車中泊を快適にするおすすめグッズ|コットでかんたん寝心地アップ!

VANLIFE

持っているキャンプ用品を活用して、いかに快適にバンパク(バンの荷室での車中泊)を楽しめるかに挑戦した記録です。

変に遠回りせずに荷室にベッドを自作することも考えましたが、いずれはキャンピングカー(ブローニィRIW)に改造するつもりなので、あくまでも簡易なカスタムです。

ミッション|タイヤハウスを攻略せよ!

荷室で車中泊をするのに2つのスタイルを試してみました。課題はどちらも荷室にポコッと飛び出したタイヤハウスをどう攻略するか?です。

  • ①コットを置いて寝る|コットスタイル
  • ②マットを敷いて寝る|マットスタイル

結論から言うと正解は①でした。

タイヤハウスのせいで荷室にコットを置く場所が限られているのですが、家で持て余していたベンチを並べておいてみたら・・・あら不思議。

劇的に使いやすくなりました(^^)
では見ていきましょう。

目次【本記事の内容】

コットの脚とタイヤハウスがあたる(泣)

バンの荷室が想像以上に広かったので、デリカカーゴを買ってすぐに荷室にコットを広げて車中泊をすることを思いつきましたが。

でもすぐに諦めました(笑)

我が家のコット(ワイルドワン製)の真ん中の脚がタイヤハウスと干渉するので、置きたい場所にコットを置けないのです。。

そもそもタイヤハウスなんてあんまり見る機会ないですよね?苦笑

コットの脚が荷室のタイヤハウスとあたってしまう。

ちなみに、キャンピングカーにするならタイヤハウスは邪魔になるだけですが、タイヤハウスがない仕様のデリカカーゴだと後輪がダブルタイヤになってブローニィRIWの世界観が出せないみたいなので、あえてタイヤハウスがあるバンを購入しています。

憧れているブローニィRIWの内装

試しにコットで車中泊をしてみたら・・・

雨予報で天気が心配だった日に試しに荷室にコットを広げて寝てみました。

相方と子供たち3人が2列目で寝て、僕一人が荷室に広げたコットで寝るというフォーメーションです。

タイヤハウスに当たらないように置いたコット

季節は冬。メッシュ地のコットなのでコットンのラグを敷いて、その上にホットカーペットを敷いて寝袋の中で寝るという過保護さ。※電源サイトです

これならバックドアを開けて2秒で寝れます(笑)

コットの上にラグ、その上にホットカーペットを敷いています。

キャンプ用品が少ない日は家を出るときからこの状態でもいいですね。

荷室の壁からコットを離しているいるのであまり使いやすくないのですが、ホットカーペットがあれば冬でも熱い位でコットで寝るのは快適でした。

僕的にはアリだったのですが、2列目で子供達と寝た相方から2列目で3人は無理!!ってクレームが入ったので、このフォーメーションはお蔵入りになりました。。

コットの隣にベンチを置くと劇的に使いやすい

家で長いこと持て余していた木のベンチがありました。

映えるんじゃないか?とキャンプに持って行ったことがあって(笑)、暫くそのまま車に積んでいました。

テントの前においている木のベンチです。

釣りの前日に車中泊をしようという話になって、積んでいたベンチの隣にコットを置いてみたら予想外にピッタリ!

ベンチがベッドサイドテーブルのような雰囲気で、携帯や眼鏡を置くのにもちょうどいいんです(^^)

ベンチとコットを並べて置いてみた

そのまま車中泊をしてみると・・・超快適

コットの隣にベンチを置くと確かに小物を置くのに便利です。だからといって超快適というのはどういうことかというと、寝るときのフォーメーションも変えました。

  • 前回|2例目に相方と子供2人|荷室のコットに僕
  • 今回|2例目に僕と長男|荷室のコットに相方と次男

隣にベンチを置いたことで次男(4歳)がコットから落ちる心配がなくなりました。

さらにバンの2列目もちょっと工夫したら僕も寝れるようになりました。

バンの荷室で車中泊をするために木などで簡易ベッドを自作することを考えたら市販のコットを使う方が手軽です。

もし自作したい・DIYしたいということならベッドよりもタイヤハウスをよけるベンチ的なものを自作する方がいいでしょうね。ベンチならベットと違ってそんなに強度もいりませんし。

真似しようという人がいるのかわかりませんが(笑)、参考までにこれが我が家のコットです。京都のワイルドワンで買いました。

我が家の愛用のコットはワイルドワン製

ワイルドワンのコットは、現在はクオルツのGIベットして販売されているようです。

スノーピークのコットなら並べておけそう。

我が家のワイルドワンのコットはタイヤハウスに干渉するので無理ですが、タイヤハウスをよけれるコットなら荷室に2つ並べて置くことも出来そうです。

友人のスノーピークのコットは脚が2か所にしかない!

スノーピークのコット

これならタイヤハウスをまたいで置けそうだなと試してみたら、タイヤハウスと干渉しないので荷室の端にぴったり寄せてコットをおくことができました。

タイヤハウスをまたぐように置いたスノーピークのコット

スノーピークのコットはお値段が高いけど、キャンピングカーに改造することを思えば安過ぎなのでありだと思いました。

  • 使用時|2000×650×300mm

それにしても荷室の床が汚い(汗)

マットスタイルは快適だけど日を選ぶ

週末はキャンプの予定なのに微妙な天気。

乾かすのが大変なのでテントを濡らしたくないのと、デリカカーゴの荷室の広さを噛み締めたくてマットを敷いて荷室で車中泊を試してみました。

結果からいうとマットスタイルの車中泊は快適でした。

とにかく荷室が広いので、家族4人で寝てもタイヤハウスはほとんど気になりません。

僕はバックドア側を頭にして、相方と子供達は運転席側を頭にしてタイヤハウスの間に足を伸ばすように寝ました。

2列目で寝ることを思えば快適過ぎました(^^)

ただし、荷室の中のキャンプ用品を全部外に出さないといけないのでこういう日に限られます。

  • キャンプ用品・荷物が少ない日
  • 天気が良い日

だから雨予報の日に車中泊をすることが多いので、なかなか荷室にマットを敷くスタイルの出番はありません。

バンの荷室にマットを敷いて車中泊

このラグの下にはコールマンのエアマット(グリーンの)を敷いているので、クッション性もバッチリ。

ラグの下にコールマンのエアマットを敷いています

中古のバンなので「車内の臭いで酔うかも?」と言っていた相方でしたが、荷室のマットスタイルもまさかのノリノリ!!で正直ビックリでした。

冬の車中泊もこうすれば寒くない!

冬も気兼ねなくキャンプを楽しみたいと思うと車中泊の出番が増えます。

  • テントよりも車内の方が暖かい
  • テントの結露が嫌

結露はテントを乾かせばいいだけですが、チェックアウトの時間が早いと焦ります。

冬キャンプでマットスタイルの車中泊を試してみました。まずはキャンプ用品を全部車外に出してデリカカーゴの荷室を空っぽにします。

車中泊の準備は荷室を空けることから。

ちなみにこの日の荷物はこんな感じ。キャンプ用品をかなり載せていますが荷室が広いので乗車率でいうと50%もいかないくらいです(笑)

我が家のデリカカーゴの荷室

まずは少し潔癖が入っている相方が自分が寝る部分に敷物を敷きます。

運転席の後ろにシートを敷きます

次にコールマンのエアマットを荷室全体に敷き詰めます。

  • 手前にダブルサイズを縦向きに1枚
  • 奥にシングルサイズを横向きに1枚
荷室に敷き詰めたコールマンのエアマット

ここで冬の車中泊の秘密兵器ホットカーペットの登場です。今回は電源付きのサイトなのです。

エアマットのセンターにホットカーペット

その上にエルパソのラグを敷いて。

ホットカーペットの上にエルパソのラグを敷きます

最後は寝袋(スノーピークのオフトン)を広げて完成です。冬仕様といってもマットの上にホットカーペットを置いただけでしたね(笑)

最後はラグの上に寝袋を敷きます

冬仕様の車中泊の寝心地を確かめる前に・・・。いったん寝袋を横に寄せて子供の遊び場を作ります。

ニトリで買った切り株スツールでお座敷スタイル

この日は僕はバックドア側に足を向けて寝ました。ホットカーペットが腰くらいまでしかないので足元はけっこう寒かったです。

寝袋(オフトン)の端を閉じずに掛け布団状態だったのも原因です。たぶんですが、ヒートテックとかを履いて寝たら問題なかったと思います。

朝、相方に「寒くなかった?」と聞いたら返ってきた答えが・・・

電気毛布も使ってたから暑かった。

ホットカーペットと電気毛布でサンドイッチ状態って自分だけすげえ過保護だな(笑)

こんなことができるのは電源サイトだからですけどね。さすがに冬の車中泊は電源サイトかモバイルバッテリーがマストだと思います。

ついにポータブル電源を買いました!

ポータブル電源PowerArQ2

冬場はキャンプよりも遠方の公園や施設をメインに遠征したい・バンライフしたいという思いが強くなってきました。

車中泊スポットを探してみましたがキャンピングカーを対象にしているのか電源があるところってなかなかないんですよね。

もしかして探し方が悪い??

早く買えばそれだけ早く元が取れると相方にそそのかされて(笑)、遂にポータブル電源を購入しました。

それにしてもデビューが氷点下の冬キャンとは!?

キャンピングカーに改造するのはまだ先になりそうなので、快適な車中泊を目指して少しずつアップデートしていきますか(^^)

それにしても、最近テントの出番がめっきり減っている。

人気記事 普段の自分を発信する実験を100日続けてみた。

人気記事 バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと【まとめ】