幸せになるための正解はなくなったらしい。自分だけの納得解は見つかってますか?|35歳の教科書レビュー

常識を疑え

幸せになるための正解はなくなった。

35歳の教科書に出会ったのは、まさに35歳で司法書士として独立した頃でした。

独立直後は受験勉強中に思い描いていたバラ色の世界とはかけ離れ過ぎていて

予備校の噓つき~

と嘆いていた頃でした(笑)

会社を辞めて退路を断って司法書士試験に挑戦しました。試験に合格さえすれば道は開かれる、この苦しい受験勉強も合格すれば必ず報われると信じて盲目的に受験勉強に邁進していました。

それだけに・・・思い描いていた世界とのギャップが大きすぎて相当苦しみました。吐きそうでした(泣)

そもそも。

この本に書かれているように「いい大学を出ていい会社に入ること」が幸せになるためのひとつの正解だと僕も例にもれずに思っていました。

僕の大学や会社は誰もが認める超一流というわけではなかったこともあって、残業に耐えれなくて会社を辞めてしまった僕にとって幸せになるために残された道は、

独立開業できる資格を取って独立するしかない!

法律なんて勉強したことないけど、一発逆転を狙うしかそれしか幸せになれる道はない!

なぜかそんな思考に陥っていました。いまとなってはバカバカしい思い込みですが(苦笑)

そんな僕の狭すぎる視界を広げるべく、この本が気づかせてくれたこと。

  • 「いい大学を出ていい会社に入ること」は、成長社会では幸せになるためのひとつの正解だった
  • 幸か不幸か、現在は成長社会ではなく成熟社会
  • 成熟社会では幸せになるための正解自体が存在しない
  • 成熟社会に正解はないけど、納得解ならある!

このことは僕にとってあまりにも衝撃的でした。

納得解|自分が納得でき、かつ関わる他人を納得させられる解

納得解は、こう定義されています。

親世代のライフスタイルを見ながら育ち、成長社会を生きてきた親や先生の教えが正しいと思い込んでいたのに、知らない間に世界は成長社会から成熟社会に変わっていたんです。

しかも成長社会で有効だったやり方は成熟社会ではほぼ通用しないなんて・・・

これは悲劇です。

すべての時間を司法書士の試験勉強に捧げた2年半は、それこそ「正解」しか求められなかったので、いまさら「正解」はないと言われてもはっきり言ってどうしていいのかわかりませんでした。

成熟社会で成功するには?

成長社会で成功した人は挑戦しなかった人なんだそうです。当たり前ですが挑戦しなければ失敗することはありません。

成長社会では無理に挑戦しないことで成功することができたというわけ。

なんだか腑に落ちませんが、社会全体が成長している状況では挑戦せずに失敗しなかった人がうまくいく世の中だったんですね。。

成熟社会では成功するまで何度もチャレンジできることが重要なんだそう。

【こういう人が成功できる】

  • 成長社会|挑戦しなかった人
  • 成熟社会|成功するまで何度もチャレンジできる人

もちろん、ここでの成功というのは自分が納得できる成功であって一般論ではありません。

もしかしてまだ正解を探してませんか?

35歳の教科書を読んで、自分だけの納得解というものを探していかないとマズイよなぁと意識するようになりました。

いろんなまわり道をして見つかった僕にとっての納得解の1つはワクワクできる挑戦をすること。

大阪から泡盛を盛り上げることもその中の1つです。

伊藤薫@泡盛バー
泡盛bar@阪神梅田本店
  • 変わってる!
  • 理解不能・・・
  • バカじゃないの?

なんていう反応もあるかもしれませんが(苦笑)、僕にとっての納得解なのでそれが当然の反応です。

いくら泡盛が好きでも司法書士がオリジナル泡盛(リキュール)を造ろうなんて考えもしませんよね、普通は。でも僕の納得解なので別にどう思われても構いません。

やりたいことがあるなら人の目を気にして我慢するなんてのはナンセンスだし、いつかやろうと思っているうちにできなくなってしまうのはよくある話。

常識に縛られて世間的な幸せを自分の幸せと思い込んだり、他人の目を気にして自分の気持ちをごまかしながら生きるなんてもったいないですよね。

それにしても、平凡すぎる司法書士がオリジナル泡盛を造ろうなんて・・・

これも多様で、複雑で、変化が激しい成熟社会だからこそ実現することができたんだろうと思います。乱暴に言えば、成熟社会はなんでもありということなのかなと思います。

その常識って古くない?

頭では納得解を理解したつもりでも、成熟社会では通用しなくなった「正解主義」に走ってしまうことがまだまだあります。

長年染み付いた「正解主義」の呪縛から逃れるには、いまは成熟社会なんだと定期的に理解させる必要がありそうですね。

付け加えると、常識を一度疑ってみるという視点もめちゃくちゃ大切だと思います。

常識といわれていることでも、たかだか数十年の中で大多数の人が常識だと思っているだけのことなので、成長社会では常識だったことが成熟社会では非常識になってしまっていることも多いと思うからです。

脱線しましたが、納得解と言うのは少しイメージしにくいかもしれないので「自分だけの充実した生き方」と考えてみることをおすすめします。

充実というのは物質的な豊かさだけじゃない、というのはもちろんです。

自分だけの納得解は見つかってますか?

ちなみに、成熟社会というのは1994年頃から始まったと書かれていますが、まだそう認識できていないとしたらかなりマズイですよね。

35歳の教科書 今から始める戦略的人生計画|藤原 和弘のレビューでした。

関連|長時間労働で死にかけた僕が司法書士になって泡盛を造りながら考えていること。

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】