焚き火をもっと楽しむ5つのこだわり|初心者向け

キャンプ用品

キャンプじゃなくて焚き火をしにいく。
焚き火ができないならキャンプに行かない。

これは極端かもしれませんが、キャンプの醍醐味は焚き火と断言する人が多いです。僕の場合、花より団子じゃないけど焚き火が楽しいのはやっぱりお酒があってこそだと思っています。

お酒が飲めても飲めなくても。みんな大好きな焚き火をキャンプ初心者がさらに楽しむためのこだわりをいくつかご紹介します。

  • 薪にこだわる
  • 火にこだわる
  • 道具にこだわる
  • お酒にこだわる
  • 肴にこだわる

薪にこだわる

薪にこだわるといっても丸太を斧で割って自分の手で薪にしたいというこだわりではありません。

落ちている木・枝を拾って薪にしたい派です。単なる貧乏性ともいいます(笑)

燃やす木にお金を払う感覚が未だにしっくりきません。田舎者だからでしょうね。

可能なら焚き木を拾いに行くのが設営後の楽しみだったりします。

注)国立公園内のキャンプ場など落ちている木であっても勝手に燃やしてはいけない所があるのでご注意ください。

設営は手伝ってくれない子供達も薪拾いは喜んで付いてきます。あるときはせっせと木の枝を集めていたら、そんなんじゃ15分も持たないわと相方に突っ込まれたので・・

子供達と一緒に見つけてきましたよ。でっかいやつ!

焚き火台Lからはみ出すくらいのボリューム

スノーピークの焚き火台Lからはみ出すくらいなのでかなりでかいです。これなら15分とは言わせない。

むしろ燃やしきれるのか?という感じ(汗)

とにかく子供達は薪は山に拾いに行くものだと思ってくれることでしょう。

拾った木を薪にするのにノコギリで切ることもあります。長年使っていた切れないノコギリでしたが、相方がゴムボーイという折り畳み式のノコギリを買ってくれたので使うのが楽しみです。

火にこだわる

BBQと違って慌てて火を起こすものでもないので、トーチを使ってボーボーと着火するのは焚き火には似合いません。

かといって火種から起こしたことはほとんどありません。エセ焚き火好きなので大目に見てください(苦笑)

拾ってきた木なのに着火剤を使うのが嫌なので(もったいないので) 、焚き木と一緒に燃えやすい松の枝も拾ってきます。

松の脂がついてるのでいい燃料になります。

またもや貧乏性アピールになってしまいましたね(笑)

子供と火で遊ぶ

うちはオール電化なので子供達はキャンプ以外で火を見たことがありません。

友達と一緒のキャンプのときは、ふざけて危ないので火から遠ざけてますが、家族だけのときは真剣に火遊びをさせます。

真剣なのは僕だけで、きゃっきゃ言って楽しそうでしたね(^^♪

夜も真剣に火遊び指導中!

道具にこだわる

うちわを使うのもバーナーで一気に着火するのもいいと思います。

ただし、それはバーベキュー(炭)の話。

焚き火はちょっと違う。

そもそも「慌てる」という言葉が似合わないのが焚き火じゃないですかね。

ゆったりと燃える火を見ながらゆるゆるとお酒を飲んだり、話をしたり。

薪を追加するときに燃えている薪の角度を変えて、火を調整する。火を育てている感覚とでも言うんでしょうか。この手間が楽しいし焚き火の醍醐味だと思います。

話が盛り上がってときに火が消えかけてしまうようなことがあっても団扇もバーナーもお呼びじゃない。

そんなときに使いたいのがファイヤーブラスターです。火吹き棒、ふいごとも言います。

はじめて実物を見せてもらったときは真夜中にも関わらずテンションあがりましたね~。

ファイヤーブラスターの実物を見てテンションが上がったキャンパー達

ファイヤーブラスターがあれば綺麗に燃やしきれます(^^)

ファイヤーブラスターで完全勝利

お酒にこだわる

お酒は嗜好品なので好きな人が好きに飲めばいいと思います。

僕の場合、焚き火のお供は泡盛です。泡盛の中でも焚き火にはスモーキーな樽熟成泡盛が合うと信じています。

焚火で身体を燻されながらスモーキーなお酒を飲む。最高じゃないですか。

お酒にこだわるといえば、好きが高じてオリジナル泡盛を2つ造りました。

2回目はこんなプロジェクトを立ち上げてクラウドファンディングに挑戦しました。達成の喜びも相まって焚き火を見ながら飲むシングルカスクの原酒の味わいは格別です。

肴にこだわる。

アルミホイルで包んだ芋を焼いたり、串に刺した魚を焼いたり。炭もいいけど焚き火で料理するのもいいですよね。

いつかやってみたいのが岩魚を焼いて骨酒にすることです。

これはかつおの藁焼きの写真です。焚き火の上で藁を燃やして、藁を燃やした熱と煙で燻し焼いています。

炭火と違って直火は扱いにくいので火加減が難しいのですが、それも極めてもっと焚き火を楽しみたいと思います。

ちなみに藁はじゅんいちダビッドソンと同じくアマゾンで買ったそうです。

野生の保険屋さんがカツオの藁焼きに挑戦

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと