ポータブル電源PowerArQ2と電気毛布で氷点下の車中泊に挑戦してみた!

キャンプ用品

我が家のバンはまだキャンパー仕様ではない単なるバンなので、電源がない場所では冬場の車中泊は難しいです。

電源のある車中泊スポットを探してみましたが、思うように見つけることができませんでした。

電源がない場所でも気軽に車中泊がしたい!

で、早く買えばそれだけ早く元が取れると相方にそそのかされて(笑)、遂にポータブル電源PowerArQ2を購入しました。

最近のポータブル電源はかなり高性能になっているようなのでかなり期待して購入しました。さっそく使ってみたのでその使い心地をレポートします。

目次【本記事の内容】

PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

PowerArQ2が届いたタイミングで予定していたキャンプは標高600mにある飯地高原自然テント村でした。

飯地高原自然テント村

初めて行くキャンプ場で勝手がわからない上に氷点下の予報、試してみるには良い条件とは言えませんが、できるだけ寒さ対策をしてPowerArQ2と電気毛布で車中泊に挑戦しました。

結果発表!

キャンプ用品の移動を考えるとテント泊の方が都合が良かったのですが、テントよりも車の中の方があったかいだろうということで車中泊で試してみました。

氷点下の車中泊でも使えました。

取説によると氷点下はNGのようですが問題なく朝を迎えることができました。車内の気温は測っていませんが、断熱材を張っていないのでほぼ外気温と変わらなかったと思います。

走行充電は予想以上に使える

キャンプの中日は朝から車で出かけていたので走行中に充電しました。細切れでトータル1時間半から2時間くらいだったと思いますが、60%まで充電を回復することができました。※車はデリカカーゴです

使用中はまあまあうるさい

使用中はゴーーーという音がします。数えてみると15秒毎にゴー、静音を繰り返していました。

PowerArQ2を僕の顔の横に置いていたので結構大きな音に感じました。僕は音が気になって眠れないということはなかったのですが、気になる方は置く場所や音を小さくするためにカバーを作るとか工夫がいるかもしれません。

朝、目が覚めると静かになっているので確認するとバッテリーがなくなっていました。

詳細な使用状況です

車中泊1日目|最低気温氷点下1度

僕が朝起きるとPowerArQ2の電源が切れていました。相方の話では朝6時半の時点で切れていたようです。

  • 就寝22時|電気毛布1枚(中温)、スマホ2台で使用開始
  • 朝6時半|静かになっていたので確認すると切れていた
  • 天気予報の最低気温|氷点下1度(朝5時)

車中泊2日目|最低気温3度

キャンプの中日で残量が60%だったので電気毛布は朝方に使うことにして就寝しました。結局、電気毛布は使わずに朝まで過ごすことができました。

  • 就寝21時|スマホ1台で使用開始
  • 天気予報の最低気温|3度(朝5時)

電源なしで朝まで過ごせたのはマットや寝袋などの基本的な防寒対策が効果的だったからだと思います。↓この日の防寒対策です。

車中泊の寒さ対策はこんな感じ

今回は2泊3日のキャンプだったので初日でバッテリーがなくなってしまった場合を想定して、できる限りの寒さ対策をして臨みました。2日目はPowerArQ2を使っていないので3度くらいなら電源なしでも防寒対策をしっかりすれば問題なく車中泊できるのかもしれません。

荷室に敷いたもの

  • ①マット(常時)
  • ②銀マット
  • ③マット(サーマレスト)
  • ④ブランケット(エルパソ)
  • ⑤電気毛布
  • ⑥寝袋(スノーピークのセパレートオフトンワイド700)
  • ⑦普通の毛布
①荷室に普段から敷いているマット
②断熱効果を期待して銀マットを敷きます
③サーマレストを敷き詰めます
④タイヤハウスをカバーするように敷きます
⑤中央に電気毛布を配置します

この上に⑥寝袋(スノーピークのセパレートオフトンワイド700)と⑦普通の毛布を敷いていました。

電気毛布(左)とPowerArQ2(右)
PowerArQ2の公式サイトはこちらから

その他の防寒対策

寒いよりは暑いくらいの方がましだろうと出来る限りの防寒対策をして寝ました。小さな子供がいるとその体温であったかいというのも大きいかもしれません。

  • 僕はハクキンカイロ
  • 相方はホッカイロ
  • 子供たちは湯たんぽ

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと