中古のバンがキャンピングカー【RIW】に生まれ変われるのか?を実況中継

VANLIFE

こんな中古のボロいバンがイケてるキャンピングカーに華麗に変身できるのか?実況中継します。作業の様子がわかる画像はキャンピングカープラザ大阪の阪本さんから送ってもらいました。

ついにピットイン|2021年3月27日

キャンピングカープラザ大阪さんにデリカカーゴを預けてきました。完成は約1ヶ月後らしいのですが、購入したのが2018年の夏だからここまで2年半かかりました。だから1ヶ月なんてまったく問題ありません。

こんな感じに仕上がる予定です。楽しみ!

ゼロになった日|3月29日

2列目シートをはじめ内装が見事になくなりました。めちゃくちゃ荷物が載りそうってそんな話はどうでもいいですね(苦笑)

代車でキャンプへ|4月3日

デリカカーゴの代車にスズキのソリオをお借りしました。5人乗りのミニバンなので前に乗っていたフリードとあまり変わらないはずですが、デリカカーゴのサイズ感に慣れてしまってこれでキャンプ行けるかなぁ?と不安になります。

でも行かないという選択肢はないので代車のソリオでキャンプに行くためにゼロベースで一泊二日用のキャンプ用品を見直しました。

助手席はキャンプ用品に献上したもののいい感じに載りました。8年間の試行錯誤中に量は増えたけど、個々のキャンプ用品のコンパクト化は成功したのかも?

ピッカピカの床が完成|4月8日

床がキレイに張り替えられています。床に木材を張るスタイルに憧れたこともあったけど汚れたブーツで出たり入ったりするので、濡れても滑りにくそうなこの素材の方が我が家のキャンプには合ってると思います。

外していた天井のカバーも綺麗になりました。阪本さんによると今回はスチームじゃない方法でやってもらったみたいです。窓と天井の間になにやらアジのある板が張られてますね。

レンガを積み終える|4月9日

本物のレンガを積んでいるように見えますが実は壁紙なんです。WALPAさんに何度も行って悩みまくった結果、デモカーと同じデザインにしました。相方は冒険しないから(苦笑)

WALPAの壁紙で週末バンライフに遊び心を。

とある日の週末バンライフの目的地は壁紙には見えない面白い壁紙でいっぱいのワルパさん。こんな壁紙をどこに貼ろうとしているのかって?バンの車内です。たった1枚の壁紙ですがやっぱり簡単には決まりません。

» この記事を読む

デモカーで見慣れているはずなのにスゲーいい感じ!荷室の窓の下のパネルも替わりました。

右側にはキッチンがつきます。
左側にはスピーカーが付きました。

またまた代車でキャンプ

代車のソリオでキャンプのパート2です。前回のキャンプでソリオ用のキャンプ用品のベストメンバーがわかったので荷室の様子もスタイリッシュでしょ(笑)

ただし助手席は今回も完全にキャンプ用品に献上しているんですけどね。

最低限のこの装備でもテント+タープでこんなサイトは作れます。

隣の車が違って見える|4月22日

「家具を載せてるところですよ~」と連絡がありました。まだ中身が入っていませんが一番奥はシンクとコンロ、中央は冷蔵庫が入ります。家具の中の空いているスペースは収納スペースに使おうと思っているので、構造はしっかり見ておかないとね。

デモカーで何度も見ているのにやっぱりいい感じ(^^)

おお!RIWのステッカーが貼られてる!僕のはボンゴブローニィではなくデリカカーゴなのでDelicaRIWのステッカーなんですよね。と思って何気なく見ていたらあれ?と気がつきました。

スモーク(フィルム)が無くなっている!!家具の画像を見返すと隣の車がハッキリ見えます。光の加減かなと思ったけど4月9日の画像と見比べるとよくわかります。

ガラス屋さんに綺麗に取ってもらえたみたいです。購入時から貼ってあったので詳しくわかりませんが素人が貼ったようなスモークだったので手間が掛かったと思います。ありがとうございました。

とうとう来たなこの時が!4月29日

GWに間に合うように仕上げてもらえたので受け取ってきました!

完成までの期間は予定通り約1カ月でした。その間に代車で2回もキャンプに行ったので長かったという感じはなかったですね。購入してから2年半かかりましたがいろんなことがあったので丁度いいタイミングだったと思います。カッコよく仕上げていただきありがとうございました。

このGWはどこにも行けないのでカーテンを付けたり、マンションの駐車場でベッドにして車中泊したり(笑)早速しがみ倒したいと思います。

自作したカーテンを付ける

完成したRIWにはカーテンレールは付いていますが、カーテンは付いていません。少しだけでもDIYして自分たちも一緒になって完成させたキャンピングカーという意識を持ってもらうためだと聞いています。

そこでまずはカーテンの生地選びから。生地はコストコでこれをチョイスしました。イメージはオールドアメリカン、もっと言うとダブルアールエルのネルシャツです。伝わってますかね?

RIWのカーテン用に選んだ生地(中央)

カーテンは相方がガシガシ縫ってくれました。カーテン留め(タッセル)も同じ生地です。必要なサイズと枚数はRIWのインスタで確認しました。

縫い目を馴染ませるために一度洗いました。乾燥機はかけていませんがワンウオッシュカーテンなので早速雰囲気が出ていると思います。

フロントガラスと運転席・助手席の窓を覆うようにカーテンレールが取り付けられているので車内をぐるりと一周完全に目隠しをすることができます。

前方のカーテン(夜間に撮影)

こちらはバックドア側。

荷室のカーテン(昼間に撮影)

カーテンの裾が不自然に膨らんでいるのは生地の中に仕込んだマグネットで車体にくっつけているからです。見た目は不細工ですがきっちり閉めることができるので外からの視線を気にせず快適に過ごすことができます。

ネジ穴を利用して付けたタッセル
車外から見たカーテン

バンでバンご飯@マンションの駐車場

大阪は緊急事態宣言中でどこにも行けないのでマンションの駐車場に停めたバンで夕飯を楽しむという暴挙に出ました(苦笑)。最初は面倒くさいと嫌がっていた家族ものってきたので家族全員で鉄火丼を楽しみました。

キャンピングカーが完成したらやろうと言っていたカタンもできたので溜飲を下げることができました。

僕はこの流れで車中泊を楽しんだのですが、家族は家で寝るわとスーっと引いていきました。次男は助手席に長男は2列目に専用のベッドを作ったあげたんですがダメでした(苦笑)

相方の趣味エリアが完成

GWが終わる頃にはいつの間にか有孔ボードに相方の趣味エリアが完成していました。

相方の趣味エリア@パンチングボード

キッチンや冷蔵庫も使ってみたいのですが、狭くてバックドアが開けられないマンションの駐車場ではかなり使いにくいので、RIWの装備の紹介や使い勝手は実際にキャンプに出掛けた時に別記事でまとめようと思います。

中古のボロいバンがイケてるキャンピングカーに華麗に変身できたということでこの実況中継を終わりにします。お付き合いいただいたみなさんありがとうございました。

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!