掛け合わせのチカラに関する記事一覧


掛け合わせのチカラ

キングコング西野亮廣さんの「魔法のコンパス」の中で藤原和博さんの「必ず食える1%の人になる方法」が大絶賛されています。「どういった分野で100人にひとりを目指すべきか?」という問いに対する西野流の答えとして、こう書いてありました。芸人のクセにと言われるようなものだ。

掛け合わせのチカラ

掛け合わせはメニューを増やしているように見えて実は戦う場所を絞り込んでいます。一般的なエンディングノートセミナーのご依頼はほぼありません。僕に頼む理由がないからです。でも僕にしかできないエンディングノートセミナーのご依頼をいただくことはあります。

掛け合わせのチカラ

僕の場合、掛け合わせているのは司法書士と泡盛。こんなハイブリッドがうまくいくのか?そもそも掛け合わせちゃって大丈夫なのか?と思う方がほとんどですよね・・・ハイブリッドのチカラを実感したのは、沖縄県那覇市のホテルのロビーでした。

掛け合わせのチカラ

2017年の目標は「嫌われること」でした。もちろん全員から嫌われるという意味ではないです。さすがにそんな目標は悲しすぎますよね。見事に目標を達成した結果、くっきりと見えてきたことがあります。

掛け合わせのチカラ

ひとつひとつの分野は平凡だからこそ、それを上手く掛け合わせて選ばれるための自分だけの強みを作る挑戦がハイブリッド×ブランディングです。混ぜるな危険って感じの司法書士と泡盛の掛け合わせを5年間実践して気づいたことをまとめました。【手応えあり】