年の瀬に1万時の法則についてアツく語る|vol.1

Meetup

はじめての試みでしたが「1万時間の法則」をテーマに勉強会という名の飲み会を開催しました。2017年12月。

僕以外は誰も課題図書を読んでいなかったので(笑)、どうなることやらと不安でした。

結論から言うと、美味しい串かつとワインを堪能しつつ10000をキーワードに時間が経つのも忘れるくらい熱く語り合うことができました。

泡盛じゃねーのかよというツッコミは受け付けません(笑)

ちなみにこれが課題図書です。

予想通り僕以外は誰も読んでなかった課題図書(笑)

ひとつの分野で1万時間練習しようと思っても自分の意思の力だけではかなり難しいと思います。

でも一緒にチャレンジする仲間がいれば励みになるし、強制力にもなる。

参加メンバーそれぞれが決めたコミットメントの達成を目指して、切磋琢磨しながらチャレンジする企画を温めています。

SNSを活用して、チャレンジする過程をイベント的に面白く発信することができたら、コミットメント達成への追い風にできるんじゃないかと思ってて、その辺について意見を聞いてみたかったというのが開催のひとつの目的でした。

それにしても、いつもの泡盛のプロップスを封印して作った新しいプロップスがメンバーの気持ちをひとつにするいい仕事をしてくれましたね(^^♪

達成することで、影響力のあるレアな人になれそうな面白いコミットメントのアイディアが出たのでご紹介します(^^♪

  • オリジナルもずく料理でマイナス15kg!ついでに6パックになる!
  • 自分で獲った食材を自作の燻製器で燻す!ハンター燻製家としてレシピ本を出版!
  • 1年366日飲み歩き(走り)はしご酒10,000kmマラソン
  • キャンプ場でゲリラ泡盛BAR!オリジナル泡盛で10,000人乾杯!

どれが誰のコミットメント案かは想像におまかせします(笑)

企画内容をもっと具体的に固めたいので、まさに1万時間にチャレンジ中の方や1万時間チャレンジしてみたい分野がある方など、「1万時間の法則」をヒントにしたブランディングに興味がある方と飲みながらいろいろお話したいと思いMeetupを企画しました。

10000チャレンジを体験しませんか?

1万回、1万人、1万食でも。なんでもOK!

1万時間の法則 をヒントに普通の人はやらないレベルまでやり続けて、好きを極めるコミュニティ、10000チャレンジの月1交流会です。

同じメンバーだけの閉鎖的な会になると面白いことが起こりにくくなると思っています。

オブザーバーとして気軽に参加して率直なご感想や叱咤激励をいただけると嬉しいです(^^)

もちろん挑戦してみたいテーマをお持ちの方やスタートを迷っている方の参加も大歓迎!

とはいってもお酒を飲みながらの堅すぎない交流会です。ピンと来た方のご参加をお待ちしています!

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】