【車中泊を快適に】2列目シートベッド化計画

VANLIFE

車中泊をするときに荷物を車外に降ろしたり、気合を入れて荷室を片付けなくてもサクっと寝れるとかなり便利なんですよね。

そのためには2列目シートを簡易ベッドにできるといいんですが。

ミッション|この隙間は攻略せよ!

20センチくらいかな?

1列目と2列目のシート間には平らな面があります。右側に籠を置いている部分です。

デリカカーゴの2列目シート

床の部分に何かを敷き詰めて、この平らな面とシートとの高さを合わせてこの隙間を埋めることができたら、かなり広い面が作れそうです。

デリカカーゴの2列目の足元

そうなると子供達はもちろん相方も横向きで寝れそうなので、上手くいったら僕は荷室にコットを広げて寝るつもりです。

キャンピングカー(ブローニィRIW)になっても2列目のシートはこのままなので、私的なカスタムを模索した記録です。

目次【本記事の内容】

心のスキマも埋まるストレージチェア編

隙間を埋めるのに何かいい方法はないかな?と試行錯誤を重ねてきましたが、結論から言うとこのスタイルに落ち着きました。

どん!!

ストレージチェア×サーマレスト

ストレージチェアで2列目ベッド化計画

できれば家にあるものでまかないたかったけど、少し予算を組んでリサーチしてみました。そしてストレージチェアを使った2列目シートベッド化計画を相方が図にしたのがこちらです。

  • 上面に座れる丈夫なケースで床の隙間を埋める
  • フラットになった上にマットを敷く

予想以上に快適なのでかなり満足しています。各アイテムを詳しく見ていきましょう!

イスにも収納にもなるストレージチェア

丈夫なケースは相方がストレージチェア(FESTA HOME)というものをネットで見つけてきました。計画が滑っても収納として使えそうなのでさっそく1つ買ってみました。

予想以上にコンパクト!

組み立てるのも簡単で慣れると1分もかかりません。

これを2列目の床の隙間に3つ並べて2列目を子供のベッドにしようというアイデアです。

車で出かけるときにストレージチェアの使い心地を試してみると・・・これは上に開くので走行中も開け閉めができるし、上面が固いので1つ置いてテーブル代わりに使うこともできます。

テーブルとしても使えるストレージチェア

使い心地に満足できたのですぐに3つ買ってきました!

ストレージチェアを3つ並べてみた。

ぴったり感は弱くて隙間があるけど、この上にマットを敷いたら問題ないでしょ!

ストレージチェアを3つ置いてみました

そもそもイスとしても使える位に強度があるので、気兼ねなく使えるのがいいですね。この上にマットを敷くと子供用のベッドが完成です。

もうエアマットには戻れない。

続いてストレージチェアの上に敷くマット選びです。

持っていたコールマンのエアマットを2列目で使ってみたこともありましたが、サイズが大きくて折り返さないと収まりが悪くて使いにくいったらない。

できるだけぴったりのエアマットはないかと探してみたらDOD(ディーオーディー)のエアマットが見つかりました。

このエアマットの横幅は53.5cmなので、2枚ならべると107㎝

そして、マットを敷こうとしている部分の幅がなんと!107㎝

これはデリカカーゴ専用か!と思うくらいにぴったり過ぎて逆に怖い(笑)

コールマンのマットを手放してDODに買い替えるつもりでしたが、エアマットって膨らませたり空気を抜いたりがやっぱり面倒なんですよね。

そこで、寝心地よりも簡単に敷いたり畳んだりできるマットを探しているときに見つけたのがサーマレストでした。

結論|ストレージチェア×サーマレストは最強

新たな出費もありましたが、キャンピングカー(ブローニィRIW)になっても使える2列目シートベッド化計画が完成しました。

ストレージチェア×サーマレスト

結構な隙間が開いているので見た目は使いにくそうですが、使ってみると特に気になりません。このスタイルで使っているのは、こちらのキャンプ用品です。

  • ストレージチェア×3
  • サーマレストのマット×2
  • ペンドルトンのラグ×1
  • 気温次第で寝袋を使うこともあります

これはテントの中ですが、サーマレスト(クローズドセルマットレス Zライト ソル)は敷くのも畳むのも一瞬です。

広げるだけで寝る準備が完了するサーマレスト

暑い中、テントの中で大汗かきながら空気を入れたり抜いていた日はなんだったんだろうって感じ。寝心地も別に悪くないですし。

コールマンのマットを敷くと折り返す必要があって使える部分が小さくなってましたが、サーマレストにしたらスッキリして僕が少し身体を曲げて寝るのにちょうどいいサイズになりました。

サーマレストのマットは畳むと非常にコンパクトになるので収納も楽々です。

ちょっとした隙間に収納できるサーマレスト

関連|折りたたみ式のキャンプマットは設営・撤収が簡単すぎる。

結局、3枚持っていたコールマンのエアマットは手放して、我が家のマットはサーマレスト4枚になりました。

2列目シートが簡単にベッドにできるようになったところで、2列目で寝るのはスペース的にしんどいという問題は残っていましたが、僕と長男が2列目で寝て、相方と次男がコットで寝ることでひとまず解決しました。

コットの隣にベンチを置いたことで、次男(4歳)がコットから落ちる心配がなくなったことが理由です。

我が家の黒歴史の押入れケース編

一時的なつなぎと思って、お金をかけずに家にあるものだけで隙間を埋めようとやってみたときは見事に黒歴史になりました(苦笑)

家の中を見渡すと、床の隙間も心のスキマも埋めるのに良さそうなものがありました。

それは・・・押入れケースと木の板です。

両者ともキャンプには縁がなさそうですが、押入れケースはキャンプを始めた頃に着替えを入れて持って行ってたし、木の板は今もこうしてBARカウンターの棚板として活躍しています。

キャンプで大活躍していた押入れケース
BARカウンターの棚に使っている板

とはいえ、巡り巡って押入れケースを車中泊用に使おうなんて人生何が起きるのかわからないもんですね。←って大袈裟か(笑)

失敗の許されない挑戦。

押入れケースで床の隙間を埋めることができるのか?

上手くいかなかったら・・・寝れないんですけど。大げさのようで結構マジです。というのもまさかの真冬のグループキャンプで検証してみたからです。

他のメンバーに宴会幕の準備をお願いできたので、いつもより荷物が少ないグループキャンプは検証するには好都合でした。

2列目の床とシートの隙間を埋めるのは、2つの押入れケース。

幅がギリギリ入らない!!無念。。

と思いきや、まるでオーダーのようなぴったり感になんだか怖くなりました。

床の隙間を押入れケースで埋めてみた

これって無印の普通の押入れケースなんですけどね、こうなることが最初から決まっていたような感じ(笑)

子供が寝る場所とはいえ、さすがに押入れケースの上にマットを敷くのは、パキっと割れそうなので木の板を押入れケースに渡して補強しました。

押入れケースが割れないように補強するための木の板です

合板なのでこの板自体が割れてもおかしくはないんですけど、そこは気づかない振りをしておきます!

この上にコールマンのエアマットを敷いて、電気毛布で暖を取り、寝袋を広げて布団代わりにします。

木の板の上にコールマンのエアマットを敷きます

寝転んでみたら押し入れケースの上で寝ているような違和感はまったくなくて(笑)、少し足を曲げれば175cmの僕でも十分寝れそうでした。

結果は・・・無念。。

いい感じと自画自賛しながら僕は荷室のコットで眠りについたのですが、2列目で寝た相方と子供達は狭くて寝返りも打てなかったらしい。。

前を向いて寝た方がまだましだと言ってました。

そうなると相方は座ってるのと近い状態で寝ることになるので、この案はお蔵入りです。ベッドの状態でも押し入れケースから中の物を取り出せるのは、便利だなと思っていたんですけどね。

ギリギリアウトのラックソット編

オールペイントが終わって我が家のデリカカーゴが目指す方向性を考えていたらTRUCKのイメージが浮かんできました。

オールペイントが終わったデリカカーゴ

TRUCKというのは大阪市内にあるオシャレな家具屋さんです。

デリカカーゴのイメージからは程遠いかもしれないけど、とりあえず話を先に進めます(笑)

TRUCKはレザーと枕木とスチールのイメージです。もう少し具体的に言うとソファでリラックスしているイメージなんですよね。伝わってますかね?笑

キャンプ場にソファって考えただけでもアンバランスさが面白いですよね。

車を買い替える前は考えた事もなかったんですけど、今のバンの荷室なら余裕すらあります。

でもさすがに普通のソファは乗りません。とりあえずググってみたらスノーピークからラックソットというなんとも神的なアイテムが出てました。

スノーピークのラックソット|ソファ

ラックソットは3ウエイの優れものなのです。

  • ソファ
  • コット(ベッド)
  • ラック

ネットで調べても家でカタログを見てもいまいちわからなかったので、スノーピーク箕面自然館に行ってきました。

置いてました!!これがラックソットです。

スノーピークのラックソット

現場至上主義なので車に現物を持ち込んでサイズを確認させてもらいました。でも3つ全部貸してくださいとは言えなかった小心者です(苦笑)
※ラックソットは3つのパーツに分解できます

ラックソットが2列目の床の隙間を埋めることができたらよかったんですけど、隙間よりもラックソットの幅が少しだけでかいんですよね。

浮いている(笑)

2列目の隙間を埋めるにはちょっとデカかった。

2列目シートを畳んだときにはこんな感じ。計ってみたら3つ並べて置けそうでした。

2列目シートを前に倒して畳んだ状態

でも、できるだけシンプルにサクっと寝れるようにしたいんですよね。

うちのデリカカーゴはベンチシートですが、4人家族なのでさすがに移動中は1列目シートだけじゃ足りません。

移動中に2列目に座ると目的地に着いてから車中泊仕様にすることになりますが、特に暗くなってから2列目のシートを畳むのは面倒です。

おのずと答えが見えてきました。2列目シートを畳む前提のスタイルは我が家的には難しそうですね。

かと言って、このラックソットをソファにしてマイサイトで使えたらサイコーだなという思いは変わっていません。

荷室やテントでコットとして、移動時は重ねてラックとして活躍してくれるはず。我が家のワンポールテント・グランデアウトドアの中でもきっと活躍してくれると思います。あとは値段と相談ですね。

グランデアウトドアのワンポールテント

ああでもない・こうでもないと掘り下げていくと、ますますわかってくるのはデリカカーゴ(ボンゴブローニィ)という車は実に可能性があるということです(^^)

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと