車中泊を快適に|コットでかんたん寝心地アップ!【ベンチ神】

VANLIFE

持っているキャンプ用品を活用して、いかに快適にバンパク(バンの荷室での車中泊)を楽しむかを目指した記録です。

荷室にベッドを自作することも考えましたが、いずれはキャンピングカー(ブローニィRIW)に改造するつもりなのであくまでも簡易なカスタムです。

荷室で車中泊をする方法はこの2パターンを試してみました。課題はどちらもタイヤハウスをどう攻略するかでしたね。

  • ①コットを置いて寝る
  • ②マットを敷いて寝る

結論から言うと正解は②でした。

荷室にポコッとタイヤハウスが出ているのでコットを置く場所が限られいるのですが、家で持て余していたベンチを並べておいてみたら・・・あら不思議。

劇的に使いやすくなりました。見ていきましょう。

タイヤハウスを攻略せよ|コット編

コットの脚とタイヤハウスがあたる(汗)

デリカカーゴの荷室が想像以上に広くて、買ってすぐに荷室にコットを広げて車中泊をすることを思いつきました。

でもすぐに諦めました。

うちのコット(ワイルドワン)の真ん中の脚がタイヤハウスにあたって置きたい場所にコットを置けないんですよね。。

そもそもタイヤハウスなんてあんまり見る機会ないですよね?苦笑

コットの脚がタイヤハウスにあたってしまう。

キャンピングカーにするならタイヤハウスは邪魔になるだけですが、タイヤハウスがない仕様だと後輪がダブルタイヤになるのでブローニィRIWの世界観が出せないみたいです。

試しにコットで車中泊をしてみた。

それでも雨予報で天気が心配だった日に荷室にコットを広げて寝てみました。

相方と子供たちは2列目で寝て、僕一人が荷室に広げたコットで寝るというフォーメーションです。

タイヤハウスをよけて置いたコット

季節は冬。メッシュ地のコットなのでコットンのラグを敷いて、その上にホットカーペットを敷いて寝袋の中で寝るという過保護さ。

これならバックドアを開けて2秒で寝れます。キャンプ用品が少ない日は家を出るときからの状態でもいいですね(笑)

コットの上にラグ、その上にホットカーペット。

ホットカーペットがあれば冬でも熱い位で僕はありだったのですが、2列目で子供達と寝た相方から「2列目で3人は無理」ってクレームがあったので、このスタイルはお蔵入りになりました。

コットの隣にベンチを置いてみた。

家で持て余していた木のベンチをキャンプに持って行ったことがあって、暫くそのまま車に積んでいました。

テントの前においている木のベンチです。

釣りの前日に車中泊をしようという話になって、積んでいたベンチの隣にコットを置いてみたら予想外にピッタリ。

ベンチがベッドサイドテーブルのような雰囲気で、携帯や眼鏡を置くのにもちょうどいい。

ベンチと並べておいてコット

そのまま車中泊をしてみたら超快適に過ごすことができました。

コットで僕が寝るのはお蔵入りになってしまいましたが、工夫してバンの2列目で僕と長男が寝れるようになったので、今は相方と次男が荷室のコットで寝ています。

隣にベンチがあるので次男がコットから落ちる心配もなくなって安心みたいです。

これが我が家のコットで京都のワイルドワンで買いました。

我が家のワイルドワンのコット

ワイルドワンのコットは今はクオルツのGIベットして販売されているようです。
クオルツ アルミ GI ベット 【オリーブ】 QGHB014

荷室で車中泊をするために木でベッドを自作するよりも市販のコットを使い方が確実に手軽です。

自作するならタイヤハウスをよけるベンチ的なものを自作する方がいいでしょうね。ベットと違って強度もいらないでしょうし。

真似しようという人がいるのかわかりませんが(笑)、参考まで。

スノーピークのコットなら並べておけそう。

ワイルドワンのコットはタイヤハウスに干渉するので無理ですが、タイヤハウスをよけることが出来るコットなら荷室に2つ並べて置くことが出来そうです。

友人のスノーピークのコットを見ると脚が二か所しかない( 使用時|2000×650×300mm )。これならタイヤハウスをまたいで置けそうと試してみたら、タイヤハウスと干渉しないので荷室の端にぴったり寄せてコットをおくことができました。

タイヤハウスをまたぐように置いたスノーピークのコット

スノーピークのコットはお値段が高いけど、キャンピングカーに改造することを思えばありかもしれませんね。

それにしても荷室の床が汚い(汗)

荷物が少なければ◎|マット編

エアマットで車中泊

週末はキャンプの予定なのに微妙な天気。

テントを濡らしたくないのと、デリカカーゴの荷室の広さを噛み締めたくてマットを敷いて荷室で車中泊を試してみました。

結果からいうと車中泊は快適でした。

バンの荷室で車中泊

このラグの下にはコールマンのエアマット(グリーンの)を敷いているので、クッション性もバッチリ。

とにかく荷室が広いので、家族4人で寝てもタイヤハウスはほとんど気になりませんでした。

タイヤハウスの間に大人二人が並んで寝て、2列目のシートを畳んだスペースに子供2人が横向きになって寝ました。

中古のバンなので「車内の臭いで酔うかも?」と言っていた相方でしたが、軽いノリで車中泊を提案してみたらまさかのノリノリ!!で正直ビックリしました。

ただし、荷室の中のキャンプ用品を全部外に出さないといけないのでこういう日に限られます。

  • キャンプ用品・荷物が少ない日
  • 天気が良い日

そもそも雨予報の日に車中泊をすることが多いので、なかなか荷室にマットを敷くスタイルの出番はありません。

冬の車中泊は寒くない?

季節が変わり冬の季節にもマットで車中泊を試してみました。まずはキャンプ用品を全部車外に出してデリカカーゴの荷室を空っぽにします。

車中泊の準備は荷室を空けることから 。

ちなみにこの日の荷物はこんな感じ。キャンプ用品をかなり載せていますが荷室が広いので乗車率でいうと50%もいかないくらいです(笑)

まずは、少し潔癖が入っている相方が自分が寝る部分に敷物を敷きます。

スライドドア辺りにシートを敷きます

この後はコールマンのエアマットを荷室全体に敷き詰めます。奥にシングル1枚を横向きに。手前にダブルを縦向きに1枚。

荷室に敷き詰めたコールマンのエアマット

ここで冬仕様の秘密兵器、ホットカーペットの登場です。今回は電源付きのサイトなんですよね。

エアマットのセンターにホットカーペット

その上にエルパソのラグを敷いて。

最後は寝袋(スノーピークのオフトン)を広げて完成です。冬仕様といってもマットの上にホットカーペットを置いただけでしたね。

冬仕様の車中泊の寝心地を確かめる前に・・・いったん寝袋を横に寄せて子供の遊び場を作ります。

ニトリで買った切り株スツールの車中泊デビュー

電源サイトなら冬もOK

僕はバックドアの方を足にして寝ました。ホットカーペットが腰くらいまでしかないので足元はけっこう寒かったですね。※時期は11月後半

寝袋(オフトン)を閉じずに掛け布団状態だったのも原因です。たぶんですがヒートテックを履いて寝たら問題なかったと思います。

相方に「寒くなかった?」と聞いたら、返ってきた答えが・・・

電気毛布もつけてたから暑かった。

でした。ホットカーペットと電気毛布でサンドイッチ状態って自分だけ過保護だな(笑)


こんなことができるのは電源サイトだからですけどね。

キャンピングカーになるのはまだ先になりそうなので、快適な車中泊を目指して徐々にアップデートしていきますか(^^)

それにしても、最近テントの出番がめっきり減っている。

人気記事 総額100万円|買って正解◎・手放したキャンプ用品まとめ【初心者向け】