10000チャレンジBBQ@淀川河川敷

Meetup

10000チャレンジのキャンプ部メンバーと企画したデイキャンプイベント。

キャンプ部なんてあったっけ?なんてことはさておき、20号、21号の2つの台風が発生していて1週間前はかなり諦めモードでしたが、持ち直してくれたので無事開催することができました。

2018年のビーチパーリー中止以来、雨男のレッテルを貼られてましたが、石垣島でのイベントといい、雨男のイメージを払拭できそうです。

キャンプ部のメンバーは同じキャンプカテゴリーでもスタイルが違うので、そこをみなさんに見てもらいたいというのと、成果発表会なので我々の料理などを客観的に味わってもらうのが今回のコンセプトでした。

というわけで参加者のみなさんは自分で焼いたりすることなく、出来上がったものを食べるスタイル。発表会なのでメニューは、なかなか盛りだくさんな内容でしたね~。

まずは達ちゃんによる鰹の藁焼き。

達ちゃんは元魚屋なので鰹を三枚におろす所から見せてもらいました(^^)

最近見たアメトークで、はじめて知った藁焼きをこんなに早く味わえるなんて!ちなみに藁はじゅんいちダビッドソンと同じく、アマゾンで買ったみたいです。薪は白樺らしい。

こちらは、うな肝。

続いて、生ししゃも。干してないししゃもはめったに食べれません(^^)

で、鰤カマ。

これは義兄が釣った鰤をわけてもらいました。魚のあとはホルモン焼き。

上等なお肉も。この霜降りの感じがたまりません(^^♪

ベーコンもあります。まな板代わりに敷いているのは牛乳パックですね。この辺がガチキャンパーって感じで素敵です!

厚揚げも美味かった!箸休め的にもいい感じでした。

前日、僕が釣りに行ってゲットしてきたハマチは刺身になりました。

今回はじめてハマチをさばきましたが、ここでも一生懸命切っております。

ハマチも柵1本分は達ちゃんに藁焼きにしてもらいました。

大元さんのメニューには、シチューにアヒージョもありましたね。

ソーセージとカラスミは撮り忘れ。。

そして、お酒は僕が担当する泡盛BAR!

運転で飲めないのはいろいろ辛いですね。飲みたい!ってことだけじゃなくて味をみれないので、お酒をサーブする時に濃さを十分に確認できない。

泡盛好きのみなさんは途中からセルフでいってましたから全然OKだったようですけど。やっぱりキャンプは泊まりに限る。

前日までの雨で地面がぬかるんでましたが、朝から晴れていたのでこのまま無事に終われるだろうと思っていたらポツリポツリと雨が落ちてきて、慌てて撤収。

それに日が陰ってきたら急に冷えてきました。警備員さんに早く出るように急かされるし、後半はバタついてしまいました。集合写真を撮る時間もなかった〜これは反省ですね。。

設営に関してはそもそも3つもタープは要らないって話ですけどね。キャンプスタイルの違いを見てもらうのも大事なテーマだったので。

予定していた八重泉泡盛原酒の樽詰めはなんとかやりました。樽にお酒が入ったまま車で運ぶとこぼれる可能性が大なので、瓶にまた戻すわけですが(苦笑)

ご参加いただいたみなさまありがとうございました<(_ _)>
ホスト役のメンバーのみなさんお疲れ様でした!

次回の10000チャレンジMeetupはお疲れ様で乾杯しましょうね(^^)

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】