マキノ高原キャンプ場のレビュー

キャンプ場

滋賀県高島市にある「マキノ高原キャンプ場」のレビューです。

  • 住所|〒520-1836 滋賀県高島市マキノ町牧野931

我が家は子供2人の4人家族。キャンプ歴は8年目で車中泊を含めて86泊しています。本記事はマキノ高原キャンプ場を5回利用してみての率直な感想です。

  • キャンプ1泊2日|1回
  • キャンプ2泊3日|4回

目次【本記事の内容】

こんなキャンプを楽しみました。

  • パチンコ作り
  • 花火
  • 凧揚げ
  • ダッチオーブンでチキンの丸焼き
  • 串カツ
  • 泡盛BAR
  • outing camp2018
パチンコ作り@マキノ高原

この年最初で最後の花火。近所に包丁を持ってウロウロしている人物が出没しているとかで、ずっとできなくて仕舞い込んでたら湿気ってて全然火が着かなかった。焚き火台の上でするのはあわよくば焚き火に着火させようっていう下心です。

凧揚げ@マキノ高原
チキンの丸焼き@マキノ高原
串カツとローストビーフ@マキノ高原
泡盛bar@マキノ高原
outing camp2018

マキノ高原キャンプ場のレビューまとめ

アクセス

名神高速道路を京都東I.Cで降りてからの琵琶湖西縦貫道路と国道161号が混んでいて時間がかかることが多いです。いろいろな事情が重なって2020年のシルバーウイークは相当混みました。通常2時間で行けるところが3時間~4時間、一緒にキャンプに行った友達なんて5時間。。いい季節にマキノ高原は行くのはやめようという気分になりました。(大阪在住)

施設紹介

  • キャンプ場内に温泉さらさがあります
  • さらさにはレストランが併設されています

利用したサイト

  • 林間サイト|3回
  • 高原サイト|2回
林間サイト@マキノ高原
高原サイト@outing camp2018

おすすめポイント

  • 高原サイトの解放感
  • 林間サイトも意外とゆったりしている
  • 川遊びが楽しい
高原サイトの解放感はたまりません

場内に流れる川は基本的に浅くて小さい子が遊ぶのにも向いてますが、所々に段差があるので滝登りっぽいこともできます

川遊び@マキノ高原
滝登りに挑戦@マキノ高原

少し気になるところ

  • 高原サイトの傾斜が半端ない
  • フリーサイトは場所取りが殺伐としている(苦笑)

高原サイトは冬季はスキー場のゲレンデになるんでしょうね。平らな場所を選べば問題ありませんが、outingのイベント時は出遅れたのでテントを張った場所がこの位傾いていました。寝る向きに注意しないと子供が転がります(笑)

高原サイトの傾斜@マキノ高原

広さの割にテントを張りやすい場所が少ないのかなと思います。高原サイトは傾斜のせいで平坦な場所が少ないし、林間サイトは丸太や段差でスペースが狭く感じます。今はツールームタイプのテントが人気なので、それなりの広さがないとテントを張りにくいことも関係していると感じます。

2020年のシルバーウィークは「え!ここにテント張っているの?」と驚くような場所に張っているサイトを散見しました。人気があるキャンプ場だからですが、フリーサイトで場所取りが早いもの勝ちだとパチンコ屋の席取りのような殺伐とした雰囲気を感じます。キャンプをする人に悪い人はいないと思えたのはもう過去のことなのか。。

周辺のオススメスポット

大阪からの行き帰りのご飯休憩スポットと琵琶湖の名物鮒寿司のお店を紹介します。

  • 魚治 マキノ駅前店
  • かぶら
  • らーめん与七 堅田本店
  • メタセコイア並木

周辺とは言いませんが、キャンプの中日に長浜・彦根方面に足を延ばしてみようと思った人におすすめしたいお店です。

  • 万国吃驚堂(美容室)
  • 渡邊美術工藝
  • 北近江の湯

魚治 マキノ駅前店

  • 琵琶湖と言えばやっぱり鮒寿司を食べたいですよね
  • 住所|〒520-1813 滋賀県高島市マキノ町高木浜1丁目5−4
鮒寿司のお茶漬け

かぶら

  • 魚治 マキノ駅前店のすぐそばにある定食屋さんです
  • 11時オープンなので早めのランチにおすすめです
  • 住所|〒520-1813 滋賀県高島市マキノ町高木浜1丁目2−9
あんかけラーメン@かぶら

らーめん与七 堅田本店

  • 濃厚な豚骨系なので撤収で疲れた身体に活力を!
  • 3連休の最終日でだいぶ待ちましたがお店の方がとても親切に対応してくれました
  • 住所|〒520-0241 滋賀県大津市今堅田2丁目40−25
濃厚豚骨系な与七のラーメン

メタセコイア並木

マキノ高原周辺の撮影ポイントです。2.4㎞にわたって約500本が植えられているマキノ高原へつながるメタセコイアの並木道です。景色に気を取られますが、通行時は車道にはみ出している撮影者に気をつけましょう!

メタセコイア並木

万国吃驚堂(バンコクビックリドウ)

万国吃驚堂@滋賀県彦根市
  • 万国吃驚堂(バンコクビックリドウ)
  • 〒522-0062 滋賀県彦根市立花町2−40
  • TEL|0120-276-525

某オンラインサロンで知り合ったドラゴンさんの美容室です。彦根なのでマキノ高原からはまあまあ遠いのですが、どうしてもお邪魔したくてキャンプの中日に行ってきました。

某オンラインサロンではライブ配信が共通言語になっているので、はじめましてでしたが(笑)カットしてもらっている様子をライブ配信するという、僕的に攻めた実験に挑戦してみました。ドラゴンさんのカリスマ美容師ぶりが伝わる動画になっておりますので、早送りで後半だけでもご覧ください(^^)

渡邊美術工藝

渡邊美術工藝@滋賀県長浜市

こちらも某オンラインサロンで出会った漆職人のなべさんの工房兼ギャラリーです。なべさんと泡盛を飲みながら漆器についてライブ配信をしながら、泡盛を美味しくいただける漆塗りのお猪口とフリーカップを買いました。

なべさんと@渡邊美術工藝
  • 渡邊美術工藝
  • 長浜市三ツ矢元町15-30
  • TEL|0749-62-3257

キャンプ場に戻ってさっそく漆塗りのフリーカップでオリジナル泡盛を頂きました。口当たりが柔らかくてやちむんや琉球ガラスの酒器とはまた違った味わいで美味しかったです。

夕飯はお寿司@マキノ高原

翌朝は彦根城近くのクラブハリエのバームクーヘンと一緒に珈琲をいただきました。漆器で飲む珈琲は新鮮でしたね~。漆器は落としても割れにくいので、意外でしたが実はキャンプやアウトドアにぴったりなんです(^^)

漆塗りのカップでいただく珈琲とバームクーヘン

北近江の湯(北近江リゾート)

前日はマキノ高原のお風呂(温泉さらさ)が混んでいたので、キャンプ場に戻る途中にどこかで風呂に入ってから帰ろうと思っていたところに、なべさんから北近江の湯を教えてもらいました。

天然温泉 北近江の湯
  • 北近江の湯
  • 〒529-0205 滋賀県長浜市高月町唐川89
  • TEL|0749-85-8888

今までキャンプで行った温泉の中で一番は三重県三重郡菰野町のアクアイグニスでしたが、北近江の湯も勝るとも劣らない広さと快適さでした。おすすめです!

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!