折りたたみ式のキャンプマットは設営・撤収が簡単すぎる。

キャンプ用品

キャンプで熟睡できるかどうかのポイントはマット選びです。

マットは地面の凹凸を緩和するだけでなく地面からの寒さも防いでくれます。冬キャンプを始めて痛感したのは、地面の冷たさは殺人的ってことでした。

よく底冷えとか言いますがまさにそんな感じ。しんしんと冷えてくるんですよね。そして体温を奪っていく(笑)って笑えないし!

我が家は長らくコールマンのインフレータブルマットを使っていましたが、サーマレストに買い替えました。寝心地がどうとか言いましたが理由はこちらです!

キャップマットは寝心地よりも設営・撤収の手軽さ重視

目次【本記事の内容】

サーマレスト クローズドセルマットレスのレビュー

キャップマットはサーマレストのマットを4枚使っています。

  • クローズドセルマットレス Zライト ソル レギュラー×2
  • クローズドセルマットレス Zライト ソル スモール×2

相方はサーマレストのクッション性を気にしていましたが、コールマンのエアマットからサーマレストに変えても問題なく使っています。

いつでもどこででも、歯医者の診察台でも寝れる(笑)僕は、そもそもキャンプの寝心地のことは気にしてません。そんな感じの方ならマットはごく簡易なものでも十分だと思います。

寝心地が悪いと思いませんが、エアマットと比べるとクッション性は落ちるのかなと思います。仮にクッション性は落ちたとしても、そこを補って余りあるのがこの2点です!

  • 設営・撤収がめっちゃ簡単
  • コンパクト!軽い!

設営・撤収が簡単すぎる!

サーマレストは畳んだり広げたりするだけなので、設営も撤収もパタパタパタの一瞬で終わります。真夏でも涼しい顔をしたままあっという間です。

夏場は銀面(アルミ)を下向きに敷きます。

コールマンのインフレータブルマット(エアマット)を汗だくになりながら空気を抜いて、丸めて撤収していたのとは大違いです。←遠い目

冬場は銀面(アルミ)を上向きに敷きます。

まだ洗ったことはありませんが、素材を見る限り汚れても洗う・乾かすのも簡単だと思います。

Zライトソル|アコーディオンのように折りたたんで収納できる3シーズン用のクローズドセルマットレスです。表側にはアルミを蒸着。アルミ蒸着なしのモデルと比較して、断熱性が20%向上しています。折りたたみ式は広げるのも収納するのも素早くできるので、たとえば短い休憩でも、さっと出してストレスなく使用できます。

株式会社モチヅキのサイトより

積載にもやさしい。

畳むとコンパクトになるので車の積載にかなりやさしいです。

ちょっとした隙間に収納できるサーマレスト

とても軽いので子供でも軽々と4つ(スモール×2・レギュラー×2)持てます。

4つで1,400gって軽すぎ!
テーブルの上に載せても余裕です。

クローズドセルマットレス Zライト ソルのスペック

  • スモール|51×130×2cm|収納時51×13×12cm|重量:290g
  • レギュラー|51×183×2cm|収納時51×15×13cm|重量:410g

車中泊が快適に進化!

テント泊だけなら買い替える理由としては弱かったのですが、車中泊をするようになって車内で空気を入れる・抜くという作業をかなり負担に感じるようになったのが買い替えを決めた最大の理由です。

サーマレストなら車中泊の準備・片付けも一瞬!

2列目シートベッド化計画

バンの2列目シートを子供用のベッドにしたい!
思いつきで床の部分にストレージチェアを3つ並べたら・・・なんと!2列目シートが175㎝の大人も寝れるベッドになりました!
正直、ちょっとだけ狭いです(笑)

» この記事を読む

余談です|小さめのサーマレストも使える

たまに行くキャンプ場がけっこうな小石サイトでさすがに寝にくかったので、車で使っている座布団を腰のところに敷いて寝たらめちゃくちゃ快適になって腰回りのクッション性は大事だなと実感しました。

子供がマイコプラズマ肺炎で入院したときに付き添い入院用のベッドが折り畳み式の簡易ベッドで確実に腰が痛くなりそうだったので、小さめのサーマレストを使ってみました。

病院のベッドにサーマレストを敷いてみた

座布団サイズのサーマレストのマットを腰のあたりに2枚敷いて寝たら快適でした(このサイズは登山用?)

快適さはエアマットにはかないませんが、病室でエアマットというのは大層で気後れしますしね。このサーマレストは広げて畳むだけなのでノーストレスです。

コールマンのエアマットを手放した理由

キャンプを始めるときはクッション性を重視してコールマンのインフレータブルマット(エアマット)を買いました。

開栓しておくと勝手に空気が入って膨らみます。気温の高い時間に開栓しておけば寝るときにはパンパンになっています。

バンの荷室でも快適に寝ることができるクッション性

クッション性はいいのですが、その分空気を抜くのが手間でした。夏場は汗だくになって頭がクラクラしながら空気を抜いていました。

楽に空気を抜けると聞いて電動式のエアーポンプを買いましたが、すぐに壊れてしまったのもコールマンのマットを手放す追い風になりました。

ちなみにコールマンのインフレータブルマットはシングルが2つ、ダブルを1つ持っていましたが、大人2人幼児2人ならシングルとダブル1つずつで足りたので、シングル1つは持て余していました。しかも、シングル2つでもだいぶ積載を圧迫します(汗)

コールマンのインフレータブルマット シングル×2

インフレータブルマット(エアマット)はクッション性がいい反面、空気を抜く作業が面倒なのと、かさばるのが買い替えを決めた理由です。

余談ですが。

インフレータブルマット買って1年くらいしたときにコールマンからスナップ付が出ました。寝ている間にマットがずれるので複数枚を並べて使うならスナップはあった方がいいと思います。

それと枕付きのマットもありますがあの枕はいらないと思います。枕かクッションを別に用意した方が快適です。ちなみにインフレータブルの枕を使ってますが、やっぱり空気を抜く作業が面倒です(苦笑)

コットという選択肢もある。

車の積載とテントに余裕があればコットという選択肢もあります。うちもワイルドワンで買ったコットを1つ持っています。

ワイルドワンのコット

コットは夏場のキャップ用にとメッシュタイプを選んだのですが、夏場は暑いのでほとんどキャンプに行ってません。しかも夏場以外はメッシュ生地だと背中側から風が通って寒いっていう(苦笑)

でも寒いのはラグを敷けば簡単に解決するので、メッシュ生地で良かったと思っています。

ペンドルトンのラグを敷いたコット

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと