キャンプで子供達に人気だった遊び【まとめ】

キャンプ用品

せっかくのキャンプなので、できるだけ自然を満喫して欲しいという親心から宝探しやクイズラリー、夜はタープを使った映画館など子供がキャンプに飽きないようキャンプ場での遊び方も工夫しています。

  • キャンプ場で宝探し
  • キャンプ場でクイズラリー
  • レジンでキーホルダー作り
  • 水風船遊び
  • オープンエアな映画館
  • 遊び方フリーのエアソファ
  • ゴムぱちんこ作り
  • 花火
  • 本気の火遊び

キャンプ場で宝探し

キャンプ場に遊具があったらしばらくは遊んでるけど、そのうち飽きてきませんか?仲の良い友達と一緒にキャンプに行っても6歳位だとまだ子供だけで遠くに行かせるわけにもいかず、 早々に飽きてしまい。そしてグズる(苦笑)

そんなわけで、100均で買ったおもちゃをキャンプに持って行ってましたがそれをそのまま渡すのも芸がないということではじめたのが宝探しです。誕生日のパーティーを急きょ家でやることになって、凝った飾り付けは間に合わないけど何かサプライズしたいというときに宝探しを思いついたのがきっかけでした。

ちなみに誕生日の宝探しは、保育園から帰ってきたらルパンレンジャーから挑戦状が届いていたという謎の設定でいささか強引に始まりました(苦笑)

ルパンレンジャーからの挑戦状

ひらがなが読めるようになってクイズやなぞなぞが大好きな時期だったので、見事にハマって飾り付けのしょぼさをごまかすことができました。で、山形の実家で次男の誕生日パーティーをしたときはレゴニンジャゴーから挑戦状が届いてました。実家は戸建てなので隠し甲斐&探し甲斐がありました。

レゴニンジャゴーからの挑戦状

こうやって蓄積したノウハウを元に誕生日が近い友達とバースデーキャンプをしたときに初めてキャンプバージョンを作りました。これはひとりひとりにルパンレンジャーから挑戦状が届いて、なぞなぞの答えの色の風船を探すスタイルでした。

ルパンレンジャーからの挑戦状

その風船の下にそれぞれのプレゼントを隠しておきました。広いキャンプ場ならではですよね。

風船の下に隠したプレゼント

宝探しにするとプレゼントをそのまま渡すよりもワクワク感が出るし、みんなで協力してプレゼントをゲットしたっていう達成感もあって盛り上がります。女の子がいる時はプリキュアバージョンも作りました(作るのはすべて相方です)

プリキュアバージョンの宝探し

キャンプ場でクイズラリー

あるグルキャンのときに少し大きいお姉ちゃんがいたので、宝探しは子供っぽいだろうとクイズラリーに挑戦してもらいました。

クイズラリー@某キャンプ場
キャンプ場でクイズラリーに挑戦中

このクイズラリーは喜んでもらえて宝探しは子供たちの成長とともにクイズラリーに進化しました。ハロウィンキャンプの時はハロウィンバージョンとタイムリーなネタを仕込んでいます。

ハロウィン仕様のクイズラリー

ハロウィンバージョンはゴール地点にあるお化けを退治するのがお約束。

お化け(くす玉)を棒で叩いて中のお菓子を落とす

「今週はキャンプ行くよ~」と言うと今回は誰からの挑戦状かな~と期待されるようになってしまって、前日の夜中に作業をする羽目になってます。

次は妖怪ウォッチかポケモンかな?子供がハマってるキャラを叱られない程度にお借りしています。使えるイラストからクイズを考える作業もなかなか楽しいものです。でも作りながらクスッとなる部分と子供が反応する部分が全然違っているのが寂しいかなというのは相方の弁です。

レジンでキーホルダー作り

レジンというのは日光などの紫外線にあたると固まる樹脂です。真夏のキャンプはしませんが熱中症になりそうな天気の日はタープ下でこんな遊びもしています。

レジンでキーホルダー作り@OKオートキャンプ場

水風船遊び

ガンガン濡れても丁度いい季節は水風船で遊ぶのもいいですね。大人も楽しいので盛り上がるけど、はしゃぎ過ぎると割れた風船の後片付けが大変なので最終手段的な遊び方ですね。

水風船で遊ぶ@OKオートキャンプ場

オープンエアな映画館

天気もいい日は夕飯の後のお楽しみにタープをスクリーンにしてDVDを観る日もあります。灯りが多くないキャンプ場だと目立つので、近くの子供たちも集まってきてさながら屋外映画館のようです。

野外映画館@キャンプ場

子供が寝た後はそのまま大人のお楽しみタイムに突入します(笑)

大自然の中でマジ歌を楽しむの図

スクリーン用のタープやプロジェクターは車の積載泣かせなんですけどね(苦笑)

遊び方フリーのエアソファ

夕飯前の子供達が飽きてきたタイミングで友達のお父さんが出してくれたのがこの青い物体でした。

最初は子供達も遠巻きに見ていたけど座ったり、中でじゃれあったりしてずっと遊んでました。こういうシンプルなものが一番面白かったりするんですよね。

僕はバーベキューの準備で膨らますところは見てませんが、空気を入れるために口を広げてキャンプ場を走らないといけないらしいです。そのお父さんはちょっと恥ずかしいって言ってました(笑)

最近は子供達はすっかりゲームにハマっています。家にいるとついついゲームに手が伸びるので、キャンプに来ているときくらいはゲームのことは忘れて普段できないことをできるだけ体験して欲しいと思います。子供にだけ言っても説得力がないのでキャンプに来ているときくらいは大人もスマホ禁止にしてもいいかもしれませんね。

ゴムぱちんこ作り

キャンプで作ったゴムぱちんこ1作目は完成した直後に次男が踏んでバキっと折れたので木を探すところからやり直し。折れて落ちている枝の中から簡単に折れなさそうな太さの枝を探すという矛盾。運びやすくするために焚き火で焼いて短くしました。

家に帰ってからのこぎりを使って微調整してキリで穴を開けます。長男はこだわりなのか皮をむきました。

ゴムを通してドングリを玉にいざ公園へ。ゴムの張りが弱いし、玉を挟むところもゴムなのでつるっと落ちるなど見た目ほど使えません。改良の余地ありまくりです。

花火

家の近所に不審者が出た時期があって近所の公園で花火がしにくかったのでキャンプで花火を楽しんでいます。焚火台の上ですると着火しやすいし多少火の粉が飛んでも安全です。

焚火台で花火

ロウソク立てに使っているのは雑誌の付録だったミニ焚火台です。

ミニ焚火台

コロンビア×ソトのコラボでカッコいいのですが微妙なサイズで小さめのシェラカップだと不安定だったのでろうそく立てに昇格しました。

シェラカップとミニ焚火台

本気の火遊び

子供らはきゃっきゃ言って楽しそうでしたがこっちはいつになく真剣です。触れる機会が少ない火を感じてもらうために飲まずに本気で火遊びに付き合います。

子供と本気で火遊び中

水を吸って膨らむ玉、ぷよぷよボールを持って行っていたので葉っぱに載せて焼いてみたら熱でビー玉みたいに硬くなるのがわかりました。

調子に乗ってふざけた次男がよろけて焚き火に手を突っ込むというトラブル発生。すぐに冷やして大事に至らなかったけど肝を冷やしました

暗くなっても真剣に火遊び指導中!

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!