WALPAの壁紙で週末バンライフに遊び心を。

VANLIFE

買ったときから見た目も中身もほとんど変わっていない我が家のバンですが、壁紙の下見に大阪市大正区にあるWALPA(ワルパ)さんへ。

壁紙なんてバンのどこに貼るの?

って思いますよね。はじめは僕もそう思ってました。

スライドドアの内側やバッグドアの内側に貼ります。これはRIWのデモカーですが、ちらっと見えるスライドドアのレンガのところは実は壁紙なんですよね。

RIWのデモカーの車内

選んだ好きな壁紙を貼ることができます。少し気が早いのですがその壁紙の下見に行ってみました。

  • WALLPAPER MUSEUM WALPA
  • TEL|050-3538-8903
  • 住所|〒551-0013 大阪府大阪市大正区小林西1丁目15−12

やたらテーブルや内装にいろんな種類の木が使われていると思ったら実は全て壁紙でした!!

WALPA(ワルパ)の店内

テーブルの天板に貼れば廃材を使った天板にしか見えない。ここも壁紙なんだ!って想像以上のクオリティに驚いたし壁紙の可能性に興奮しました。

この門は廃材で作っていると思うけど、実はこれも壁紙だったりして?と思うほど衝撃を受けました!!

WALPA(ワルパ)の入口

それにしても種類が多すぎて簡単には決めれません。。廃材風を選べば14年前のバンのやれた雰囲気を活かせそうだし。

廃材風の壁紙@WALPA

アンティークの木箱を積んでいるように見せるとか遊んでみるのも面白いかも。

木箱が並んでいるように見える壁紙@WALPA

こうみえて本当に壁紙なんですよね。

木箱が並んでいるように見える壁紙@WALPA

味が出たスチールのケースもRIWの雰囲気にあいそう。

スチールの箱が並んでいるように見える壁紙@WALPA

まだなにかありそう。

という奥行きや想像を超える可能性さえも表現できそうです。人間的にもこんな可能性を見せることができたらいいんですけど(笑)

車以外で使うならこの本棚の壁紙は面白いよなぁと思いました。

本棚のように見える壁紙@WALPA

よく見ると本棚じゃないのはわかるけど、これを貼った壁の一部を扉にしておいたらギミックとしては面白くないですか?

子供部屋のドアのところに貼ってあげたら喜びそう。まあこういうのを子供騙しというのかもしれないけどね(苦笑)

ああでもない、こうでもないと考え出すと壁紙1枚でも決まらなそう。でも、キャンピングカーが出来上がるまでのこの過程も楽しみたいと思います。

何度もWALPAさんに通ってやっと決めてきました。いい感じでしょう?

さんざん悩んだ挙句、RIWのデモカーと同じデザインなんですけどね~(苦笑)

人気記事 氷点下の車中泊|ポータブル電源PowerArQ2で電気毛布を使ってみた

人気記事 週末バンライフの始め方|ベース車探しから全塗装まで準備したこと