しあわせの村オートキャンプ場のレビュー

キャンプ場

神戸市北区にある「しあわせの村オートキャンプ場」のレビューです。

  • 住所|〒651-1243 兵庫県神戸市北区山田町下谷上中一里山

我が家は子供2人の4人家族。キャンプ歴は8年目で車中泊を含めて83泊しています。本記事はしあわせの村オートキャンプ場を3回利用してみての率直な感想です。

  • キャンプ1泊2日|3回

目次【本記事の内容】

こんなキャンプを楽しみました。

  • 釣りキャンプ
  • 鮎尽くし|塩焼き・鮎ご飯
  • 野外映画館

釣りキャンプ

朝釣った魚を夕飯のおかずにする

こういうのにずっと憧れていました。これがキャンプでできたらサイコーだなと。現地調達でお金を掛けずに、シンプルライフを地でいく感じでカッコいいじゃないですか(^^♪

というわけでこの日は朝日が昇る前から武庫川一文字にいました。

気合いの割に全然つれなくて。。グループキャンプだったので後ろ髪をひかれる思いでキャンプ場に向かいました。途中で買い出しのためにスーパーに寄ったら新鮮なアジが売っていて、思わず手が出たけど我慢しました(苦笑)

研ぎ器も持ち込んで万全の準備でアジと向き合います!

アジをキャンプ場でさばきます!

自宅の流しだと鱗を取るのも飛ばさないようにかなり気を使いますが、サイトにシンクが付いているので魚をさばくのも大胆にそれに片付けも楽です。たった3匹なのもありますが。

キャンプ場のシンクは片付けも楽
アジの刺身となめろうと骨せんべい

グループキャンプで3匹のアジはさすがに少なかったと思います。。実はこれは僕が釣ったアジではなく一緒にいた義兄が釣ったのをもらいました。

ビギナーズラックですが僕がブリを釣ったのは前回の釣りだったかな?こんなのが釣れていたらキャンプの宴はより盛り上がったと思いますが、思い通りにならないのが釣りの面白いところということにしておきましょう。

ビギナーズラックで僕が釣ったブリ

鮎尽くし

こちらは頂き物の鮎です。大きさといい味わいといい今まで食べたことがある鮎と一線を画していてキャンプに行ったメンバーも美味しい美味しいと大絶賛でした。

バーベキューで鮎の塩焼き
はじめての鮎ご飯

野外映画館

電源付きサイトなので恒例の映画館。DVDプレーヤーとプロジェクターを直接繋ぐことができてノートパソコンを持って行かなくても良くなったと相方は喜んでたけど、プロジェクターも仕事用なんですけど。キャンプで観なくてもと思うけど、雨ですしね。

タープとプロジェクターで野外映画館
ペグ掃除@はじめてのお手伝い

しあわせの村オートキャンプ場のレビューまとめ

アクセス

中国自動車道、西宮山口ジャンクションから阪神高速7号北神戸線へ、しあわせの村ランプ下車すぐ。

施設紹介

  • キャンプ場内にお風呂はありませんが、しあわせの村内に温泉健康センター(ジャングル温泉)があります。約1.7kmあるので歩くのはおすすめしません
  • 温泉健康センター内にレストランがあります

利用したサイト

  • 普通車サイト|約110平方メートル
  • AC電源、水道、流し台あり
  • 野外炉があるのでバーベキュー台を持っていなくても大丈夫です
普通車サイト@しあわせの村オートキャンプ場
今はなきトルテュライト@しあわせの村

おすすめポイント

  • 高規格サイト(シンク付き)
  • ジャングル温泉が楽しめる

キャンプに慣れてくると高規格の区画サイトは高いだけなんて思ってしまいますが、たまに利用するとやっぱり便利です。洗い物はすぐにやる気になるし、暗くても鮎の塩焼きの準備もしやすい。

暗闇の中で鮎の塩焼きの準備中

ジャングル温泉は同じ敷地内にあるといっても広大なしあわせの村なので車での移動がマストですが、広いし他にはない滝に打たれるように高い位置から浴びれるシャワーがあって大人も子供も楽しめます。子供がいたので入ってませんがサウナも充実しているようです。

少し気になるところ

  • チェックインが遅い(15時)
  • 広すぎて村内の移動が面倒

チェックイン時間が遅いので午前中に用事があっても、もったいないという気持ちにならずに済むキャンプ場です。早く着いてチェックインまでの時間でトリム園地でたっぷり遊べますが、夏場の暑さの中では早くチェックインしたくなります(苦笑)

周辺のオススメスポット

トリム園地

周辺というかしあわせの村内にあります(オートキャンプ場から約500m)。3回以上行ってみて個人的にオススメの遊具トップ3はこちらです。どれも定番ではありませんが子供達に人気です。

  • イカダ
  • ぐらぐらステップ
  • はいジャンプ

子供達に人気のイカダです。子供だけで乗りたがりましたが3歳の子もいたので落ちないように大人が付き添いました。

イカダ@トリム園地

風雲たけし城(懐)を彷彿させるぐらぐらステップ。次男はぐらぐらするかどうか僕に確認させて、ぐらぐらのにはまったく乗らずに遊んでました(苦笑)

ぐらぐらステップ@トリム園地

大人も夢中になる「はいジャンプ」は垂直跳びの遊具ですね。熱くなってしまうんですけど無理してアキレス腱を切らないように気をつけましょう(苦笑)

はいジャンプ@トリム園地

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!