キャンプの醍醐味|焚き火の3つの楽しみ方

キャンプ用品

キャンプに行くではなく、焚き火をしに行く。焚き火ができないならキャンプに行かない。

これは極端かもしれませんがキャンプの醍醐味は焚き火と断言する人が多いのは事実です。僕の場合は花より団子じゃないけど、焚き火が楽しいのはやっぱり美味しい料理とお酒があってこそ。キャンプがもっと楽しくなる焚き火の3つの楽しみ方を紹介します。

目次【本記事の内容】

1.火起こし

普段できない火遊びを子供とするのも僕の焚き火の楽しみ方です。我が家はマンション暮らしでオール電化なので子供達はキャンプ以外で火を見たことがありません。友達と一緒のキャンプはふざけて危ないので火から遠ざけていますが家族だけのキャンプは真剣に火遊びをさせます。

  • ①サバイバルスタイル
  • ②標準的キャンプスタイル
  • ③ズボラキャンプスタイル

①サバイバルスタイル

野良スティックとフェザースティック

マッチ、ライターを使わずにイチから火を起こそうというサバイバルスタイルです。火花を出すのに使っているのは可燃性の高いマグネシウムなどの金属でできているメタルマッチです。野良スティックは野良道具製作所のサイトに書いてある、デカさは正義を何の違和感もなく納得してしまう位に大きな火花が出ます。

野良スティックで火花を出す

野良スティックは大きな火花が出ますが子供にはちょっと難しい。というか僕もなかなかつかない。。

火花を木くずと麻紐に着火します。木くずはフェザースティックを作るときに出る木くずをためておきます。火種に着火できたらそれをフェザースティックに移します。

フェザースティックを作るときに出る木くず

フェザースティックは細く割った杉の薪をモーラナイフで削って作ります。だいぶそれらしく作れるようになりましたがまだまだ練習が必要なようです。長めの方が削りやすいです。節や虫食いのない柔らかい木を選ぶのもポイントです。

モーラナイフでフェザースティック作り

フェザースティックに着いてしまえばひと安心。

フェザースティックに着火

ここまでが火おこしのポイントで火種に優しく優しく風を送らないと消えてしまいます。次男が焚き火にハマっているんですが特に火吹き棒(ファイヤーブラスター)がお気に入りのよう。吹きたい気持ちはわかるけど加減がまだわかってないので強すぎて消えちゃう。。

頼むからもっと優しく吹いて!

焚き火に「慌てる」という言葉は似合いません。

ゆったりと燃える火を見ながらゆるゆるとお酒を飲みながら、薪を追加するときに燃えている薪の角度を変えて火を調整する。火を育てる感じとでも言うんでしょうか。この手間が楽しいし焚き火の醍醐味だと思います。

話が盛り上がっているときに火が消えかけてしまうことがあっても団扇もバーナーもお呼びじゃない。そんなときに使いたいのが火吹き棒、ふいごです。はじめてファイヤーサイド ファイヤーブラスターを見せてもらったときは真夜中にも関わらずテンションあがりました!

ファイヤーブラスターの実物を見てテンションが上がったキャンパー達

火吹き棒があればここまで綺麗に燃やしきれます。

ファイヤーブラスターで完全勝利

②標準的キャンプスタイル

キャンプの火起こしといえばライターと着火材が定番です。

ハイチャッカー

ライターはMr SYUさんのYouTubeを見た相方が欲しくなったイムコのライターを使っています。風防とロゴのあり・なしでいくつかバリエーションがあるようですが、風防ありのロゴなしを選びました。メタルマッチで遊んでいる余裕がないときに使ってます。

イムコ・スーパー@ライター

着火した後で弾丸型の部分が本体から外せるので着火しやすいです。

相方にせかされて一刻も早く火を起こしたいときは人工の着火剤のお世話になっていますが、できれば自然の着火剤を使いたいと思っています。松の枝には松の脂がついてるので着火剤代わりのいい燃料になります。

イムコで着火
松の枝は良く燃える

都会育ちの子供達は「もう虫は卒業した」と言うくらいなので、ほっといたらこんな知識に触れる機会はないだろうと思って松の枝が落ちているとだいたい拾います。

箱一杯の松の枝

③ズボラキャンプスタイル

薪が湿気っててなかなか火が着かないときや一刻も早く火を起こしたい時はカセットガス式トーチでボーボーに燃やします。これは流石にまだ子供達には触らせられません。我が家はSOTOのフィールドチャッカーを使っています。

SOTOのフィールドチャッカー

2.薪割り

かなりゴツイ薪もあるのでそのままで火をつけるのも難しいし、火力を調整しようと思うと細くしたり短くしたり加工する必要があります。薪割り機もありますが原始的に斧とノコギリで薪割りをしています。面倒くさいと思っていた薪割りでしたがコツさえわかると楽しくなります。子供に手伝ってもらうことでキャンプ以外ではあまり触ることのない道具の使い方も覚えてもらおうと思っています。

杉の薪
コナラの薪
  • ①斧とノコギリ
  • ②薪割り機

斧とノコギリでコツコツ編

薪割りは次男がノリノリで手伝ってくれますがこんな斧の使い方はNGですよね。

ペグ用のハンマーでハスクバーナの手斧(38cm)をコンコンと叩いて薪に斧を打ち込んで。

薪に食い込んだ斧を薪割り台に一気に振り下ろします。上手く決まるとパッカーンと綺麗に割れて気持ちがいいです。ちなみに薪割り台は専用ではなくひっくり返したスウェーデントーチです。

長い薪を切ったり拾った木を薪にするのにノコギリを使っています。ホームセンターで買ったノコギリを長いこと使ってましたが、相方がゴムボーイ(GOMBOY)という折り畳み式のノコギリを買ってくれました。

ゴムボーイ

スウェーデントーチを台にするとこの溝が凄く切りやすいです。

スウェーデントーチを台にして

薪割り機でラクラク編

アメトークで観てずっと気になっていた薪割り機(ファイヤーサイド キンドリングクラッカー)です。飯地高原自然テント村に置いてあるのを使ってみると簡単すぎて感動しました。

ファイヤーサイド キンドリングクラッカー

上からペグ用のハンマーで叩くだけで簡単に焚きつけ用のサイズに割ることができました。

ファイヤーサイド キンドリングクラッカーとハンマー
キンドリングクラッカーで割った焚き付け用の薪

針葉樹には使いやすくても広葉樹のような堅い薪には歯が立たないので油圧式の薪割り機もあります。

油圧式の薪割り機

薪割り機に付いた2本のレバーを前に倒すと油圧で赤い部分が前方に出て薪に圧力がかかる仕組みです。僕もチャレンジしてみましたがコナラは想像以上に堅くて、杉がパカンと割れるとしたらコナラはミシッと割れるイメージで最後は手で引きちぎって二つにします。この感じ伝わってますかね。節がある薪はめちゃくちゃ堅くて薪割り機でも割れないものもありました。自分で割ってみてコナラは火持ちが良いと言われるのが納得できました。

油圧式の薪割り機に挑戦

コラム|薪は拾うもの

買うよりも落ちている木・枝を拾って薪にしたい派です。田舎者だからでしょうね。燃やす木にお金を払う感覚がどこかでしっくりきません。可能なら焚き木を拾いに行くのが設営後の楽しみだったりします。単なる貧乏性ともいいます(笑)

注)国立公園内のキャンプ場など落ちている木であっても勝手に燃やしてはいけない所があるのでご注意ください

設営は手伝ってくれない子供達も薪拾いは喜んで付いてきます。せっせと木の枝を集めていたら、そんなんじゃ15分も持たないわと相方に突っ込まれたので・・・子供達と一緒に見つけてきましたよ!でっかいやつ!

焚き火台Lからはみ出すくらいのボリューム

スノーピークの焚き火台Lからはみ出すくらいなのでかなりでかいです。これなら15分とは言わせない。むしろ燃やしきれるのか?という感じ。

これで子供達は薪は山に拾いに行くものだと思ってくれることでしょう。なんだか貧乏性アピールになってしまいましたが、否定はしません(苦笑)。だから薪にこだわりはありませんが湿気っていてなかなか燃えない薪はイラっとします。値段が安い薪はやっぱりはずれを引きやすい印象があります。

3.直火料理

  • ①焚き火料理
  • ②スェーデントーチでワイルドに
  • ③焚火酒

焚き火料理入門編

直火は炭火に比べると火加減が難しいのですが、ワイルドな焼肉になります。

焚き火で肉を焼く

網ではなくスキレットを使うと火力の調整がしやすいです。

南部鉄器のスキレットでステーキを焼く

これはかつおの藁焼き。友人の野営家 野生の保険屋さんが焚き火の上で藁を燃やして藁を燃やした熱と煙で燻し焼きにしています。ちなみに藁はアマゾンで買ったそうです。

カツオの藁焼きに挑戦

これは遠火で吊るしたベーコンを炙りながら牛乳を温めています。

焚き火でベーコンを炙って牛乳を温める

炭もいいけど焚き火で料理するのもいいですよね。いつかやってみたいのは焚き火で岩魚を焼いて骨酒にすることです。龍の子太郎の影響を受けています。

スェーデントーチで豪快編

スェーデントーチ

丸太を加工したスェーデントーチはキャンプファイヤーやコンロとしても使えます。

切れ目に入れた着火材に着火

しっかり火が着いて落ち着いたと思ったら一気に火柱があがります。ここまで上がるとは思いませんでした。

パエリア作り
スキレットでチキンステーキを焼く
スェーデントーチで作ったパエリア

本来的な使い方以外にもノコギリ用の台、薪割りの台、足置き、ウォータージャグ置き、テーブル、イスとしても使えます。なので、いつまでも本来的な使い方ができなくてバンに乗ったままです。

ウォータージャグ台にしたスェーデントーチ

お好きな人は焚火酒編

お酒は嗜好品なので好きな人が好きに楽しめばいいと思います。僕の場合は焚き火のお供は泡盛です。泡盛の中でも焚き火にはスモーキーな樽熟成泡盛が合うと信じています。焚火で身体を燻されながらスモーキーなお酒を飲む。最高じゃないですか(笑)

ToRETOUR CASK223と焚き火

お酒にこだわりすぎてクラウドファンディングに挑戦してこんなお酒を造りました。達成の喜びも相まって焚き火を見ながら飲むシングルカスクの原酒の味わいは格別です。

焚き火料理を極めてもっと焚き火を楽しみたいと思います。


  • ①メタルマッチ
  • ②ライター
  • ③着火剤
  • ④カセットガス式トーチ
  • ⑤ナイフ
  • ⑥ノコギリ
  • ⑦斧
  • ⑧火吹き棒
  • ⑨薪とスェーデントーチ
次男が並べてくれた我が家の焚き火セット

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!