ど素人がブリを釣りました@2021年秋

VANLIFE

小豆島キャンプがきっかけになって久しぶりに釣りスイッチが入りました。まぐれでブリを釣ったことがきっかけでハマチ・メジロ・ブリの2匹の合計長寸を競うブルーキングにエントリーして結局、2021年の秋は武庫川一文字に3回釣りに行きました。週末バンライフの釣り日記です。関連|オートビレッジYOSHIDAのレビュー

  • 穴釣りの面白さを思い出す
  • 包丁づくり@和田商店
  • ど素人がまさかのブリを釣ってしまう
  • 熱々のガシラタワー
  • 竿を買いに走る~
  • 穴釣りは不調
  • あれ!竿がない
  • 三度目の正直
  • 最後の追い上げ!
  • 大漁祭り第2弾!

穴釣りの面白さを思い出す

釣りといってもノマセはほったらかしだし、サビキはタイミングがあるので飽きないようにシラサエビを買って穴釣りの準備をしていました。久しぶりの穴釣りだったけどそこそこ釣れるんです。潮が止まっているときでも引きはあるし、小さいのがかかっても短くて細い竿を使うので引きが楽しいわけですよ。ガシラだけじゃなくてアコウが釣れたりやっぱり穴釣りって楽しいよなぁと思ったのが始まりでした。

包丁づくり@和田商店

久しぶりの釣りで久しぶりに魚をさばいたら出刃包丁が欲しくなりました。我が家の包丁はかれこれ20年くらい使っていて刃こぼれもあったのであまり切れなくて。ネットで調べてみると包丁づくりの体験っていうのを見つけて、普通に買うより面白いし思い出になると思ったので堺市の和田商店さんへ包丁づくりの体験に行ってきました。作務衣を貸してもらって見た目もいい感じ。

包丁づくり体験@和田商店

勝手に赤く燃えた鉄をトンカン・トンカン打って包丁を作るのかと思っていたけどさすがに違いました。そもそも包丁づくりの工程は途中までが鍛冶職人の担当で、途中から刃研ぎ職人の担当になるので和田商店さんで体験したのは研ぎと柄付け体験でした。

子供達も熟練の職人の方に研ぎ方をやさしく教えてもらって楽しそうでした。

研ぎ方を教わる長男
なかなか様になっている次男

出刃包丁は重さがあるので出刃包丁の研ぎは子供達ではなく僕がやりました。熟練の職人の方に研ぎの仕上げをしてもらい最後は手ほどきを受けて柄付け体験をしてきました。

出刃包丁の柄付け体験@和田商店

包丁の名入れは名前でなく我が家のお約束の「110」。名入れの漢字が基本みたいですが数字でも大丈夫でした。

完成した出刃包丁

包丁をゲットしたら魚をさばきたくなるのが人情。早く出刃の切れ味を確かめたい!!大漁神社に願掛けして釣りに行ってきました。

大漁神社@フィッシングマックス

ど素人がまさかのブリを釣ってしまう

あまりに出来過ぎた話ですが、包丁をゲットして大漁神社に願掛けしたら人生初のブリが釣れました!

ブリ釣ったどー!!

といっても義兄に用意してもらった僕用の竿と仕掛けにブリがかかったというだけです。掛かったあともどうして取り込んだらいいのかわからないので周りの人を巻き込んで助けてもらってなんとか釣り上げることができました。義兄が編集してくれた動画があるのでど素人がブリを釣り上げるまでのドタバタが気になった方はこちらをどうぞ(苦笑)

参考|青物不発。。。からの祭り!忙しい一日でした笑

18時まで粘ってから帰路に着きます。そこでやっとこのブリをどうさばこうか?と考えるわけです。出刃を手に入れたことだし、いっちょやってやろうか!と家に帰るまでは意気込んでいましたが、ブリを家庭用のまな板にのせてみましたが真新しい出刃包丁を手に途方に暮れました。

とりあえずまな板に載せてみた。

人生初のブリは、ど素人がYouTubeの見よう見まねでさばけるものではなく家の冷蔵庫に入れるのもギリギリでした。

なんとか収まったブリ

翌朝、自分でさばくのは諦めて調べると近所のイオンの鮮魚コーナーでさばいてもらえることがわかったのでリュックに入れて(はみ出してますが)背負って持ち込みました。チャリで運ぶなら背負うのが一番安定すると思ったのですがやっぱり可笑しいですか?

人生で初めてブリを背負う

さばいてもらう費用はトレー代程度でトレー1つが100円でした。短冊だけでなくカマとアラも引き取ったのでトレー5個分で500円。ブリを釣るのは人生初でこれが最後だと思っていますが、この値段ならもしまた釣れたら迷わずイオンに直行しようと思います。

対面鮮魚って言うらしいです

夕方、イオンに引き取りにいくと鮮魚コーナーの人がカートに載せてブリのトレーをもってきてくれたんですが、値段の説明やいつでもさばいてもらえるのか?とか質問しているときに、張られている値段を見たおばちゃんが怪訝な顔でしばらく立ち止まっていましたが、手を出さずに通り過ぎていきました。値段も安すぎるし何の魚かも書いていないので???って感じですよね。

寄り道せずにブリを家に持って帰ったら大漁祭りです!一緒に釣りに行った友達家族が釣った魚を持って来てくれたので凄い量!

ブリブリなブリ尽くし

熱々のガシラタワー

今回の釣りのメインは穴釣りなので動きまくってました。スマホの歩数計を確認すると武庫川一文字の狭い区間を1万歩以上歩いたみたいです。道理で何日経っても足の疲れが取れないわけだ。足で稼いだガシラは20匹以上釣れたのでさばくのも揚げるのも大変。。

夜中にさばき終えたガシラ達

大変だからと相方からガシラ禁止令が出たのですが、ひとくち食べると子供も大人もハマってしまい禁止令は即撤回されました。小さいのはサクサクで大きいのは食べ応えがあってどっちも美味しくいただきました。

ガシラタワー

ガシラタワーの写真を武庫川渡船さんのブログで紹介してもらいました。参考|まだまだ注意報が続きそうです。。。

竿を買いに走る~

ノマセ釣り用の竿は仕掛けも含めて毎回義兄から借りていました。いつまでも借りるのは悪いなぁと思っていたし、早めに独り立ちして釣りキャップでノマセ釣りもやってみたいと思っていたので、今日ノマセで青物が釣れたら一式揃えたいとムコイチに向かう車で相方と話をしていました。

義兄と合流すると、ノマセ用の竿をガレージに忘れてきたというじゃないですか!貸してもらってる立場なので、しょうがないなぁ今回はノマセやめとくわと言いたいところですが流石に言えません。だって今回はノマセのために来たと言っても過言じゃないからです。前回ブリが釣れた時に勢いでブルーキングにエントリーしていたので、ズバリ今回の狙いは2匹目のブリ!だったからです。

タイミングだけでいつか買うだろうと思っていたので、慌ててフィッシングMAXに行って義兄に一式選んでもらいました。仕掛けも揃えたけど思っていたよりも安くて1万7千円くらいで収まりました。リールにラインを巻いたり仕掛けの作り方を教えてもらっていると12時を越えてしまったので、慌てて寝ました。

急遽、揃えたノマセ用の竿とリール

穴釣りは不調

子供達からの唐揚げのリクエストに応えるべく暗いうちからガシラを狙って穴釣り開始。朝一はポンポンと調子よく釣れましたがそれ以降は伸び悩みます。

前回はガシラを20匹以上釣ったので家に帰ってからさばくのが大変でした。今回はできるだけ現場で処理しておこうとまな板と包丁を持って行ってて、5匹釣れたら一区切りでエラと内臓を取ってと考えていたのに全然思うように釣れません。子供達にも穴釣りでガシラを釣らせたくてテトラ用の1m位の竿も用意して2本体制だったのに釣れないときは釣れないもんですね。それでも長男は自力で2匹釣っていたので楽しそうでした。

あれ!竿がない

朝マズメ以降、サビキではまったく釣れなくて子供達は釣りそっちのけで遊んでいたし、僕は穴釣りであっちこっちと歩き回っていたのでサビキ竿は置き竿で放置されていました。

突然「ガタン!」という音がして気づいた時には既に手遅れ。内向きの海に竿が落ちてしまいました。万能竿を引きずり込むくらいの大物が釣れていると思うとテンションがあがるけど、このまま見つからないと思ったらテンションはだだ下がり。高価な道具は持っていませんが、サビキ用に使っていたのは自分の中ではメインの竿とリールだったのでこんな形でなくなるのは痛すぎます。。

一緒に行っていた子供の友達が自分の竿で落ちたあたりを一生懸命探ってくれました。しばらくして何かが引っ掛かったのでその子から竿を受け取って慎重に引き上げようとしましたが、水が入ったビニール袋を引き上げているような手応えでずっしり重いんです。

どう考えても僕の竿とリールの重さとは思えません。もしかしてまだサビキに大物が付いてる?と期待が高まります。竿が見つかって魚も釣れたらめっちゃ嬉しいじゃないですか!

期待していた大サバでも大アジでもなかったのですがしっかり大物が付いてました。

サビキでチヌが釣れました。いやサビキで竿とリールとチヌが釣れました(笑)

竿と一緒に釣れたチヌ

三度目の正直

ノマセは計3回のアタリ がありました。1回目はアワセに失敗してエサのサバはほぼほぼ無傷で生還。

2回目はアワセに失敗したかと思いきやまだ付いていたのでやり直すと上手く乗せることができました。前回のブリを思わせる強烈な引きだし、まわりもデカい!デカい!と盛り上がっているので、前回の記憶が脳内でリフレインしてきてすっかり釣り上げた気になってリールを巻いていたのですが、浮きの近くで様子を見ていた人が抜けた~と叫んだ瞬間に竿が一気に軽くなって・・・2回目は掛けバラシでした。エサのアジはほぼ無傷で生還、青物に針がかかってなかったようです。

釣れていたらブルーキングを取れたんちゃうと言われて落ち込みましたが、ノマセは魚が掛かってからが大変、初心者が1回でブリを釣り上げるのは奇跡的と義兄が言っていたことがしみじみと身にしみました。。

16時頃から一緒に釣っていたメンバーに青物が掛かり出します。さらにサビキでサバやアジが釣れ出したので2回目のアタリから生還したアジをサバに変えて最後のワンチャンに賭けてみました。この日はノマセのエサが全然釣れなくてアジをつけっぱなしにしていたのでした。

エサのサバを水に入れた途端にゆるゆる~っと糸が出ていくので、えらい元気がいいサバだなぁと思った途端にギューンとアタリがありました。これを逃したら今日はもうないと思って3度目の正直できっちり決めようと気合を入れたのに横に走って今度は義兄の仕掛けに絡むという。。

完全にバラしたと諦めたタイミングで仕掛けの絡みが取れてました(取ってもらいました)。リールを巻くとまだ付いていたので慎重に対応して釣り上げることができました。掛けるのは運なので初心者でもそう難しくないけど、釣り上げるのは大変なんだなということをあらためて感じることになりました。結果オーライでしたがかなり危うかった。

三度目の正直でメジロゲット!

最後の追い上げ!

18時の便で帰るのを決めていたので17時を過ぎた位から少しずつ片付け始めていくのですが、その一方でサビキにどんどんアタリが来ます。しかも釣れるのはデカアジやデカサバなので止めれずギリギリまで攻め続けた結果、こうなりました。子供4人大人5人の合計の釣果です。

  • メジロ
  • サワラ
  • チヌ
  • サバ
  • アジ
  • ガシラ
終わってみたら大漁!

大漁祭り第2弾!

大漁祭り

ガシラは子供のリクエストに応えて唐揚げにしました。数が少なかったので逆さにしたお椀で上げ底にしてタワーにしました。なんだか組体操みたいですね。

ガシラの唐揚げタワー

ブリ(82.0)に比べるとメジロ(63.4)はかなり小さく感じたので自分でもさばけるような気もしましたが、翌日仕事だったのと義兄からサワラをもらってたのでまたスーパーの対面鮮魚サービスを利用しました。サワラの身は柔らかいので素人が下手に手を出すとぐちゃぐちゃにしてしまいそうな気がしました。

尾頭付きでさばいてもらったメジロ
メジロとサワラ

サワラの刺身はほとんど出回らないからと勧められたのでサワラは刺身でも食べてみましたがやっぱりアジやブリの方が美味しいと思いました。サワラの半身は皮付きにしてもらったので塩焼きとソテーにして食べてみたらびっくりするくらいに美味しい!特に塩焼きが気に入りました。

サワラの塩焼き

狙って釣れるとは思えないけど、次の目標はサワラだ!と秘かに思っています。

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!