キャンプ用のテーブル選びは奥が深い|ロースタイル

キャンプ用品

キャンプ用のテーブル選びは奥が深い

たかがテーブルと思っていましたがサイズや素材・用途で使いやすさが変わるので、キャンプ用のテーブル選びは中々奥が深いです。キャンプ用のテーブルもイスに負けず買い換え率が高く、買い替えだけではなく気がつけば数も増えていました。

我が家のキャンプ用テーブル

目次【本記事の内容】

キャンプ用のテーブルが増える理由

そもそもテーブルやイスにはロースタイルとハイスタイルがあるので、どっちのスタイルでいくのかがブレてしまうと、根こそぎ買い換えないといけなくなるというおそれがあります。

我が家は当初からロースタイルでそこはブレていないのに、こんなに買い換え(買い足し)ているのでまったく説得力がありませんが(苦笑)

現在、我が家のキャンプ用のテーブルはこれだけあります。ベーシック、コンパクト、多機能というジャンル別に整理するとこんな感じですね。

  • ハイランダーのロールトップテーブル(90㎝)×2|ベーシック
  • ユニフレームの焚火テーブル|コンパクト
  • スパイスのバンブーテーブル|コンパクト
  • スノーピークのジカロテーブル|多機能
  • ネイチャートーンズのカフェテーブル|多機能
  • ネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブル Sサイズ|多機能

いまも7つのテーブルがあるのに既に手放したテーブルもあります。手放した理由は相方に聞かないとわかりませんが想像はつきます(苦笑)

  • コールマンのテーブル(モザイク柄)
  • コールマンのロールトップテーブル(120㎝)

キャンプ用のテーブルがどんどん増えてしまった理由と合わせて各テーブルのレビューをみていきましょう。

ハイランダーのロールトップテーブル

上に色々載っててわかりにくいですが、これがハイランダーのロールトップテーブルです。

ハイランダーのロールトップテーブル

天板と脚は天板に付いている黒いゴムの力で留まるようになっています。ゴムが劣化していくと修理はできるのか?は気になっています。

下から見たハイランダーのロールトップテーブル

専用のバッグには仕切りが付いていて使いやすいです。今は若干改良された2が販売されています。少し値上がりしたみたいです。

ハイランダーのロールトップテーブルのバッグ

全身ウッドのテーブルを探していた時に見つけたのがINOUTのCross Table(¥46,500)やTurtle Table(¥95,000)でした。他だとCielBleuの Rolltop Table。いや~どれも高いですね。。我が家はまだ子供が飲み物をこぼしたり落書きもするし、もう少しお手軽なものでいいやとあせらずに探していました。

確実にこぼしたり、汚したりしそうでしょ(笑)

そんなときに毎回売り切れ必須のハイランダー(Hilander)のロールトップテーブルが再販されるという噂を聞きつけて販売と同時にポチりました。なぜか2つも。相方に理由を聞くと、1人2つまでだったからだそうです。

ユニフレームの焚火テーブル

ユニフレームの焚火テーブル

焚火テーブルのおすすめポイント

ユニフレーム(Uniflame)の焚火テーブルはキャンパーの間では超定番ですよね。我が家でもめちゃくちゃ活躍してます。

  • 表面が金属なので熱いものが置ける
  • 畳むとコンパクトになる
気兼ねなくスキレットが置ける焚火テーブル

小さすぎずサブテーブルとしても丁度いいサイズなので、もう1個あってもいいなと思います。

焚火テーブルの少しだけ気になるところ

足の取り付け方がシンプルで組み立てるのはとても簡単ですがその分外れやすいです。経年劣化で留め具の隙間が広がってきているのも理由です。単なる使い過ぎですね。

留め具の隙間が広がってきた焚火テーブル

留め具をペグハンマーで叩いたら外れにくくなりました。強く叩きすぎないように気をつけてくださいね。

スパイスのバンブーテーブル

陰ながら大活躍してくれるのはスパイス(SPICE)のバンブーテーブルです。子供がレジャーシートに座ってご飯を食べたり遊ぶのにちょうどいい高さ(約22㎝)です。

スパイスのバンブーテーブル

バンブーテーブルのおすすめポイント

高さが低いので2つのテーブルの間に置くと、ティッシュや調味料を置くのにちょうどいいサイドテーブルとして重宝しています。写真を撮るときに写したくないペットボトルや子供のおもちゃをさっと除けるのも楽勝です(笑)

ジカロテーブル(左)とハイランダー(右)の間に置いたバンブーテーブル

小振り(約W60 D30 H22㎝)なのでテントの中で使ったり、バンの荷室で子供が遊ぶときにも丁度いいサイズです。持ち運びが楽なので公園に行くときもよく使っています。

バンの荷室に置いたバンブーテーブル

バンブーテーブルの少しだけ気になるところ

使い過ぎて天板の色が剥げてきました。いつのまにか足を固定するネジが1つ無くなっていたので、適当なサイズのネジを見繕って付けておきました。あまり耐久性が高いものではありませんが、シンプルな構造なので自分で簡単にメンテナスできるのも魅力の1つと思えば楽しめます。

スノーピークのジカロテーブル

スノーピーク(Snowpeak)のジカロテーブルは真ん中に焚火台が置けるように作られているので、ワンポールテントの中央で使うことができます。ストーブを囲うように置けば小さい子供が火傷しないような柵としても使うことができます。焚火台を入れて使うように作られているので熱にも強く安心です。

ワンポールテントでも使いやすいジカロテーブル

中央が広くなるように組めばスノーピークの焚火台Lサイズがいい感じに収まるようになっています。逆向きに組むとフジカハイペットを入れて使うのに丁度いいのです。

内側が広くなるように組んだジカロテーブル

関連|焚火台は重くてもLサイズが使いやすい【スノーピーク】

内側が狭くなるように組んだジカロテーブル
フジカハイペットとジカロテーブル

ジカロテーブルは4つのネジで簡単に組み合わせることができるのでこんなアレンジもできます(この画像はネジを2箇所のみ留めています)。

変則的に並べたジカロテーブル①
変則的に並べたジカロテーブル②

ジカロテーブルの少しだけ気になるところ

ステンレス製なので木のテーブルと違って温かみは感じません。クールなのは見た目だけでなく冬場は冷え切ってしまうと手を置くのをさけたくなります。木で天板を自作する人がいるのもそういうことが関係していると思います。

中央が開いているので普通のテーブルとして使うには少し工夫がいります。埋めるためのパーツがハウスメーカーから販売されているようですが、段差が気にならなければ焚火テーブルが使えます。

ジカロテーブルと焚火テーブル

ネイチャートーンズのカフェテーブル

ネイチャートーンズ(NetureTones)のフォールディングカフェテーブルです。テーブル中央に取り付けることができる金具にシェラカップやランタンを掛けることができます。

ネイチャートーンズのフォールディングカフェテーブル

また、テーブルの上をさっと片付けたい時に脚に付けたラックが重宝します。このラックは取り外しができるので畳むと想像以上にコンパクトになってちょっとした隙間に収納できます。

ネイチャートーンズのフォールディングカフェテーブル(畳んだ状態)

我が家はバンの2列目シートの後ろの隙間が定位置です。

2列目のシートと荷室に置いたコットの隙間に収納しています

ジカロテーブルの中に焚火テーブルを入れてジカロテーブルの下にはネイチャートーンズのフォールディングカフェテーブルを置いてみました。バラバラで買ったのにピッタリでビビります。

ジカロテーブルとフォールディングカフェテーブル

ネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブル

これがテーブル?って思うかもしれませんがネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブルです。

ネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブル

実は天板部分を広げることが出来るんですよね。

サイドアップボックス&テーブル(広げた状態)
ネイチャートーンズのサイドアップボックス&テーブル(手前)

中央の部分は蓋になっていてぱかっと開きます。

サイドアップボックス&テーブル(天板を開けた状態)

中にはポットやカップなどを入れています。撤収の最後にコーヒーを飲んで帰る。に憧れていて、このテーブルは最後に車に仕舞えばいいようにしていますが現実は撤収に手間取ってなかなか実現できていません(苦笑)

お茶セットを入れているサイドアップボックス&テーブル

バンの2列目の足元に置いてもちょうどいいサイズです。

2列目足元に置いたサイドアップボックス&テーブル (奥)

蓋の上にガスコンロを載せることが多いのに中の物を取り出すには蓋を開けないといけないのでだんだん使いにくさを感じるようになりました。そこで、ここにはキャンプ場に着いたらすぐに取り出すものを入れることにしました。このトレーごと全部取り出したらもうこの蓋を開ける必要がありません。

この中で一番使うのはキッチンペーパーなんですが、そのままでも隙間から取り出せるようになりました(笑)

番外編|木箱テーブル

デリカカーゴに乗り換えて積載に余裕が出たので家で若干持て余していた木箱をキャンプに持って行ってみたらジカロテーブルのサイドテーブルや朝のコーヒー用として大活躍してくれます。

木箱テーブルをサイドテーブルに
木箱テーブルでコーヒーを楽しむ

ただし、この箱が大容量なのでついついキャンプ用品を入れ過ぎてしまうと積み下ろしが億劫です。

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!