掛け合わせのチカラに関する記事一覧


掛け合わせのチカラ

「得意分野の掛け合わせが大事」とか「掛け合わせでレアキャラを目指そう」とか言っていますが、司法書士と泡盛の掛け合わせが上手くいった!と実感したのは、憧れていた商工会議所で講師デビューできたときでした。6年間憧れていた商工会議所で講師デビューできたのはそうです!泡盛のおかげです。

掛け合わせのチカラ

あらゆるモノの品質が良くなって、その違いがわかりにくくなった結果、Amazonで買おうと思ってもどれを選べばいいのかわからなくて困ります。難しいと言われた資格や免許だってどんどんコモディティ化が進んでいます。一見すると価値にはならなそうなものが、実は付加価値になるんじゃないでしょうか?

掛け合わせのチカラ

キングコング西野さんの「魔法のコンパス」の中で藤原和博さんの「必ず食える1%の人になる方法」が大絶賛されています。「どういった分野で100人にひとりを目指すべきか?」という問いに対する西野流の答えとして、こう書いてありました。「芸人のクセに」と言われるようなもの。掛け合わせ戦略はクセに感がポイントみたいです。

掛け合わせのチカラ

一般的なエンディングノートセミナーのご依頼は、ほぼありません。僕に頼む理由がないからです(苦笑)でも僕にしかできない泡盛ブレンドのエンディングノートセミナーのご依頼をいただくことはあります(^^)掛け合わせはメニューを増やしているように見えて実は戦う場所を絞り込んでいます。

掛け合わせのチカラ

2017年の目標は「嫌われること」でした。もちろん全員から嫌われるという意味ではないです。さすがにそんな目標は悲しすぎますよね。見事に目標を達成した結果、くっきりと見えてきたことがあります。