週末バンライフのリアルなお金の話

VANLIFE

14年落ちの中古のバンなんか買って大丈夫なの?すぐ壊れるんじゃないの~?

みなさんが気になるのはバンの維持費でしょうか?それともキャンピングカーへのカスタム費用でしょうか?必要なお金は大きく分けるとこの3種類です。

  • ①バンの購入費用
  • ②維持費(ガソリン代、車検代・税金、保険、メンテナンス)
  • ③キャンピングカーへのカスタム費用

週末バンライフを楽しむために必要なお金についてまとめてみました。

事故車買取の<タウ>査定申込促進プログラム

中古のバンを買うときにかかった費用

車両購入費

  • 81万円

デリカカーゴの車両本体価格は59万円です。法定整備費用、登録届出費用、自動車税、重量税、自賠責保険料など諸々込み込みで81万円くらいになりました。

パーツ交換など

  • 21万円

どうしても交換しなければいけないと思ったのはタイヤだけでしたが、ドアトリムのカスカス具合が相方的に許せなかったようで替えることになりました。ホイルは黒く塗ってもらいました。ナビとバックカメラは運転に自信がなかったので(苦笑)

内訳価格
(円・税抜き)
備考
タイヤ×4本50,600195/80R15・107LT
ホイルナット×243,600
ホイル塗装22,000
ドアトリム×236,200
コーナーバンパー2,830
オーディオポケット900
ナビ・バックカメラ78,710
取付費用など12,000

車庫証明費用など

  • 3,600円

車庫証明は自分で警察署に取りに行ったので大阪府の証紙代や印鑑証明書などの費用です。

フリードの売却価格など

乗っていたフリードとイノーのルーフキャリアの売却で60万円くらいになったので実質の持ち出しは半分くらいでした。

  • ホンダフリード|59万円
  • イノーのルーフボックス│6,600円
購入時のデリカカーゴ 2018年9月

中古のバンのリアルな維持費

燃費ってどのくらい?

普段は保育園の送り迎え位しか乗っていないので、長旅に出かけたときに計算した燃費です。大阪~山形間の往復で走った距離は1600km。めっちゃ走りましたね~ドライバーも頑張ったけど14年落ちのデリカカーゴも頑張った!

関連|バンライフの旅|大阪・富山・山形1600km激走編

  • ガソリン代は24,500円也
  • 入れたガソリンは161リットル

計算すると・・・

燃費は約10km/L

バンってもっと燃費が良いと思ってましたが、そうでもないんですね。。移動しながら何度も補給してわかったのは、ガソリンの値段にはかなりの幅があるってこと。

  • 一番安かったのは137円/リットル
  • 一番高かったのは166円/リットル

その差はなんと29円!160リットルなら4,640円も違いますからね。最高値は高速のSAで、最安値は高岡市内のスタンドでした。

ちなみに山形で入れたときは152円。山形ってガソリンが安いイメージがあったので意外でした。ガソリンを補給する場所も週末バンライフを極めるための鍵になりそうです。

車検は高いの?

  • 7.8万円(2020年)
  • 6.0万円(2019年)

4ナンバーのバンは毎年車検です。正直、毎年は面倒くさいと思っていましたが、いつも行く近所のガソリンスタンドで1日か2日でやってくれるのでそんなに手間ではないです。

しかもこのスタンドの車検費用が安い上に、車検の予約をするとガソリンがリッター10円引きになります!

2020年はバッテリーを交換したのでいつもより高めでした。主な費用はこちらです。

内訳価格(円・税抜き)備考
基本点検料13,000
重量税17,100
自賠責保険料15,050
印紙代1,200
バッテリー23,60080D23L

いまのところ調子が悪いところはありませんが、15年前の車なので定期点検と思えば毎年車検位でちょうどいいのかもしれません。

任意保険

  • 48,000円/年(ソニー損保)

修理・メンテナンス

  • フロアマット交換|1.1万円
  • ワイパー|3,000円

調子が悪くなって修理したことはまだありません。どちらも経年劣化で新しいものに交換しました。

キャンピングカーに改造するのにかかった費用

キャンピングカー(RIW)カスタム

  • 237万円

塗装は徳島工場で行ったので徳島までの陸送費などを含んでいます。

その他

  • カーフィルムはがし|1.9万円

購入時から付いていたカーフィルムは作業にあわせて別料金 で取ってもらいました。貼ってからだいぶ経っているフィルムなのと、素人が貼ったような感じだったので綺麗に取れるのか微妙でしたが、ガラス屋さんに綺麗に取ってもらいました。バックドアの熱線も切れずに取ってもらえたので感激です。

中古のバンがキャンピングカー【RIW】に生まれ変われたのか?

カスタムはキャンピングカープラザ大阪さんにお願いしているので、自分たちが手を動かしたのはカーテン作りだけ。2018年の夏にバンを購入したのでここまで2年半、とうとうこの時がやって来ました!中古のボロいバンがイケてるキャンピングカーに華麗に変身できるのか?を実況中継しました。

» この記事を読む

コラム|中古車屋さんはプロだなと思った話

バンを買うので乗っていたホンダフリードは手放すことにしました。本来ならバンを購入するときに下取りしてもらうのが早かったのですが、デリカカーゴはフリードと比べてだいぶ大きかったので運転に慣れるまでしばらく2台持ちをしていました。

修理歴はバレバレ(苦笑)

車検やメンテナンスでディーラーに行く度に新車へ乗り換えを進められていたので定期的に下取り価格は耳にしていました。下取り価格は新車に対する値引きの意味合いが強いと思って話半分で聞いてましたが、いま思えばかなり高めの金額でしたね。

バンを探すときはネットで情報を集めましたがフリードを手放すときは何軒か実際に中古車屋を回りました。

フリードは相方が左側を2回こすっていました。まさかの同じ場所にです。1回目はだいぶ派手にやったみたいで僕が気がつかないうちに修理まで済ませていたようです。

だから僕はその修理は知らなかったのですが査定の時にあっさりばれました。ある機械で見ると色を塗り直している箇所はすぐわかるみたいです。またある中古車屋さんは機械を使わず内側のパーツを外して目視でチェックしていくのですが速攻で直した箇所を見つけていました。

すっかり忘れていても、あえて黙っていたところでプロの前では修復歴はすぐわかってしまうってことがよくわかりました。プロのスキルに感心するばかりでした。

ドナドナ

フリードはマンションの友達に紹介してもらってお互いに納得の金額で引き取ってもらうことができました。数ヶ月でしたが駐車場代に保険、2台持ちは何かと負担だったのでホッとしました。

フリードの前は相方がトヨタグランツァ(3ドア)に乗っていて、どこにチャイルドシートを乗せるんだ?って感じだったので、子供が生まれたのを機にミニバンを探していました。

はじめはホンダモビリオの四角い感じにビビッときて探したけど、既に中古しかなかったので希望の色や乗車人数のを探すのは諦めて後継車のフリードに決めました。

運転が苦手だったので同じホンダでもでかいステップワゴンは考えてなくて、あの時、もしステップワゴンを買ってたらまだ買い替えてなかったかもですね(とにかく、ここまでキャンプにハマるなんて思ってなかったし)

30泊以上キャンプの思い出が詰まったフリード。お宮参りから両親の古希のお祝いまで大活躍してくれました。楽しい思い出をありがとう!

人気記事 車中泊を快適に!バンとタープを連結してサイトを有効活用!

人気記事 自粛期間中に我が家で大活躍していたカンガルーテント