしまいました。これが実に使いにくい。。

バネが壊れて付属のポールが使いにくくなりました。

立ててしまえば問題ないのですが、立てるときにポールの下の部分を持つと上の部分が外れてアララってなります。けっこう不便です。。

気が付いたら付属の2本のポールとも同じように壊れました。これって自力で直せるのでしょうか??

どうせ買い直す必要があるなら、その時はウッドポールを検討します(^^)

カーリ20と迷ったタープ

タープを買うときに大前提としてサイズは20㎡クラス、色味は白っぽいもの中からこの3つに絞り込みました。

  • ノルディスク(NORDISK)のカーリ20(400×500)
  • タトンカ(TATONKA)のTarp1TC(425×445)
  • テンマクデザインのTakibi-Tarp Cotton Recta(420×480)

最寄りのスポーツオーソリティにTATONKAが置いているとの情報をゲットしたので、すぐさま見に行ってきました。

が!

タトンカのタープ見せてください!って頼んだら店員さんにこう言われて意気消沈。

  • 縫製が甘い
  • 長い目で見るならちょっと・・・

確かに思っていたよりも生地が薄くて残念ながら却下。

続いてテンマクデザインのTakibi-Tarp Cotton Recta。

こちらはモデルチェンジしたのか?色が濃い。
ネットで見た画像よりも実物は色が濃い。カーキかタンカラーって感じ。

思ってたんと全然違うってことでこちらも却下。

※色がどうとか言うのはいつもの通り相方です(苦笑)

残るはノルディスクのカーリ20のみ。

当時はおしゃれなテント=ノルディスク。でもノルディスクを買うのって安易だよねーと思っていましたが(苦笑)、最後の選択肢としてカーリ20を見に行ってきました。

これも写真で見るよりはアイボリー系でしたが、3つの中では一番しっくりきたのでノルディスクのカーリ20に決めました。

で、使ってみて・・・使い心地、最高です!安易とか言っちゃってごめんなさい!(汗)

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】