キャンプ場で子供が飽きてきたときにおすすめなもの

キャンプ用品

キャンプ場に遊具があったらしばらくは遊んでるけど、そのうち子供が飽きてきませんか?

仲の良い友達と一緒にキャンプに行っても6歳位だとまだ子供だけで遠くに行かせるわけにもいかず、 早々に飽きてしまい。そしてグズる(苦笑)

そんなわけで。いつも100均で買った簡単なおもちゃを持って行ってましたが、それをそのまま渡すのも芸がないということではじめたのがこれです。暗くなったときに楽しめるこんなものも仕込んでキャンプに行ってます。

  • キャンプ場で宝探し!
  • キャンプ場でクイズラリー
  • タープとプロジェクターでキャンプ場で映画館

キャンプ場で宝探し!

誕生日のパーティーを急きょ家でやることになって、凝った飾り付けは間に合わないけど何かサプライズしたいというときに思いついたのがきっかけでした。

宝探しは保育園から帰ってきたらルパンレンジャーから挑戦状が届いていたといった謎の設定でいささか強引に始まります(苦笑)

ルパンレンジャーからの挑戦状

ひらがなが読めるようになってクイズやなぞなぞが大好きな時期だったので、見事にハマって飾り付けのしょぼさをごまかすことができました(笑)

で、山形の実家で次男の誕生日パーティーをしたときはレゴニンジャゴーからの挑戦状が届いてました。実家は戸建てなので隠し甲斐&探し甲斐がありました。

レゴニンジャゴーからの挑戦状

そして、誕生日が近い友達とバースデーキャンプをしたときに初めてキャンプバージョンを作りました。

これはひとりひとりにルパンレンジャーから挑戦状が届いて、なぞなぞの答えの色の風船を探すスタイル。

ルパンレンジャーからの挑戦状

その風船の下にそれぞれのプレゼントを隠しておきました。広いキャンプ場ならではですよね。

風船の下に隠したプレゼント

これだとプレゼントをそのまま渡すよりもワクワク感が増すし、みんなで協力してプレゼントをゲットしたっていう達成感もあって一石二鳥です(^.^)

女の子がいる時はプリキュアバージョンも作りました(作るのはすべて相方です)

プリキュアバージョンの宝探し

宝探しからクイズラリーに進化。

あるグルキャンのときに少し大きいお姉ちゃんがいたので、宝探しは子供っぽいだろうとクイズラリーに挑戦してもらいました。

クイズラリー@某キャンプ場
キャンプ場でクイズラリーに挑戦中

宝探しは子供たちの成長とともにクイズラリーに進化しました。ハロウィンの時はもちろんハロウィンスタイル。

ハロウィン仕様のクイズラリー

ゴール地点にあるお化けを退治するのがお約束。

お化け(くす玉)を棒で叩いて中のお菓子を落とす

「今週キャンプ行くよ~」と言うと今回は誰からの挑戦状かな~と期待されるようになってしまって、前日の夜中に作業をする羽目になってます。

次は妖怪ウォッチかポケモンかな?

子供がハマってるキャラを叱られない程度にお借りしています。使えるイラストからクイズを考える作業もなかなか楽しいものです。でも作りながらクスッとなる部分と子供が反応する部分が全然違っているのが寂しいかな。

オープンエアな映画館

昼間は宝探しやクイズラリーでゲットした景品(100均のおもちゃ)で遊んで、
夜のお楽しみはタープをスクリーンにしてDVDを観ることです。

灯りが多くないキャンプ場だと目立つので、近くの子供たちも集まってきてさながら屋外映画館のようです。

野外映画館@キャンプ場

もちろん子供が寝た後は大人のお楽しみタイムです(^.^)

大自然の中でマジ歌を楽しむの図

スクリーン用のタープやプロジェクターは車の積載泣かせなんですけどね(苦笑)

せっかくのキャンプだからできるだけ自然を満喫して欲しいという親心から工夫を凝らしていろいろ考えてきましたが、最近は子供達がすっかりスマホゲームにハマっています。

キャンプに来ているときくらいはスマホ禁止にしてもいいかもしれませんね。大人も一緒に。

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと