スノーピークの焚火台は重くてもLサイズが使いやすい

キャンプ用品

キャンプ歴を重ねていくうちにどんどんコンパクトになっていくキャンプ用品の中にあって例外もあります。めちゃくちゃ重くても大は小を兼ねる!と声を大にして言いたいのが焚き火台です。キャンプを始めるときに買ったスノーピークの焚火台Lをずっと使い続けています。

スノーピークの焚火台を選んだ理由

家族でキャンプを始めたいと思った頃、何かの雑誌で見た囲炉裏風のテーブルを囲んでワイワイ楽しむキャンプのスタイルに憧れました。

ラウンジシェル@スノーピークのカタログ

こんな雰囲気で泡盛飲みながらワイワイ楽しめたらサイコーじゃやん!と思って調べてみると、スノーピークのラウンジシェルっていうテント兼リビングでした。カタログをゲットしてじっくり見てみたらお値段が189,000円(税別)で、完全に予算オーバー。

こんなことも書いてあったので、キャンプ初心者にはハードルが高いよなぁと諦めました。

※ラウンジシェルは取扱講習を受けた方のみが使用できる商品です。

それにラウンジシェルの中にテントを吊るすことになるので、もうひとつ別にテントを買わないと子供が寝る場所と宴会場がかぶってしまうのでまったく現実的じゃなかったのも理由です。

ラウンジシェルは諦めましたがすっかりスノーピークの世界観に惚れてしまいカタログを舐めまわすように見ているときに、ジカロテーブルにビビッ!と来ました。

手垢がつくほど読み込んだスノーピークのカタログ

ジカロテーブルを囲むように座ればラウンジシェルのような雰囲気が楽しめる!と思って、キャンプ用品を揃えるときに僕がどうしても欲しかったのがジカロテーブルでした。

ジカロテーブルでボタン鍋

関連|キャンプ用テーブルおすすめ6選|ロースタイル

このジカロテーブルの真ん中に納まるように作られているのがスノーピークの焚火台なのです。

ジカロテーブルと焚火台@スノーピーク

キャンプを始めたときは長男が2歳になったばかりで焚き火よりもバーベキューがメイン。メンバーは僕、相方、長男、義母という完全なるファミリーキャンプだったので夜はだいたい早く寝てました(笑)

焚き火のためというよりはジカロテーブルと一緒にバーベキュー台として使うためというのが、スノーピークの焚火台Lを購入した理由です。

焚火台Lの良かった点

スノーピークの焚火台L

焚火台グリルブリッジと焼アミProLを買えば焚火台Lはバーベキュー台としても使えます。兼用できるのは荷物が増えすぎたキャンパーにはありがたい限り。中央の四角が大きくなるようにジカロテーブルを組み立てると焚火台Lが、ピッタリ納まるようになっています。

ジカロテーブルと焚き火台Lでバーベキュー

ピッタリといいながら上の画像ではだいぶ余裕があるように見えますが、このくらい隙間がないとジカロテーブルが熱々になるので丁度良いと思います。

スノーピークの焚火台はS・M・Lの3種類あります。グループキャンプのバーベキューで使うことが多いので焼く面が大きいLサイズにして正解でした。

ちなみに焚火台Sは薪をのせた時に焚火台からはみ出したり、落ちてしまうこともあると焚火台Sを使っている友人に教えてもらいました。

焚き火をしながら僕はついつい寝落ちします。灰が落ちないか気にしながらじゃおちおち寝落ちもできません(苦笑)。あまり気を使わずに焚き火を楽しみたいなら余裕があるLサイズが使い易いと思います。

焚火台Lとファイヤーブラスター

焚火台も大は小を兼ねる

花火は焚火台の上ですると火の不始末の予防にあるので安心です。こういうときも大きい方が重宝します。

焚火台Lの上で花火を楽しむの図

サイズ感は伝わりにくいかもしれませんが、こんないかつい木の根っこが載せることが出来るのもLサイズの醍醐味です(^^)

焚火台Lならいかつい木の根も乗ります

焚火台Lは本気を出すと薪の消費が半端じゃないです。あまりの大きさに普段使いが出来ず15年くらい持て余していたドゥニームのデニムバックは、この度、薪入れとして再出発することになりました。サイズもマチもゆったりでかなり使いやすい。薪がたっぷり収納できるサイズが丁度いいくらいです。

薪がたっぷり入るドゥニームのデニムバック

何年もキャンプしてて今まで気がつかなかったのが不思議です。良い生地なのでバリバリに縦落ちする予感がします。

焚火台Lの少しだけ気になる点

大は小を兼ねると聞けばLサイズを選びたくなるところですが、実は焚火台Lは重さが5.3kgもあります。まあ焚火台だけの重さならしれてますが、実際にバーベキュー台としても使おうとすると付属品がこんなに必要なので・・・

  • 焚火台L|5.3kg
  • 炭床ProL|3.9kg
  • 焚火台ベースプレートL|1.9kg
  • 焚火台ベースプレートスタンドL|1.8kg
  • 焚火台グリルブリッジL|1.7kg
  • 焼アミProL|1.56kg
  • 焚火台Lコンプリート収納ケース|0.6kg

重さはなんと!約17kg!

僕が普段行くのはオートキャンプ場なので焚火台を運ぶシーンはほとんどありませんが、炭捨て場までの距離が遠いキャンプ場だと焚火台L(5.3kg)と炭床ProL(3.9kg)と一緒に残った炭を捨てにいくのはけっこう大変かもしれません。

僕はバーベキューの途中で炭床(3.9kg)を取って焚き火に切り替えるので、炭捨て場に捨てにいくときは焚火台(5.3kg)と灰だけになるようにしています。バーベキューではなく焚火がメインならあまり気にしなくていいかもしれません。

スノーピークの焚火台Lはかなり気に入っているのですが、車中泊でできるだけ荷物を減らしたい日用に簡易な焚き火台も欲しいです。

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!